ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

ライフ

貸出開始日: 2017/12/06 旧作
製作年: 2017年
製作国: アメリカ
収録時間: 104分
出演者: ジェイク・ギレンホール レベッカ・ファーガソン ライアン・レイノルズ 真田広之 アリヨン・バカレ オルガ・ディホヴィチナヤ
監督: ダニエル・エスピノーサ
制作: デヴィッド・エリソン
脚本: レット・リース ポール・ワーニック
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/英語字幕
音声: オリジナル/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/英/日本語吹替/ドルビーオーディオ
シリーズ: ----
メーカー: ソニーピクチャーズ
ジャンル: SF サイコ・スリラー
品番: n_606rdd81172r
平均評価: レビューを見る

火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査するため、世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結した。世紀の大発見に立ち会った彼らは、まさに神秘としか言いようのない地球外生命体の生態に驚愕するが、その細胞は次第に進化と成長を遂げ、高い知能を誇るようになる。やがて地球外生命体に翻ろうされ、宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始める。刻一刻と事態が悪化する中、命がけで生命体を隔離しようと試みるも、ついには命を落とす者も出る。助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは……。

ブルーレイ作品はこちら!

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3点

総評価数 7(5件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   微妙

    PV見て期待してたんだけど、、、
    良くも悪くも王道な展開。
    ストーリーは割とある話かなと感じる

    が、ラストは「は?」ってなる
    もう少し綺麗にまとめられなかったのかと・・・

    くーがーさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ イラッとくるアメリカ人たち

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    こういった映画で毎度出てくる「ルールなんて関係ない!俺は仲間を助ける!」的なアメリカ人がストーリーを寒くしている気がします。確かにその正義感を原因にストーリーが展開していくんですがリアリティーを出すべき所は出さないとSFではなくただのお遊戯にしか見えません。
    あと、地球外生物=ヌルヌル、若しくは軟体生物。ってのも飽きました。

    レビューを表示する

    creacleaさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   意外に楽しめた

    子供の頃の宇宙人は、火星人が主流で、タコ星人だった。この映画は、まさにタコ星人ですね。最初は顕微鏡でみる大きさだったエイリアンが人間と同じぐらいに成長するけど、成長したのは頭脳まで成長していく様は、映画としては面白く、期待以上に楽しめました。

    カクテルヒロさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   見ていて結末が見え・・・た

    なぜここに日本人が・・何やってるんですか!
    一人だけのアジア人って浮いて見ちゃいますw
    あとこの作品見ながら予測が付ますww
    あぁ・・これは○○なパターンかなと・・
    序盤の隔離室での培養・実験ネズミ・・(゚∀゚)ピコーン!
    フレンドリーに遊ぶ・・(゚∀゚)ピコーン!
    修理・逃げる・隔離作戦・絶対帰る!・・(゚∀゚)ピコーン!
    俺が引付けお前は逃げろ・・・(=_=)これはハズレた!
    混乱する中での結末・・(゚∀゚)ピコーン!

    のびさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ とにかく酷い脚本

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
     かなり序盤で「こいつは地球に持って帰っちゃアカン!!」って共通認識があるにもかかわらず、クリーチャーに襲われた人がそいつにまとわりつかれたままとにかくギリギリまで助かろうとする。 あともう少しってところまで一緒に来ておいて、そこで息絶えるのではなくわざわざそこから道連れにしようとする。 全員判断が中途半端すぎる…。 もうちょっと頭良いと思うんですよ、宇宙飛行士って…。 もうね、「オデッセイ」と原作の「火星の人」レベルの宇宙飛行士像を知ってしまってる今、こんな酷い宇宙飛行士は通用しません。
     
     ラストが大問題で、何でそうなるのか全く理解できない。 わざわざちゃんと説明して、そうなるようにちゃんと操作してるのに、全く違う結果が”2ヶ所で同時に”起こってしまう。 「クリーチャーが細工してた」だったら、短時間でプログラムを書き換えるって繊細な作業をしないと通用しない。 これは破綻してるとしか判断できません。 

     ここまで酷いスジ建ての映画は見たことない。 とにかく酷い。

    レビューを表示する

    dkdk0さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  • 1