ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

イルベントエレローゼ ~愛するということ~

イルベントエレローゼ ~愛するということ~
貸出開始日: 2009/09/02 旧作
製作年: 2009年
製作国: 日本
収録時間: 72分
出演者: 叶恭子 マリア・コッキャレッラ・アリスメンディ
監督: エリーザ・ボロニーニ
制作: 古川陽子
脚本: 坂本ジュウ子
原作: 叶恭子
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: ステレオ/オリジナル/リニアPCM/英/イタリア語
シリーズ: ----
メーカー: ポニーキャニオン
ジャンル: ドラマ
品番: n_613pcbg71336r
平均評価: レビューを見る

ジョルジャはローマの北西部の田舎町・アングイッラーラで厳格な祖母と暮らす花売りの娘。その抑圧されながらも平凡な世界が、漆黒の髪と艶やかな白い肌、潤んだ瞳を持つ女神のような女性の登場によって変化を遂げていく…。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 2.5点

総評価数 4(4件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   趣味ですね。。。

    恭子様が、自分が一番好きだと思う部分(唇でしょうな)を強調し、かつ、自分が一番綺麗に見えるように撮ったんだろうな~と思える、ほぼ自分の趣味で作ったような映画です。
    原作も本人みたいね。

    恭子様が発しているのはあえぎ声と、数行のセリフだけです。
    この映像を映画と呼んでいいのでしょうか?
    なぜこれを映画化しようという話になったんだろう。。。

    私は恭子様の体を見てみたかったので、まあ良かったですが、内容はないです。
    でもきっと内容を期待して借りる人はいないとおもうので、恭子様のバディーを見てみたい方は借りてみてもいいのでは?

    ヨコヨコさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   男性には向かないかも…

    モテモテの恭子様が屋内外で男女構わず絡んでいる、というハナシ。
    主人公の少女が恭子様に惹かれて、なんだか吹っ切れたぞ?みたいな。
    恭子様のイメージビデオだと思えばそこそこ楽しめる。
    ゴージャスなジュエリーだなあ、とか。他の男とやってるところを見せつけられる男はたまらんなあとか。

    セクシャルなシーンはあるけれども局部が見えるわけでないし、何しろ恭子様なので、好き嫌いは分かれるかと思う。
    でも某アイドル(元)の似非なAV(ソフトAVらしい)よりは個人的に好き。

    恭子様のファンならどうぞ。

    壱久さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   くちびる、ぷるりんこ。

    まー想像していた通り、恭子さまはほとんどセリフねぇ。(笑)
    とにかくセックスセックスセックス~。をしてる女って感じ。

    愛するって自分を解放して、欲望に素直になることなのよぉ~って言いたいのだろうけども、まぁ、そりゃあんまし伝わらんさね。
    だって、ジョルジャちゃんは結局、なんだか裸みたいな格好して、恭子さまの元に駈けていくんだもの。

    女性スタッフがほとんどなので、女性の為の官能映画でしょう。シーンもそんな感じ。

    ただ恭子さまと同じようには、一般ピーポーは出来ませぬ。
    あんなスバラシイぼでーと、何だかよく分かんないオーラがないと。

    ラジバンダリィさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   包装紙は高級、中身はからっぽ

    派手な私生活で知られるダイナマイトボディーのセレブタレント「叶恭子(『叶姉妹』の姉)」原作による官能映画。ローマの片田舎に暮らしている花屋の娘「ジョルジャ(マリア・コッキャレッラ・アリスメンディ)」は、ある日、配達先のヴィラで、白昼堂々、若い男と野外セックスに耽る謎の東洋人「ココ(叶恭子)」と遭遇する。後日、再び配達に訪れたジョルジャは、ベッドでうたた寝をしていたココの妖艶な肢体に理性を奪われ、そっと唇を重ねる。叶恭子演じるココは、ヒロインに性の手解きをする魔性の女といった人物。肝心の本編は、内容に乏しく、言うなれば「多少ストーリー性のあるイメージビデオ」といった印象。また、本作の最大の売りである恭子嬢のベッドシーンは、時間が極端に短い上に、なるべく裸体がはっきりと映らないようなカメラワークになっている。

    絶対零度さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1