ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

黒部の太陽

黒部の太陽
貸出開始日: 2013/03/20 旧作
製作年: 1968年
製作国: 日本
収録時間: 196分
出演者: 三船敏郎 石原裕次郎 宇野重吉 滝沢修 二谷英明
監督: 熊井啓
制作: ----
脚本: 井手雅人 熊井啓
原作: 木本正次
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: ステレオ/モノラル/オリジナル/ドルビーデジタル/一部ステレオ/日
シリーズ: ----
メーカー: ポニーキャニオン
ジャンル: ドラマ 感動 ヒューマンドラマ
品番: n_613pcbp72940r
平均評価: レビューを見る

昭和30年代、不可能と呼ばれた黒部ダム建設に、文字通り命を賭けた男たちの姿を、映画演劇人総出演の豪華キャストで映画化した名作ドラマ。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4点

総評価数 6(6件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   確かに…

    確かに、この映画は映画館で見るべきだと私は思いました。

    大画面TVならまだマシかな?

    うちは32型なので迫力不足ってな感じで…

    しかし、数十年前にこんな映画がよく撮影できたな~って単純に思いました。

    セイイチローさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   亡くなった人ばかりだと

    思いながら見ていた。ドラマというか実話というか
    単調な山物語だった。日活?でも、香取信吾が主役
    だったのよりはずーーーとマシだった。黒部ダムに
    かける戦後の男たちのろまん。いいね。でもなんか
    後半退屈だった。役者陣は豪華である。まー、
    2ちゃんねるのクソガキどもはこういう所に感想書く
    我々を揶揄して面白がってるが、彼等には戦後の開拓
    というロマンもなく可哀そうかもしれんが、集団に
    ならないと自分の言いたいことも言えない(まーー
    論理性も理想も無いクソしか言わないが)彼等の時代
    に同情は感じる(^^)

    Commandさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    7人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   良かったね~

    黒部の太陽はノンフィクションで関西電力の黒部川第四発電所の建設するための建設物資を運ぶ為の苦難のトンネル工事を実話を元に製作られたものです、フォッサマグナと言われる糸魚川静岡構造線が通る場所破砕帯(断層)を掘り続け
    、地下水などが吹き出る場所を長くて一日数メートル短くて数センチしか進めない工事でその工事で約170名の命が奪われたと記録されている、世界でも類を見ない工事だったそうです、今の若い人には分からないと思うが、私の父がこの工事に携わっていました

    tanaka2529jpさんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 裕次郎の夢

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    裕次郎の夢」「裕次郎渾身の映画」…
    そんな形容をされる作品。
    ダムを作る話かと思っていたら、その為の資材を運ぶトンネル工事の話。
    難工事に挑むというヒロイズムだけではないモノを伝えたかったのかな?とも思う。

    「映画館で見てほしい」という意思でソフト化もされず、かといってリバイバルもされず、すっかり幻と化してしまい、意思にも背く映画となってしまった。
    ともあれ当時の日本人のエネルギー、愚直な真面目さを思い知る作品だった。

    劇中、「工事の為なら人を殺す」と父親を激しく非難する裕次郎親子の確執、それに対し、戦時中と戦後の工事の本質を裕次郎に諭す三船敏郎…。
    この辺りの演技は見事だった。
    あとは手掘りのようなトンネル掘りの描写。
    バキバキと軋み、やがて大崩落するトンネルはモンスターのようでもあり、人間の小ささを思い知らされる。


    レビューを表示する

    レン@さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ヤケクソ

    何が何でもやってやる…っていう雰囲気が希薄な今の建築現場は、この映画の時代よりも、実は過酷なのでは??

    のんさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 確かに映画館で見ないと本来の迫力は伝わらないけど

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    裕次郎さんの言うとおり大きくなったとは言えテレビのサイズ
    や音響では出水やトンネルが歪むシーンの迫力は伝えきれないと思いました。

    父に反発しつつも、掘り始めると掘り抜くことにとりつかれる
    岩岡(裕次郎さん)、娘の死に目に会えずとも責任者の任を
    全うする北川(三船敏郎)、戦前の工事に参加しこの工事で
    息子を失う森(宇野重吉)みんな男です。

    ただ、難工事ではあるが人命を尊重し最新技術を持って挑む
    本編で描く戦後の工事 「水のトンネル」と、
    戦争の一環として軍主導で人命を顧みず精神力に頼った戦前の工事
    (第三ダム(仙人峡ダム)の高熱隧道 「熱のトンネル」をより対比させるような
    ストーリーにような話にしたほうがより良かった気が
    した。
    戦前の工事に身内が関わったものとしては。


    レビューを表示する

    天然まいたけさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1