ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

八日目の蝉

八日目の蝉
貸出開始日: 2011/10/28 旧作
製作年: 2011年
製作国: 日本
収録時間: 147分
出演者: 井上真央 田中泯 風吹ジュン 余貴美子 市川実和子 劇団ひとり 永作博美 平田満 小池栄子 森口瑤子(灘陽子) 田中哲司 渡邉このみ
監督: 成島出
制作: ----
脚本: 奥寺佐渡子
原作: 角田光代
詳細: ----
字幕: 聴覚障害者対応日本語字幕
音声: ステレオ/オリジナル/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/日
シリーズ: ----
メーカー: アミューズソフト
ジャンル: サスペンス ドラマ 日本アカデミー賞
品番: n_602asbx4936r
平均評価: レビューを見る
直木賞作家・角田光代のベストセラー小説が待望の映画化!

今日まで母親だと思っていた人が、自分を誘拐した犯人だった。1985年に起こったある誘拐事件。不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻の間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子と、その誘拐犯に愛情一杯に4年間育てられた女、秋山恵理菜。実の両親の元へ戻っても、「ふつう」の生活は望めず、心を閉ざしたまま21歳になった恵理菜は、ある日、自分が妊娠していることに気づく。相手は、希和子と同じ、家庭を持つ男だった…。

サンプル画像 【この作品のサンプル画像は拡大表示されません】

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。
 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.23点

総評価数 35(34件のコメント)

並び替え

  
  •   3女優の火花散る演技が・・・・

    去年のNHKドラマ版も号泣必至の感動作であったが、
    今回の映画化も甲乙付けがたい素晴らしい作品となった。

    愛する男に捨てられた愛人が妻の子供を奪う・・・・
    スキャンダラスな設定の裁判シーンから一気に引き込まれる。

    しかしどんなに素晴らしい脚本に演出が嵌っても
    やはり作品に命を吹き込むのは演技力であるが、
    今回は井上、永作、小池の3女優の演技に唸らされた。

    井上真央は20代にしてもはやベテランの域であるが、
    哀しい闇を抱えながらも愛も乞わずにはいられない物憂げな
    眼差しは歴代の大女優にも匹敵する存在感である。

    永作博美はこの手の役どころは安定感抜群であるが、
    小池栄子の上手さにはには正直びっくりした。(笑)
    完全に一皮剥けた感じで今後が楽しみな女優となった。

    iceman NYさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    38人中、34人が参考になったと投票しています。

  •   駄目だ。

    駄目だ。
    こんなの見なきゃよかった。
    心が痛い。

    テッシュ一箱使ってしまった。

    安珠さんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    17人中、15人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 八日目の蝉

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
     NHKをリアルタイムで見ていたので封切になっても見に行く気がしなかったが、映画館で見ておけば良かった。小豆島がNHKより美しくリアルだった。永作博美が本当の母親のように子供を愛する姿がよかった。
     同じ原作でもこのように違う作品になりうると知らされてびっくり。一度見るべし。

    レビューを表示する

    赤いセーターさんのレビュー -動画 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、6人が参考になったと投票しています。

  •   男が観ても・・・

     映画として秀作である。永作博美にとってこの映画は生涯の代表作となるに違いない。
    女性が観たらさぞかし切ないものだろうが、男性が観ても涙がこぼれてくる。映像化した
    人々のセンスに感服した。たぶんほとんどの人が見終わった後、最初の法廷での場面を
    もう一度見たくなるだろう。みな名演だった。

    メイテンさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   切なく、やるせなく

    評判どおりの凄い作品でした。誘拐した子供と暮らすために偽名を使って逃亡する日々は何とも切なくやるせなく、タイトルの「八日目の蝉」の意味が理解できた時はたまらない感じでした。
    永作博美、井上真央のダブル主演、息もつけない熱演は感情移入し放しでした。良かった。

    yayayoyoさんのレビュー -動画 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   原作も読みたくなりました。

    日本アカデミー賞で話題になっていたので何となくみましたが、永作博美の演技に魅入ってしまいました。映画作品として最高の出来だと思います。但、自分の頭の悪さを露呈するようで恥ずかしいですが、この作品の訴えたいことが良く理解できない。原作も読んでみてもう一度映画を見るとそこがみえてくるのかな?

    odorihazeさんのレビュー -動画 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   擁護に支えられ強がる人より

    人間描写を視聴者に考えさせる映画として
    現代社会の人情性に沿った淡白感もあり、見やすい。
    事件の問題提議はキャラクターそれぞれに感情表現を
    表し、それが事件に発展すると予測出来ない事が
    事件描写のリアリティーだと誰にも認識出来る判りやすい
    映画の表現だと感じた。

    星屑煎餅さんのレビュー -動画 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   少女の心をズタズタにしたのは誘拐犯なのか?

    妻のある男性との不倫の末、子供を産めなくなった女の悲哀が切々と伝わってくる、考えさせられる作品です。
    4年間の空白が恵理菜はもちろんのこと、実の母親の人生まで狂わせて行く様は悪夢としか言えないでしょう。
    世間から言わせれば当然産みの母が不憫であり、憎むべきは誘拐犯人ですしその罪は免れません。
    生れてから4年間は「薫」、そのあとは実名の「恵理菜」というそれぞれの母親に付けられた2つの名前…
    しかし、もし逮捕された野々宮希和子がそのまま逃げ通せたなら、もしかしたらその方が恵理菜にとって幸せだったのかもしれません。
    産まれてから4年間、誘拐犯に愛情一杯に育てられた思い出がいっぱい詰まった、過ごした土地を巡ることで走馬灯のようによみがえって来る後半の部分からは胸が熱くなります。
    運命のいたずらとしか言いようのない出来事は、一体誰が悪いのか?…しみじみと考えさせられます。

    ぺピーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    35人中、31人が参考になったと投票しています。

  •   泣きすぎて頭痛い。

    始まって一分で泣き始めその後もず~と泣き通しでした。

    TV版がとても良かったので不安でしたが、キャストも演出も映画版は最高でした。

    壇レイさんも良かったのですが、子供を誘拐してしまう危うさとかが永作さんの方が真に迫ってるというか。

    子を持つ親としては実母の気持ちも堪らないし永作さんにも感情移入できるし今まで見た映画の中で一番切ない映画でした。

    FDさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    24人中、22人が参考になったと投票しています。

  •   キャストが凄い…良い映画です。

    原作が良すぎたため映画の方はどうかな?…って思いましたが良かったです。特に井上真央が難しい人物描写を見事に演じています。女性のみならず男性こそ必見の映画であると思います。

    オリオリさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    26人中、22人が参考になったと投票しています。