ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

海街diary (ブルーレイディスク)

海街diary (ブルーレイディスク)
貸出開始日: 2015/12/16 旧作
製作年: 2015年
製作国: 日本
収録時間: 127分
出演者: 綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず 樹木希林(悠木千帆) 加瀬亮 大竹しのぶ 堤真一 風吹ジュン リリー・フランキー キムラ緑子 鈴木亮平 前田旺志郎 池田貴史 坂口健太郎
監督: 是枝裕和
制作: 田口聖 石原隆 市川南 依田巽 松崎薫 都築伸一郎
脚本: 是枝裕和
原作: 吉田秋生
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: ステレオ/オリジナル/5.1サラウンド/日/視覚障害者対応日本語音声ガイド/DTS-HD マスター・オーディオ
シリーズ: ----
メーカー: ポニーキャニオン
ジャンル: サンプル動画 ドラマ ヒューマンドラマ コミック原作 Blu-ray(ブルーレイ)
品番: n_613pcxc70116r
平均評価: レビューを見る
第6回 ビデオ屋さん大賞 総合賞 第8位!

鎌倉の古い一軒家に暮らす3姉妹が、腹違いの妹を迎え入れ、それぞれに複雑な想いを抱えながらも日々の暮らしを通して家族としての絆を紡いでいく1年の物語を、鎌倉の四季折々の美しい風景とともに描いた感動ドラマ。

※こちらはBlu-ray Disc専用ソフトです。対応プレイヤー以外では再生できませんのでご注意ください。

DVD作品はこちら!

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
Blu-ray
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.4点

総評価数 5(4件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   とても気持ちが安らぐ映画

    家族愛がよく描かれ、ストーリーは地味だか丁寧に作られた映画だと思います。鎌倉の自然を背景に日常の四姉妹の美しさが良かったです。綾瀬はるかさん他の女優陣の演技は光って見えました。春に四女の広瀬すずが桜のトンネルを自転車で疾走するシーンはとても印象的。
    ブルーレイ購入後、3回も見てしまいました。

    PRIERI No1さんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販) 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   美人4姉妹

    日本アカデミー賞を総なめにした作品だけあって映像が凄く美しいです。サクラのトンネルをくぐるシーンは、まさに日本の美です。

    アンパンマン555さんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販) 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   ほっこりした

    キャストで評価の変わる映画
    広瀬すずが秀逸
    長澤まさみは破天荒キャラ
    夏帆の髪型をもう少しどうにかできなかったかね~
    せっかくの美人さんが・・・

    しかしこの4姉妹が実在したら大変そう
    綾瀬はるか B型
    長澤まさみ A型
    夏帆 不明(本人曰くよくO型と言われるらしい)
    広瀬すず AB型

    王子3さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   家族

    2015年 東宝
    鎌倉市に三人で暮らす香田家の姉妹、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)の元に、
    家を出て15年以上経つ父の訃報が届いた。三姉妹とも父の記憶が薄く余り感慨が無かったが、
    葬式に出る為、佳乃と千佳は山形へ赴く。そこで二人は中学生の異母妹 すず(広瀬すず)と出会う。
    異母妹を「四女」に迎えた香田家の新たな共同生活が始まった。


    漫画の映画化らしいが、繊細な描写で監督・脚本・編集を務めた是枝裕和監督の評価が高まり、多くの
    映画祭で幾つも作品賞や女優賞を受賞した。
    優しい家族の物語であり、鎌倉・湘南の静かな海岸を背景にリリシズムあふれる人間模様を綴った作品。
    若干16歳の広瀬すずの凛々しい好演が光る。それを優しく包む三姉妹の暖かな家族愛が麗しく、
    数々の受賞も肯けよう。



    是枝監督は最近カンヌ映画祭で「万引き家族」が大賞パルム・ドールを受賞したが、どうもタイトルが気になる。
    私は映画も本もタイトルが非常に重要だと思うので、もう少し海街ダイアリーの様に繊細なタイトルでも
    良かったのではないかと思う。韓国では「ある家族」に改題され配給されたそうである。

    Melqartさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1