ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

3-4x10月

貸出開始日: 1999/04/25 旧作
製作年: 1990年
製作国: 日本
収録時間: 96分
出演者: 柳憂怜(柳ユーレイ) 石田ゆり子 ベンガル ガダルカナル・タカ ビートたけし 井川比佐志 豊川悦司 芦川誠 ダンカン ジョニー大倉 渡嘉敷勝男
監督: 北野武
制作: 奥山和由
脚本: 北野武
原作: ----
詳細: ----
字幕: ----
音声: モノラル/ドルビーデジタル
シリーズ: ----
メーカー: バンダイナムコアーツ
ジャンル: アクション ドラマ
品番: n_609bcdr1421
平均評価: レビューを見る

ガソリンスタンドで働く雅樹は、草野球チーム‘イーグルス’に所属していた。しかし、何をやってもトロい雅樹は、仲間から煙たがられるばかり。そんなある日、雅樹は仕事中にヤクザに因縁をつけられる。雅樹のせいで骨折したと言い張るヤクザ。切羽詰った雅樹は、拳銃を手に入れるため沖縄へと渡る。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.5点

総評価数 6(6件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   たけしたけしたけし

    面白い バブル時代を思い出す ダンカンが ホモのヤクザにくどかれるのが面白い 渡嘉敷が ホモのやくざにカマほられるのが面白い!!たけしはそっちの趣味もあるのか???と錯覚します 柳ゆーれいが 初々しい!!

    azumaさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   支離滅裂で意味不明

    何なんだ、この駄作は…?
    チンピラ達のバカバカしくてトチ狂った行動は、観ていて何の意味も感じられない。
    一体何を言いたいのか意味不明。
    この作品にテーマは、馬鹿にされたからやり返す…ただそれだけ!
    主人公の意識も、まるでアキバの無差別殺傷事件の犯人の頭の中のようだ。
    たけし演ずるチンピラは、恨みを根に持ち駄々っ子のように暴れる最低のクズ人間。
    展開的にも、どうでも良い事を何でもかんでもだらだらと垂れ流しているだけ。
    こんなのを深読みして、斬新だとか画期的だとかほざく輩もいるだろうが、全く作品になっていない。
    観終わって虫唾が走り、反吐が出るお粗末な愚作です。

    ぺピーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    8人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   忍耐

    軍団はじめ、トヨエツ、石田ゆり子等、当たり前だが皆若くて初々しい。
    タカさんにブン殴られる馬鹿女役の比嘉ひとみ、昔、結構好きだったなあ(笑)

    神亀さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   渡嘉ちゃん○○されてます

     「TAKESHI’S」もそうだが、見ていて底冷えのする怖さがある。
    基本的に野郎ばっかりで、むさ苦しいハズなのに、映像に趣がありますね。他にはない、たけし監督独特の作風であります。

    kotonishikiさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   監督の冷笑が聞こえてきそうな

    「おい、お前らはさぁ、こういうことすりゃ喜ぶんだろ?」
    北野武監督の、映画評論家や小ざかしい映画マニアに対する、こんな言葉が聞こえてきそうな、つまりは、わかったようなわからんような描写が続く映画であります。
    でも、けっこう、しっかり青春映画しちゃってるんだよね。(ちょっと年くってますが。)

    AVPOさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   プレゼン的な作品

    前作の監督一本目が深作監督降板で携わったものなので100%北野武独自の世界では無い面があり、
    おいらが本当に撮りたい映画はこんな感じなんだよなあ、
    というのをプレゼンしたような作品で、
    例えばトイレで用を足すシーンで始まり終わるのは「みんな~やってるか!」
    柳ユーレイと石田ゆり子の二人は「あの夏、いちばん静かな海。」
    この二人が最後に取る行動は「HANA-BI」
    柳ユーレイとダンカンの二人は「キッズ・リターン」
    沖縄でのシーンは「ソナチネ」
    この作品だけ見ると何が何だかよくわからない・・・、
    となるけれど後のフィルモグラフィーを辿るとなるほどなと頷ける、
    という過渡期の作品。


    redocatさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1