ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

アントキノイノチ

アントキノイノチ
貸出開始日: 2012/05/25 旧作
製作年: 2011年
製作国: 日本
収録時間: 131分
出演者: 岡田将生 吹越満 鶴見辰吾 榮倉奈々 宮崎美子(宮崎淑子) 染谷将太 檀れい 松坂桃李 津田寛治 柄本明 堀部圭亮 原田泰造
監督: 瀬々敬久
制作: 辻本珠子 上田有史
脚本: 瀬々敬久 田中幸子
原作: さだまさし
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: ステレオ/オリジナル/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/日/視覚障害者対応日本語音声ガイド
シリーズ: ----
メーカー: ポニーキャニオン
ジャンル: ドラマ 感動
品番: n_613pcbp72580r
平均評価: レビューを見る
それでも、遺されたのは未来

高校時代に友人を‘殺した’ことがきっかけで、心を閉ざしてしまった永島杏平。3年後、父の紹介で遺品整理業の現場で働き始めた杏平は、久保田ゆきと出逢う。命が失われた場所で共に過ごす中で、次第に心を通わせてゆく2人。そんなある日、ゆきは衝撃的な過去を杏平に告げる。そして、杏平の前から姿を消してしまう―。

サンプル画像 【この作品のサンプル画像は拡大表示されません】

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。
 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.08点

総評価数 12(12件のコメント)

並び替え

  
  •   道徳映画がエンターテイメントになる時代

    ただその人からターゲットにされただけで
    蔑まされたり、悔しさに苦しんだり、ただ生きてるだけで
    人を睨みたくなったりする世の中、
    そんな現実で大事なのは自分を嫌いにならない事。
    苦しんでも、惨めに蔑まされても、人を睨む事があっても
    自分を責めないで、色々な出来事から今の自分が
    導かれている過去の苦しみを許して自分を嫌わない事。
    このドラマで傷ついた若い2人がぎこちない
    会話から心を交わす展開に優しさを感じた。
    以前テレビで「さそう」がクーパーズの新入社員で展開する
    ドラマを見た脚色と違和感を感じる本作のセリフがあり、
    テレビドラマの継承とは異なっていた様に感じた。
    映画として、全校生徒、体育館で見る道徳映画の雰囲気があり
    日本とアメリカ映画の違いを感じる。この様な映画が
    世界中の映画館で動員数が伸びれば良いだが。

    星屑煎餅さんのレビュー -動画 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   救いが無いじゃないか

    原田泰造が主役したTVスペシャルがよかったので観てみたけどなんてストリーですか!もっとハートウォーミングな映画と思ってた。監督は太宰治でもきどっているのか?自虐的なものしか感じないし、かといって考えさせられる内容でもなっかた。映画館で若いバカップルが場の雰囲気で泣いちゃうのが狙い?

    ムッシュムラムラさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   重い

    重い内容の映画です!前半は食事しながらの鑑賞はオススメできません(; ̄O ̄)現代の闇でした!

    Nalaさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   「あの時の命」と繰り返し言ってみよう…アントニオ猪木になるから

    遺品整理業を通じて「死」というものに向き合う内に、生きる事への意味が分かる…
    同級生からのイジメに耐える男と、男という怖さに怯え幼い命をなくした女。
    一言で言えば、心に傷のある男女がトラウマを乗り越えていく物語。
    一見重いテーマのようだが、不幸を乗り越えて生きてきた人にとってはこんな話は世の中に沢山あるのに、ちょっと大袈裟。
    周囲を嫌い自分の殻に逃げ込み、自分だけで悩み苦しむ未成熟児のように映ります。
    愛のない家庭で育ったのだろう…もっと他人からの愛とか人を恋する気持ちを育んで欲しいと思った。
    一歩間違えば精神を病んでしまう者になる前に、何とか立ち直った二人だが…
    あの時の命の意味も、予期せぬ悲痛なラストも、賢い視聴者にはお見通しの結末でしたね。
    壊れた心をクローズアップしただけの、思ったより深みのない平凡な作品でした。

    ぺピーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    8人中、5人が参考になったと投票しています。

  •   ストーリーが

    高校時代の話が突然入ってくるので
    分かりずらい。
    最初に主人公の家庭の背景や高校時代を描いてから、
    遺品整理会社の話の方が分かりやすいと思う。
    原作を読んでないから分からない所が多い。
    とにかく説明不足、何を伝えたいのか分からない。

    dricasさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 深くもなんともない

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    ラストに人が死んでお涙ちょうだいみたいな流れの映画は元々嫌いですが、それにしてもありえない死に方。高校時代の葛藤や苦しみがなかなか伝わってこないし、ストーリーよりも、なんとなく雰囲気で押し通そうとしたのだが、結局盛り上がりにかけるので最後有り得ない死で山を作っておしまい、みたいな残念な展開。とにかくとても残念でした。

    レビューを表示する

    ichiyachtさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   元気ですかー!

    酷評が目立ちますがとてもよい作品だと思います。過去のトラウマと向き合いながらもがく主人公を岡田将生さんがとても丁寧に演じています。榮倉奈々さんも演技力という点ではまだまだだだと思いますがもがき苦しみそれでも精一杯生きようとしている
    ユキを理解し演じているように感じました。彼女はもっともっと
    上手くなると思います。
    話としてよくまとまっていますし切なく悲しい終わり方ではありますけど最後の岡田さんの元気ですかー!の声と共に見せる笑顔と女の子の笑顔で救われます。

    ごろんさんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   失語症やトラウマを、岡田将生が好演

    この映画に対する評価は色々あるようですが、失語症、友人が自殺した事へのトラウマなどを好演している、岡田将生の演技力を評価したいと思います

    映画の出来上がりも、まあまあだと思います

    題名になっている「アントキノイノチ」の意味は、意外な言葉が語源になっているので、ちょっと意外でした

    ポリスマンさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   面白い作品ではないのは確か。

    娯楽作品ではないので観ていて楽しいとか、つまらないとかの評価をするような作品ではないと思う。

    人間の中に誰にでもあると思う、善と悪。その葛藤が上手に描かれていると思う。
    誰にでも、人に対して嫌悪感を覚えたり、逆に守りたくなったりって感覚を持った事はあると思うし、そうやって成長していくものだなぁって改めて感じる作品。
    『あの時の命』 見過ごしそうなメインテーマだけど、それを考えてみると深い作品だとおもう。

    最後の展開は、ちょっと無理やり感はあるけど、2時間でラストシーンを表現するには仕方ないのかな??と思う。

    岡田将生さんと松坂桃李さんのキーパーソンのこの2人の演技や人間性がリアルで良かった。
    特に、松坂桃李さんの嫌なキャラクターは嫌であればあるほど作品全体が締まる。良かった!

    作中と同世代の高校生などに観て、考えてもらいたい作品☆

    ラッパッパさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ヘトヘト

    テーマが重過ぎるし、主人公・杏平の吃音というハンデも重なり、観ていて大変疲れる作品でした。

    要所要所に見所のシーンはあり、飽きるという事は無かったが、せっかく泰造も出ているのなら、もうちっと微笑ましいシーンを交えて、緩急ある作品でも良かったのでは?。

    微笑ましいのはタイトルだけですね。

    あなまさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、1人が参考になったと投票しています。