ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

エイリアン:コヴェナント (ブルーレイディスク)

エイリアン:コヴェナント (ブルーレイディスク)
貸出開始日: 2018/01/10 旧作
製作年: 2017年
製作国: アメリカ
収録時間: 121分
出演者: マイケル・ファスベンダー キャサリン・ウォーターストーン ビリー・クラダップ ダニー・マクブライド
監督: リドリー・スコット
制作: リドリー・スコット マーク・ハッファム デイビッド・ガイラー マイケル・シェイファー
脚本: ----
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/英語字幕
音声: 日/日本語吹替/DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス) 7.1ch 英/DTS デジタル・サラウンド
シリーズ: エイリアン
メーカー: フォックス
ジャンル: サンプル動画 SF ホラー R-15 Blu-ray(ブルーレイ) 7.1ch
品番: n_612fxxr78482r
平均評価: レビューを見る

人類初の宇宙移住計画により、2000人の入植者を乗せて宇宙船コヴェナント号は新たな植民地となる惑星オリガエ-6を目指していた。ところが突然のアクシデントで、船長が命を落としてしまい、その直後コヴェナント号は謎の電波を受信する。船長代理となったオラムは、進路を変更して電波の発信元である近くの惑星へと向かう。調査隊が惑星の探索を進めるうちに、そこは目的地よりもはるかに地球の環境に似ており新たな楽園と思われた。だが、それは人類の生存を賭けた想像を絶する戦いのはじまりだった…。

※こちらはBlu-ray Disc専用ソフトです。対応プレイヤー以外では再生できませんのでご注意ください。

DVD作品はこちら!

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
Blu-ray
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4点

総評価数 4(4件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   絶対に笑ってはいけない宇宙の旅 part2

    エイリアンの前日譚を描くシリーズの2作目であり、プロメテウスの続編となる映画です。
    前作では、大気成分が分かったからって未知の惑星でヘルメットをあっさり脱いだり、
    倒れてくる宇宙船の進行方向から逸れて横に逃げることをしないコントを見せてくれたりで、エイリアンさんの頑張りが笑いによって中和されていました。

    今作でもその路線は変わらず、滑って転んでドッカンボッカンと未知の惑星へ乗り込んだ時点からエンジン全開で魅せてくれます。
    沢山の人が関わって綿密に練られたはずの計画を現場の判断であっさり変更したり、
    もちろんヘルメットなんてさっさと脱いでしまったりで、シリアスコメディ路線に揺るぎはありません。

    もちろん他にも見せ場はあって、前作主人公のショウ博士の登場シーンや、
    ファスベンター対ファスベンダー、ちっこいエイリアンの\(^o^)/オワタなど、
    前作を楽しめた人なら今作も楽しめるはずです。

    マーブルガムさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ ディビットを駆り立てているものは何なのか?

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    冒頭 ウィラード社長にアンドロイド・ディビットが問いかける。
    「私を作ったのはあなたです。では、あなたを作ったのは?」
     「私は、人類が分子結合の偶然によってできたとは信じていない」
     「では、誰が?」

    前作「プロメテウス」では、老ウィラード社長は不老不死を求めて
    『創造主(エンジニア)』を訪ねるが、その創造主は破壊者でもあり
    社長は殺され、ディビットは壊される(後に、ショウ博士が修復)。
    創造主は自らの遺伝子で発生させた人類を生物兵器(エイリアン)を
    用いて絶滅させようとしていることがわかる。プロメテウス号船長は
    命を賭して創造主が地球へ向かうのを阻止する。(までが前作)。

    ディビットは、研究を重ね、エイリアンを改良し、創造主の母星を
    生物兵器で絶滅させる。ショウ博士もディビットの手にかかって
    殺されていた。コヴェナント号が立ち寄った惑星はディビットの
    実験場となっている星だったのだ。生物兵器で次々と倒れる乗員。
    そして脱出、エイリアンとの格闘。次作へと続くディビットの陰謀。

    不評も多いようだが、私はこの映画は面白いと思った。
    内包するテーマも決して底の浅いものではない。
    次回作へのステップ作品であるため、今作で完結する伏線は少ない。
    しかし、リドリー・スコット監督がこれらをどのように纏めるのか、
    早く観てみたいと思う。そう思わせるだけの作品ではあると思う。

    レビューを表示する

    雨の庭さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   モヤモヤ感が癖になる

    厳しい評価をする人が多いようですが、見終わった後のモヤモヤ感が癖になるリドリー・スコット監督らしい作品だと思います。

    ひこぼしさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   お馴染み版のエイリアン誕生の秘話が・・・

    プロメテウス シリーズの話は怖いですし、話が残酷だ。
    エイリアンシリーズの中でも、私の好きな絶望的な話です。
    終盤を見終わって、その続きが凄く気になります。
    本来のエイリアンの形態になる秘話は、本編でなく特典映像に書かれてました。
    その話の中では、ショウ博士も出て来ますが、おぞましいの一言。
    ともかく、移民星に向かう2000人の開拓者達の運命が気になります。

    POPPOさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1