ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

シン・レッド・ライン

シン・レッド・ライン
貸出開始日: 2000/08/23 旧作
製作年: 1998年
製作国: アメリカ
収録時間: 171分
出演者: ショーン・ペン ジム・カヴィーゼル ジョン・C・ライリー ウディ・ハレルソン ウィル・ウォレス ミランダ・オットー ジョン・キューザック ニック・ノルティ ニック・スタール トーマス・ジェーン ダッシュ・ミホク ティム・ブレイク・ネルソン ジョン・トラボルタ ペネロープ・アレン ポール・グリーソン イライアス・コティーズ エイドリアン・ブロディ ジャレッド・レト ジョージ・クルーニー ベン・チャップリン ジョン・サヴェージ
監督: テレンス・マリック
制作: グラント・ヒル ジョン・ロバデュー ロバート・マイケル・ゲイスラー
脚本: テレンス・マリック
原作: ジェームズ・ジョーンズ
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/英語字幕
音声: 5.1サラウンド/ドルビーデジタル/2chサラウンド/日/英
シリーズ: ----
メーカー: パイオニア
ジャンル: ドラマ 戦争 感動
品番: n_607pibr1037
平均評価: レビューを見る

1942年ソロモン諸島。アメリカ軍は日本軍の駐留するガダルカナル島を、太平洋戦争の重要な拠点と見なしその占拠を図った。ウィット二等兵やウェルシュ曹長をはじめとする、アメリカ陸軍C中隊の面々も作戦に参加、彼らを乗せた上陸用舟艇は美しい南洋の孤島に次々と上陸していく。だが一歩ジャングルの奥に足を踏み入れると、そこは紛うことなき戦場であった…。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 2.82点

総評価数 17(17件のコメント)

並び替え

  
  •   多分・・・

    キューブリックの「フルメタル・ジャケット」が描きえなかった視点で、戦争を鳥瞰的に描きえた貴重な作品。
    監督であるテレンス・マリックが20年ぶりに撮った作品であるが、本作に必要であったのは「天国の日々」の撮影監督であった故ネストール・アルメンドロスであったのではないか?

    oh1119さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    9人中、7人が参考になったと投票しています。

  •   難解です

    太平洋戦争のガタルカナル島の戦闘に焦点を当てた映画なんですが、会話が多く、その会話もキリスト教的考え方や哲学(たぶん実存主義かな)を少しかじってないと難解だと思います。戦闘シーンが好きなひとにはあまりお勧めできません。

    ひろむしさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    10人中、7人が参考になったと投票しています。

  •   殺戮のリアリティ

    前段のダルな描写や、全く必要ないと感じてしまうイメージショットの多用という欠点もあるが、それを差し引いても戦争における殺戮のリアリティは凄い。これほど臨場感のある匍匐前進の戦闘シーンはかつて無いと思う。

    シンドラーのメモ帳さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    7人中、6人が参考になったと投票しています。

  •   超豪華キャスト

    戦争映画にしては淡々とした流れで、人と人が殺し合う事の虚しさを
    伝えています。ただ、色々な意味で日本人に向いているとは言い難い
    作品かも。

    神亀さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    8人中、5人が参考になったと投票しています。

  •   長いよ。

    長い映画です。長く感じる映画。俳優も内容にも、もっとメリハリが欲しいですね。有名な役者さんばかりですが。。。

    maidinさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    8人中、5人が参考になったと投票しています。

  •   何故か長く感じる映画かな

    「硫黄島からの手紙」が一部ダブってしまいます。豪華なキャストが学芸会のセットの中で一生懸命演じているような感じでした。南洋の孤島での戦闘が暑さ、渇きが感じられず、人が死んでも悲惨さもなく、非常に軽い映画です。ガダルカナルにススキってありますか?

    ilovebeerさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    7人中、5人が参考になったと投票しています。

  •   語りが長いです

    馴染みの役者がチョロチョロ出てて(他作品でちょこまかと逃げ回ってたピアニストが軍服姿で銃持ってるのにはちょっと笑ってしまった)、戦闘シーンもそれなりに間延びせず適度で白熱した感じだったのでよかったのですが、語るに酔うくだりがウザくてそのシーンだけ早送りしてしまった(「バトルロワイアル」で中学生の言葉をわざわざピックアップして強調してるくだりと同じ不快感であった)
    主人公も妙に存在感が低かったなぁ。

    微妙にニュアンスが変な日本語を話す日本軍人や神道とはかけ離れた念仏唱えたりするヘンテコな日本軍人を描いたり、敵国を単なる的扱いする演出は相変わらずだなぁと。

    んで、結局はこの映画の言いたいことは何だったんでしょうか?あの四六時中流れる語りの中にキーがあったのでしょうか?

    Diceさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   始まりはすごくいいけど

    序盤は美しい南洋諸島の映像。戦争中とは思えない理想郷の暮らし。その後の悲惨な戦闘シーンとの対比で、平和と戦争、人間の善と悪を言いたいのは何となくわかる。戦争映画というよりは、欧米人の死生観、神や人間についての思想がまずあって、戦争という異常事態はそれを表現するために選ばれたのかなと。
    主役のウィット青年の内面に焦点を絞ってくれたら、もっとわかりやすかったのに。日本兵の描き方も、(日本人から見ると)底が浅い感じがする。
    それにしても、戦地で戦っている夫に手紙で離婚を切り出す妻ってあんまりだと思う。あんなエピソード、入れる必要あったのかな。

    こばしまさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    7人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   反戦?

    キャストがこれでもかとばかり動員されてるのが凄いが
    Sペンが出張ってて他のキャストは陰薄い
    反戦ものとしては弱い

    ペペロンチーノ鷹さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    7人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   うーん

    超豪華なキャストや名監督、戦争映画って前知識でみましたが、これは戦争映画じゃないのかな?
    舞台が戦時下のガダルカナルで、戦争をやってるけど戦争を主観的に描くのじゃなくて、そこにいる人たちの内面や思想をメインに戦争を客観的に描いてる感じ。
    普通の戦争映画として観ると、ひじょーに退屈です。

    ベッコさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、4人が参考になったと投票しています。