サイト内検索

無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

ラストタンゴ・イン・パリ オリジナル無修正版

ラストタンゴ・イン・パリ オリジナル無修正版
貸出開始日: 2002/11/30 旧作
製作年: 1972年
製作国: フランス/イタリア
収録時間: 129分
出演者: マーロン・ブランド ジャン・ピエール・レオ マリア・シュナイダー
監督: ベルナルド・ベルトルッチ
制作: アルベルト・グリマルディ
脚本: フランコ・アルカッリ ベルナルド・ベルトルッチ
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/英語字幕
音声: モノラル/オリジナル/ドルビーデジタル/英
シリーズ: ----
メーカー: フォックス
ジャンル: ドラマ ラブストーリー
品番: n_612gxbr15846
平均評価: レビューを見る

冬のパリ。中年男のポールは、アパートの空き部屋で偶然出会った若い娘ジャンヌをいきなり陵辱するが、2人は何事もなかったかのように別れる。ジャンヌには婚約者がおり、一方ポールは妻が自殺したばかりで人生に絶望していた。2人はその後もアパートの空き部屋で会い続け、互いの肉体におぼれていくが…。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3点

総評価数 6(6件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   タンゴが話に出てくるまで、君は耐えられるか!?

    フランス(に限らないかもしれないですが)の映画らしい映画。
    とでもいいますか、”恋愛もファッションでやる”みたいなところがよく感じられる作品でした。

    赤の他人同士が出会った瞬間に燃え上がってセックスしちゃうような、
    現実感とかストーリー性とか、そういうものに全く頓着しない演出に終始していました。

    過激なセックスシーンで有名な作品ですが、
    個人的には、観て楽しむ映画ではないように感じました。
    恋愛映画の教材のような感覚。
    映画の勉強とかしている人に向いている作品かもしれませんね。

    マーブルガムさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   …?

    非常にレビューの書きにくい、というか書けない作品でした。良いとも悪いとも言えないので評価は「普通」にしたんですが…。
    皆、抱き合いつつも遠いです…果てしなく。
    孤独、狂気、絶望、欲望、一応愛もあるのか?でも全て違うような気もしてきます。
    この作品を的確に語れる人がいたら、エライ。

    Mayflowerさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   ん~~~

    なんだか意味がわかんないです。エロチックでも無し、芸術的でも無し。分かる人には分かるのでしょうか・・・。

    てらしさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ・・・

    あたりまえのように存在していた親しい存在を突然失ったときの喪失感。そしてその後不安定になる感情。
    そのあたりだけは自分にもわかる気がするのだけれど・・。

    ぶらぶれ団さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   このSM映画・小説を貴女にNO.47

    ★テーマ選択ポイント
     現実世界を忘れてただひたすら己の肉欲のままに。
     お互いに名を明かさない、過去も語らない、それがこのゲームの規則。
    (週に1回程度しか会えず、部屋のドアがバタンと閉まるのが合図に始まるSとMの関係を思い出してしまいます)

    せいじゅさんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   バブル期にはしゃいだ人たちへ・・・

    先日「ベルトルッチ」というバブル期にWAVE出版から出た特集号を見ていたが、本作の公開当時はベルトルッチ=性愛の監督というイメージが流通していたようで一寸驚いた。
    寧ろ性愛を直接的に主題として描いている伊の監督はカヴァーニだと思うが、本作は彼らが貪る性愛の背後にある喪失感が問題なのであって、その性愛の果てにある結末こそがこの時期までのベルトルッチの主題となっている。
    何らかの事件を通して世の中と折り合いを曖昧に付けて、自分の過去を隠蔽しながら他者の罪を声高に叫ぶ者が必ずこの時期の彼のフィルムに潜んでいる。ベルトルッチはそうした者達をフィルムをとおして描き続けていたのだ。

    oh1119さんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1