ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

ロボコップ (ブルーレイディスク)

ロボコップ (ブルーレイディスク)
貸出開始日: 2014/07/02 旧作
製作年: 2014年
製作国: アメリカ
収録時間: 117分
出演者: ジョエル・キナマン ゲイリー・オールドマン マイケル・キートン サミュエル・L・ジャクソン
監督: ジョゼ・パジーリャ
制作: ----
脚本: ----
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/英語字幕
音声: 英 5.1ch DTS HD マスター・オーディオ(ロスレス)/日本語 5.1ch DTS
シリーズ: ロボコップ
メーカー: フォックス
ジャンル: サンプル動画 アクション SF Blu-ray(ブルーレイ)
品番: n_612mgxr55963r
平均評価: レビューを見る
半分人間、半分ロボット、最強の警官誕生

軍事配備のロボット化に揺れるデトロイトを舞台に、瀕死の重傷を負った警官が半分人間・半分マシーンの‘ロボコップ’として生まれ変わり、凶暴化する社会の‘悪’と闘う姿を描いた名作SFアクションのリメイク作。

※こちらはBlu-ray Disc専用ソフトです。対応プレイヤー以外では再生できませんのでご注意ください。

DVD作品はこちら!

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
Blu-ray
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.17点

総評価数 12(12件のコメント)

並び替え

  
  •   劇場での感想です。

    客観的に見て悪くはない。
    シナリオもよく練られていると思う。
    が、何故だろう?退屈してしまった。
    時間も妙に長く感じる。
    機械と人間の対立、機械化された人の気持ちを持つ者の心の葛藤というテーマにもはや新鮮味を感じない。
    結論としてリメイクの価値なし。

    sakahokoさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   昔見た映画のリメイク気分で見たら・・・

    サイボーグになり、感情を操作されることで無感情にされたときの
    家族とのやりとりがせつなく、無感情モードでの戦闘がカッコイイ。
    感情を中心にした魅せ方が昔のロボコップより凝っていて、
    何気なくみたら思いの他面白かった。

    Hボニーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   単体「ロボコップ」としては良いかも、リメイクとしてはう~ん

    作品としては良い出来だと思う。
    人と機械との間で、苦悩する主人公が次第に人間味を取り戻していく。アクションもスタイリッシュなパトルが楽しめました。

    ただ小難しい。正義のヒーローが悪を倒すものではなく、味方の真に悪いのは金持ち(アメリカの定番?)。爽快なヒーロー映画を見たい人にはオススメできない。

    社会風刺(テレビメディアに対し恨みでもあるのか?)というくらい、企業のPRやマスコミの報道に警鐘している。

    リメイクというより、名前を借りた別作品という感じです。

    勝正さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   地味すぎるリメイク作品

    ヴァーホーヴェン監督版は、特撮好きな自分からするとド派手でインパクトのある作品だったと記憶している。
    低予算作品でCGもなかったと思うし、カクカクの人形撮影シーンも目立ったので、今見ればアラが目立つアクション作品だと思うが、公開当時は衝撃的だった。

    それに比べてこのリメイク版のこじんまり感にはガッカリ。
    変にリアリズムに拘りすぎ、ドラマ部分に重点を置きすぎて、肝心のアクションシーンが少ないことがまず大いに不満。

    その少ないアクションでは?ロボコップらしい戦闘力の高さが発揮されるシーンが少ない?その反面、戦闘シミュレーション時の敵がほぼ打ち返してこず、一方的な撃退となり全く面白くない?ラストのアクションシーンも淡白の上、短すぎる。

    前作の奇抜さを埋め合わせるために、過剰にリアリズムを追求させすぎて失敗し、ただの地味なSFヒューマンドラマになりさがってしまっている。

    こびいさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ロボコップ自体はいいが悪役に魅力がない。

    元祖ロボコップ(以下:元祖)は少しずつロボから人間としての自覚を持ち始め、やがてマーフィという一個人になり、以降だんだんとボディパーツも強化されていくのが魅力だった。

    リメイクである本作は元祖とは違い、絶命する前に体の殆どを機械化し(頭部と肺と片手が肉体のまま)、初めから自分をマーフィだと自覚している点が死人から造られた元祖とは設定が異なる。
    また、本作の世界事情では主人公とは違った完全な警備ロボが最初から治安の悪い国に治安維持システムの一環として導入されている。
    他にも元祖とは違った興味深い設定があったので文字数が打てる限り簡単に上げてみる。

    ・完全な機械の警備ロボが存在している以上、マーフィーの必要性が全くない。
    アメリカでは自国に警備ロボを導入するのは「感情がないロボットに人間が管理されること」に大きく反対していた。そこで、初めから体の自由が利かない人機械を装着し「感情が理解できるロボット(?)」という形で開発されることになる。人間らしさを利用しアメリカ中の国民にオムニ社の警備システムの重要性をアピールする為にロボコップは造られた。
    オムニのショーウィンドウ的な立場という点は元祖と同じである。
    ・マーフィーは警備ロボよりも射撃するまでの反応速度がかなり遅いという点。
    人間の脳で標的が犯人かどうかを判断しているため判断力(速度)が遅い。
    マーフィーの必要性がない理由の一つでもある。だがこの人間性がマーフィーのメリットでもある。
    後に「戦闘モード」を導入することで解決した(マーフィー本人が自分で行動していると思わせて実際はプログラムが判断し射撃している)これが本作の一番の魅力かもしれない。
    ・最初はマーフィーとして行動していたが途中でオムニの都合からプログラムで制御されてしまう。
    元祖とは違って逆の展開になっている。
    オムニの制御プログラムに人間の自我だけで打ち勝とうとする(一種の意図的なバグ扱いか)点に拘っていたのか本作もその辺りを再現していたのは個人的にもかなり好きなシーンだし好感が持てた。

    逆に魅力が半減するところ…それは悪役に魅力がない事。
    元祖では特に1作目が一番憎々しい悪役としてしっくりしていた。本作はそれなりに演技しているが元祖ほどではないため痛快さが弱い。憎まれ役の重要性がわかる。

    設定が受け入れられるかが本作の賛否を左右するといえる。

    あすか・こーちかいねんさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   意志

    例えばAI、ロボットが人間を区別するには顔の画像認識で人相データベースから判定するとしても、
    その人間の心根はどうやって判定しようがあるのだろうか。

    このロボコップでは、マーカーを持った者にはロボットは攻撃しない、ということになっている。
    なるほど皆がそういうIDチップのような物を身に帯びていれば、嫌でもすぐに敵味方が分かるだろう。
    人間をロボット化したいのか、ロボットを人間化したいのか、まるで解らなくなって来るが。
    それでもやはり、ロボットは人間にはなれないのである。
    ロボットを作る人間が、 人間自身を 理解していないからだ。
    自分自身を完全に定義できている人間などいるだろうか?
    そんな人間は、居はしないのだ・・

    人間にとっての有用性の延長。
    機械にこれ以外の存在意義はないのである。

    むしろ機械になりたいという人もいれば、DNAロボットも何れ出てくるだろう。
    すると、何処までの存在が人間で、何処までの存在がロボットか、
    そもそも人間とは何なのか、改めて再考の必要に迫られるだろう

    Melqartさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   食い足りん

    よーし,今日はバイキングだぁ,腹いっぱい食うぞーって店行ったら,あれ?こんなけしか料理ないの?少な!!って感じでした.
    圧倒的に暴力が足りない.
    人間性・・・そんなもんは2でやることで,
    リブート第1作は新ロボコップが極悪人を無慈悲にぬっ殺すだけで成功だったのに.
    パット・ノヴァックが言っていたではないか「考えるな!」と.

    それはそうと,本作のゲイリー・オールドマンがなんかしっくりこないんですが.

    拝みさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   昔と比べちゃう

    子供のころ見たロボコップの印象が強すぎて
    どうしても比べちゃう。
    映像は新しくてすごいんだろうけど、
    やっぱり、昔のやつの方が面白かったなぁ。

    Euro-Rさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   初めて見る人とオリジナルを知っている人とでは評価が分かれる?

    オリジナルとはストーリーが異なる。
    妻子との関係が今回は描かれているのはよかった。
    でもオリジナルを見て感激した自分としては
    リメイク版の今作は、ロボコップとしては
    何かがピンと来ない感じ。

    最初のテヘランでの治安作戦で、オムニ社のロボットたちが活躍しているシーンがある。
    自爆テロで無人のロボットは破壊されているけども
    自爆したテロリストは生身の人間という
    何か考えさせられるシーンでこちらのほうが印象に残ってしまう。
    ロボットを戦争の治安維持に導入した所で戦争はなくならなず
    むしろ、人命の尊さを忘れさせてしまうのでは。
    そもそも兵器を作る者が戦争を起こさせているのでは。

    ロボコップの奥様役が綺麗。

    Buckshotさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   なかなか良い出来

    アクションシーンを抑え目にしてストーリー重視に振ったのは成功していると思う。
    とにかくバコバコボコボコだけやるCGアクション作品には食傷だからね。
    まぁそういうのが好みの人は「300」でも観て口直しして下さい。

    茶子さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。