ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

スター・ウォーズ/最後のジェダイ (ブルーレイディスク)

スター・ウォーズ/最後のジェダイ (ブルーレイディスク)
貸出開始日: 2018/04/25 旧作
製作年: 2017年
製作国: アメリカ
収録時間: 152分
出演者: マーク・ハミル キャリー・フィッシャー アダム・ドライバー デイジー・リドリー ジョン・ボイエガ オスカー・アイザック ルピタ・ニョンゴ アンディ・サーキス ドーナル・グリーソン アンソニー・ダニエルズ グウェンドリン・クリスティ ケリー・マリー・トラン ローラ・ダーン ベニチオ・デル・トロ
監督: ライアン・ジョンソン
制作: キャスリーン・ケネディ ラム・バーグマン トム・カルノフスキー J.J.エイブラムス ジェイソン・マクガトラン
脚本: ライアン・ジョンソン
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/英語字幕/日本語吹替用字幕
音声: 英/日本語吹替/DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス) 7.1ch 英/DTS-HD ハイ・レゾリューション・オーディオ 7.1ch 日
シリーズ: スターウォーズ
メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン
ジャンル: アクション SF アドベンチャー Blu-ray(ブルーレイ) 7.1ch
品番: n_611vwhr6639r
平均評価: レビューを見る
全世界待望のスター・ウォーズ最新作が登場!

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でついに登場した伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー。彼の出現は銀河に何をもたらすのか?眠っていたフォースが覚醒したレイは彼のもとで修行を重ね、やがてダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レンとの決戦に挑んでいく。二人は‘光’と‘闇’のせめぎ合いの中で揺れ動き、互いに苦悩する。そんな中、銀河を二分する戦闘はますます激化。銀河の支配をもくろむ組織ファースト・オーダーを率いるのはスノーク。それに立ち向かう同盟軍レジスタンスを指揮するのはレイア・オーガナ。激戦の末、しだいに窮地に追い詰められていくレジスタンス。そこで彼らが目にしたものとはいったい…?それぞれの運命に立ち向かいながら、銀河を舞台にした壮絶なバトルがいよいよ始まる!そして、ジェダイは受け継がれるのか…。

スターウォーズのCDも好評レンタル中!
初回入会で月額プランが30日間0円!
CDを月額レンタルでチェック
CDを単品レンタルでチェック

※こちらはBlu-ray Disc専用ソフトです。対応プレイヤー以外では再生できませんのでご注意ください。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
Blu-ray
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3点

総評価数 4(3件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   スターウォーズの世界を満喫!

    はっきり言って、旧6作と、新三部作は作りが変わりました。ルーカスの手を離れて、よりエンターテイメント作品になりました。しかし、旧作のキャスト、懐かしいシーンを彷彿させる場面など、やはりディズニーのエンターテイメント性が発揮されています。上映時間も長いのですが、あっという間。展開も早い。ボーナストラックが良く、これを見てから本編を見ると、なるほど!と思う部分が多々あります。ジョンソン監督が、最初からボーナストラックで語ることを視野に入れていたというのも、サービス精神旺盛なこと。とにかく、文句なく「面白い!」と言える作品です。つべこべあれこれ言う必要もありません。

    toratoratoraさんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販) 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 一方的にボッコボコ

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    要約すると、レジスタンスがほとんど一方的にボコられ続ける話。
    そして、いいところほとんどなしのルーク。
    面白いんだけれど、見終わった後の爽快感に欠ける。

    レビューを表示する

    満蔵さんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   スターウォーズを「破壊」した作品

    「破壊」からの「創造」を目指したライアン・ジョンソン監督の意欲は認められるべきだ。いかんせん大作の仕事をしたことがないのにいきなりスターウォーズでは重圧もいいところ。それで大コケとか叩かれてやってられないな。
    エイブラハムはともかくギャレスは曲がりなりにも大作の仕事をしてからの起用だから「大作映画」のノウハウを体で吸収していたのだろう。

    ルークが老害になってしまった。カイロ・レンは中二病炸裂。

    うるせー「スターウォーズ」オタクを片っ端から切り捨てにかかったネズミの会社と、実験的な映画を撮りたいジョンソン監督の思惑が合致した結果産み落とされたのが『最後のジェダイ』だ。
    その実験は見事に失敗したが、思惑通り「オタク」を駆逐することだけには成功した。
    そしてルーカスがオタクと共に積み上げてきた「スターウォーズ」は完全に死んだ。
    エピソード9はエイブラハムが再登板するらしいが、今作のことはなかったになるのだろうか。

    クスミさんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  • 1