クーポン ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

紙屋悦子の青春

紙屋悦子の青春
貸出開始日: 2007/06/22 旧作
製作年: 2006年
製作国: 日本
収録時間: 111分
出演者: 原田知世 松岡俊介 永瀬正敏 小林薫 本上まなみ
監督: 黒木和雄
制作: ----
脚本: 黒木和雄 山田英樹
原作: 松田正隆
詳細: ----
字幕: ----
音声: ステレオ/ドルビーデジタル
シリーズ: ----
メーカー: バンダイナムコ フィルムワークス
ジャンル: ドラマ ラブストーリー 戦争 ヒューマンドラマ
品番: n_609bcdr1630r
平均評価: レビューを見る
反戦と平和を訴え続けていた黒木和雄監督の遺作

敗戦の色濃い昭和二十年・春。両親を失ったばかりの紙屋悦子は、鹿児島の田舎町で優しい兄とその妻と肩を寄せ合う慎ましい毎日をおくっていた。そんな彼女が胸に抱く願いは家族の平穏と、密かに想いを寄せる兄の後輩、海軍航空隊に所属する明石少尉の無事だけである。ところがある日、兄は別の男性との見合いを悦子に勧めてきた。それも相手は明石の親友・永与少尉で、明石自身も縁談成立を望んでいるらしい。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.67

総評価数 9(9件のコメント)

4件 (4件)
2件 (2件)
1件 (1件)
0件 (0件)
2件 (2件)

並び替え

  
  • 1
  •   病院の~

    ~屋上で、青春の出会いを回想する老齢の夫婦。
    原作が戯曲だけに、
    終始鹿児島弁の会話劇で進行します。
    舞台は知世演じる悦子の家周りだけで期間も、
    昭和二十年の春に限定されています。
    会話劇が苦手な方には不向きな作品ですが、
    兄嫁役を演じるホンジョさんがとにかく面白い。
    淡々と、戦争と庶民の乖離を描きながらも、
    笑いのツボをあちこちに仕掛けており、
    戦禍による青春の悲しい犠牲をつまびらかにしつつ、
    人間らしい希望と愛しみを表現した名作です~!~。

    たらっぷさん -DVD/CDレンタル

    4人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   淡々と

     人の優しさ、想いの強さ、運命の悲しさ・・・。淡々と進むドラマの静けさ。情緒豊かな日本映画らしい作品を久しぶりに見た気がしました。

    ポチ2号さん -DVD/CDレンタル

    4人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   故黒田和雄監督の遺作です

    寡黙な人々を撮り続けた監督。反戦的な部分にはちょっと違和感も感じていたのですが・・。この作品も戦時中の話です。元は戯曲なので長回しの台詞が多いこと。俳優さんたち大変だったろうな~と想像するとちょっと可笑しくなりました。音楽も一切ないのでとても静かな映画なんですけど、それだけに登場人物たちの切ない思いが伝わってきます。大作ではないけれどもしみじみとなるいい映画です。

    ひろむしさん -DVD/CDレンタル

    4人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   だらだらした会話だけのくだらない最低の作品

    とにかく内容が乏しく、ひどいの一言です!
    今まで観た戦争ものの作品の中でも最低の駄作で、腹が立ってたまりませんでした。
    だらだらとした紙屋家のどうでも良い会話を中心に、なんと1時間以上も前半をひっぱります。
    内容的には主人公の悦子の片思いと、縁談にゆれる心情と葛藤の回想録だけなのですが、ただそれだけ!
    何の起伏もありませんし、何のドラマもありません!
    はにかむ若い二人の恥ずかしさを前面に出していますが、時代的には当然です。
    抑揚もなく、勿体をつけて引き伸ばしまくります。
    戦時中はこんな話はどこにでもころがっていた話で、何ら感動もしませんし、心にも全く響きませんでした。
    全く観る価値のない、時間の無駄だと言い切れます。

    ぺピーさん -DVD/CDレンタル

    3人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   好きと言えない青春

    長い間待った、DVDがやっとレンタルできました。待っていたDVDが着くと、とても嬉しいです。
    その作品が素晴らしければ、喜びも、倍増です。
    淡々と進む日常生活のドラマの中に、戦争という事実が、胸を締め付ける。
    好きな人に、好きと言えない「紙屋悦子の青春」理解できるだけに、涙が止まらない。

    54才のおっさんさん -DVD/CDレンタル

    3人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   会話会話の絶妙な間。すばらしい。

    会話がとても面白い。日本人しか分かんないような、あの絶妙な間。

    「ばかのごたる」と聞こえた。(ホントは「すっぱかごたる」)ワロタワロタ。

    本上まなみの話し方が最初気になったけど、キャラが分かると、すごくなじんで良かった。
    余計な説明も描写も一切なく、切ない青春を描ききった秀逸な映画。
    今までの戦争を描く邦画は、その生活を多少大げさに描きすぎてるんじゃないかと。
    実際はこんな感じじゃないかと。思った。
    本上まなみの「も~いやですよぉ~」。
    いい映画だったー。

    ラジバンダリィさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   本上まなみの・・・・・

    代表作と言ってもいいのでは・・・・。
    会話劇は苦手なのですが、何気に流していたら見入ってました。
    鹿児島弁がリアルかどうかが少し気になるのですが、本上まなみがすばらしい。
    演技力とかではなく、役にはまったというか、主人公の兄との結婚の件はもうこの人以外考えられない。
    本上さんを過小評価しておりました。
    ただし、この作品だけですよ。

    パイボールさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   原田知世が主演なので借りたけど…


    年齢の設定に無理がありすぎて、その違和感をずっと感じながら
    見ていたので、イマイチ、感情移入が出来ず、見終わった後も「い
    い作品だった」とは思うものの、感動や感銘は「2」レベル。

    2006年製作時で36か37歳の知世は、どう贔屓目に見ても二十歳
    そこそこには見えなかったし、本上まなみと同級生にも見えなかっ
    た。実年齢で二回り違いの小林薫と本上まなみが夫婦役というの
    も、かなり不自然。

    芝居なら濃いメークで誤魔化せるんだろうけど、映画だと限界があ
    る。それと家のセットがなんか安っぽく、映画という感じがしないの
    も引っかかった。

    「父と暮らせば」も戯曲の映画化だけど、こっちは「映画」という重
    厚さがあったのになあ。

    チョイ役以外の本上まなみは初めて見たけど、なかかないいな。

    輪外さん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   ・・・

    途中で飽きてしました。淡々とした感じと言えばそうなのですが・・・間合いと言えばそうなのですが・・・。小林薫さん、永瀬正敏さんはやはり上手いな~と思いましたが。ちょっと期待しすぎてしまったのかもしれません。

    モモキさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  • 1