ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

蛇のひと

蛇のひと
貸出開始日: 2010/11/24 旧作
製作年: 2010年
製作国: 日本
収録時間: 102分
出演者: 永作博美 劇団ひとり 西島秀俊 奥貫薫 北村有起哉 國村隼 佐津川愛美 田中圭 ふせえり 石野真子 河原崎健三 勝村政信 板尾創路
監督: 森淳一
制作: ----
脚本: 三好晶子
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: ステレオ/ドルビーデジタル
シリーズ: ----
メーカー: ソニーピクチャーズ
ジャンル: サスペンス
品番: n_606rjd80100r
平均評価: レビューを見る

第2回WOWOWシナリオ大賞を受賞したヒューマン・サスペンス。主演は『人のセックスを笑うな』の永作博美と、『真木栗ノ穴』の西島秀俊。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.75点

総評価数 4(4件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   誰しも社会の中では自分を演じている

    下手なサイコサスペンスや凶悪事件を巡るミステリーなんかより、余程怖いドラマだと思う。
     今西自身に周囲を不幸にしてやろうと思って、意図的に言葉を発している訳ではないのだろう。しかし、生い立ち故に心が空っぽであるが故に、相手を冷静に観察し、相手の欲している言葉、振る舞いを瞬時に導き出せる。そして、そういう状況に直面すると、脊髄反射的に、如何にも意味有りげな、心にもない偽悪的な、或いは偽善的な言葉を紡いでしまうのだろう。そう、今西自身が語っているようにこれは病気の発作のようなものなのだ。意図的にやっているなら、多少はその立場や、自分の言葉に酔っている描写がありそうなものだが、それも一切排除されている。

     本人に悪意がなく、いわば心に善も悪もない空っぽの人物であることは中盤で語られる横領の嫌疑を進んでかぶっていることから伺える。如何に天涯孤独でも、わざわざ刑事事件の被疑者になって逃亡しちゃえばいいなんて誰も思わない。守るものが何もなく、また、社会に対して求めるものもないからこそ、まるで鬼ごっこでもするかのごとく、こんなあり得ない立場を受け入れてしまえるのだろうな、と。
     終盤の永作博美扮する会社の同僚が「私が見張ります」といった時には、実は彼女も少なからず、今西のことを気にかけていて、カップル成立か?と思わせて、そういう安易なエピローグに持ち込まなかったところも結構好印象。エンド・クレジットで彼女が夜の街並みの中を口笛を吹きながら歩くシーンは、彼女自身、心の中に飼っている蛇と正面から向きあって、この後の人生と生きていく決意表明なのだろうと思う。

    tera21さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   心の中に棲む邪悪なもの

     今西の少年時代の話は面白かったけれど、それ以外は全体的に掘り下げ方が浅い。

     ただし、口車で人を操る男(今西のような)を“見抜いてしまった”回りの人間は普通であれば吐き気すら感じて、避けて関わらないはず。三辺は甘いな。
     そして、関わらざるを得ない人達の不幸を、じっと静かに見ているしかない。たまに忠告できたとしても、その意味を理解する人は多分少ない。表と裏の顔を見抜くのは容易ではないから。一見明るく軽い表の顔の裏側は、陰湿で卑怯で目付きも悪い。

     そうしたことへの理解を深めるためであれば、見ても良いのかもしれない。

    はらからさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   まさに「大賞作品」

    横並び意識の強い村社会であるこの国で、特異な才能を
    持つ事は決して幸せなことではないと思うし、かえって
    不幸を呼び込んでしまいがちだという事を改めて感じる。
    非凡人による凡人への復讐の物語。

    菜菜氏さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   じわりと

    胸に刺さる脚本。
    重く複雑なテーマだが分かりやすい脚本は見事だと思う。

    人の善意と悪意と、生き続ける哀しみ。
    胸の内の、深いところにしまってあるモノに触れられた感じ。

    usaさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  • 1