ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

レマゲン鉄橋

レマゲン鉄橋
貸出開始日: 2005/09/02 旧作
製作年: 1969年
製作国: アメリカ
収録時間: 117分
出演者: ジョージ・シーガル ロバート・ボーン ベン・ギャザラ
監督: ジョン・ギラーミン
制作: ----
脚本: ----
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: モノラル
シリーズ: ----
メーカー: フォックス
ジャンル: ドラマ 戦争
品番: n_612gxbr16355
平均評価: レビューを見る

第2次世界大戦末期の’45年2月、ライン川にかかる最後の橋・レマゲン鉄橋を廻り、米軍歩兵隊とドイツ軍先鋭部隊の激しい攻防戦が繰り広げられる。攻め入ってくる連合軍を阻止するために、鉄橋を爆破するよう命令されるドイツ軍。しかし鉄橋を爆破すれば、残された味方のドイツ兵を見殺しにすることになるのだ…。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.33点

総評価数 6(6件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   途中であきらめないで見ることができました

    最近はおもしろくないと、途中で再生停止してしまいますが、このストリー、俳優のキャラクターとても見応えありました。

    特に軍曹役の ベンギャザラ・・・・よっかたです。でも昨年お亡くなりになったそうです。\(-o-)/  

    ほかに出演していたこの人の映画も見ようかなと思いました。

    sokyuさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   内なる敵との戦い

    本当の敵は、前線の実情を無視する味方である・・・。
    敵同士でありながら、味方の命令に翻弄される同じ立場の軍人として、クルガーとハートマンを対等に描いていて面白かった。
    クルガーのシガレット・ケースを知らずに拾ったハートマンの言葉がなんとも印象的。

    九五式さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、5人が参考になったと投票しています。

  •   楽しめます

    冒頭の米軍戦車の疾走感がすばらしい。続く街破壊の場面もやりすぎだが凄い迫力。唯一残った橋を巡るドイツとアメリカの攻防だが、両軍をバランスよく描いてるし、舞台となる街や橋も戦争当時の雰囲気で楽しめます。

    ぴっぷさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   マニア向けだが、いい映画です

    米独両軍の現地指揮官が共通の苦悩を抱えて闘っているのが面白かった。共通の苦悩とは、上官の現場への無理解。本部は平気で無慈悲または無謀な作戦の実行を命じるが、現場指揮官としては割り切れない思いを抱きながらも、軍人として任務を遂行しなければならないというジレンマにおちいる。
    独軍クルーガー少佐と米軍ハートマン中尉の立場に自分を置き換えて妄想すると、映画を見終わったあともしばらく楽しめます。

    issaさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ちょっとなあ

     末期ドイツの混乱の中、味方部隊の救出と、上官の命令を取るかで悩むドイツ士官の人間性が描かれています。戦闘シーンは張りぼてが多く迫力に欠けますが、ロケ地の選定が良く雰囲気は良いです。ドイツ側の俳優は良い演技をしていたのに、一部のアメリカ側俳優がヤンキー特有のいやらしさを前面に出していたため、鼻について気分を害しました。

    コロスケさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    7人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   敵と味方が入れ替わるばかばかしさで戦争を皮肉る反戦映画

    なんだけど、反戦を謳うとどうしても説教臭くなってしまって乗れなくなる。
    戦争をしちゃいけないことは分かってる。こういう捉え方より、
    国や家族を守るために死んでいった人達がいて今がある、という悲しい事実を真摯に受け止める方が好み。
    始めに出てくる戦闘シーンは迫力があったし、橋の爆破シーンはサスペンス性があってよかったんだけど。

    浪人さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    7人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1