ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

プライドと偏見

プライドと偏見
貸出開始日: 2006/06/23 旧作
製作年: 2005年
製作国: イギリス
収録時間: 127分
出演者: キーラ・ナイトレイ ジュディ・デンチ ドナルド・サザーランド マシュー・マクファディン
監督: ジョー・ライト
制作: エリック・フェルナー ティム・ビーヴァン ポール・ウェブスター
脚本: デボラ・モガー
原作: ジェーン・オースティン
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/英語字幕/韓国語
音声: ステレオ/ドルビーデジタル/日本語吹替
シリーズ: ----
メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ジャンル: ドラマ ラブストーリー
品番: n_615unrd43349
平均評価: レビューを見る

イギリスの女流作家ジェーン・オースティンの原作を、キーラ・ナイトレイを主演に迎えて映画化した文芸ラブ・ストーリー。18世紀末のイギリスの田舎町を舞台に、5人姉妹の恋の行方を綴る。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.98

総評価数 66(66件のコメント)

並び替え

  
  •   キーラ好きにはたまらない☆

    時代もの好きには、たまらない映画だった。
    歴史を感じさせる建物や芸術品、それぞれの階級の生活用品や衣装、振る舞い、どれをとっても見るだけでわくわくして面白い。
    流れてる音楽もとても綺麗だった。
    主人公が意志の強い自分をもった女性で、魅力的だった

    momitaraさん -DVD/CDレンタル

    6人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   現代風な恋愛の印象

    小説の内容が、うまくまとめられている作品である。

    ただし、小説を読んでから、この作品を見ると、少し底が浅いように感じられる。特にダーシーがただの「いい人」で、いただけない。

    ダーシーは、ジョン・ブル的なヨーロッパ貴族特有の高慢さとエリート意識という「形」と、非常に思慮深い「情」の側面を併せ持った青年である。高慢は、貴族的な優美さを保つ為の彼なりの「儀式」であり、「理解出来ない者には、理解してもらわなくて結構」という態度は、超然的である一方、気高さがある。

    「すれ違い」が、何故起こっているのかが、重要なテーマであるにも関わらず、BBC版に比べていま一つはっきりしないのが、残念な所である。

    ロドリゴ・ディアス・デ・ビバルさん -DVD/CDレンタル

    4人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   誠実さは尊く愛おしいもの

    このDVDで一番好きなところは「メニューの画面」。
    このような部分を評価するのはおかしいかもしれないけど、短い映像の中に
    奥深さやスケール感そして清楚であり逞しくもあり、そういった部分が
    実に素晴らしく表現されています。
    メニューを観た時点で映画の内容に対し私の中でかなりハードルが上がってしまいました。
    それ故に内容に関しては少し物足りなさというか残念な部分も・・・
    まず全体的に感じたのは「狭さ」。
    脚本もロケーションもまるで小さな箱の中で作業しているような感覚を覚えました。
    それを補う意味でもロケーションやカメラワークにもう少し工夫があっても良かったかなと。
    ともあれこの本を書いたのが女流作家だけのことはあって映画のほうも
    男性より女性のほうが受け入れやすいものに仕上がっていると思います。

    Screenさん -DVD/CDレンタル

    3人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   見てみたけど、

    なんか綺麗な映画だな、って思います。
    キーラナイトレイがかわいいっ(*´∀`)ノ

    ちーびさん -DVD/CDレンタル

    2人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   なんとロマンティックなラブストーリーなの?

    とにかくロマンティック。
    キーラ・ナイトレイもこれでアカデミー賞受賞の意味がわかります。
    「これぞ運命の人だ」と思うような涙が出るロマンティックラブストーリー。
    「こういう恋って良いな」と思いました。

    2pacさん -DVD/CDレンタル

    2人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   オースティン作品が好きならば

    私は原作が好きで映画を観たのですが、原作ファンでもなかなか楽しめるお話でした。やはり限られてる時間の中で全ての出来事を詰め込むのは難しいので、重要どころだけを拾って入れた感じでしたが、それでもオースティンの味は消えていなくて、うまいことまとめたな、という感想です。キーラのウィットに富んだ役柄も、それなりにはまっていてよかったです。私はとにかく、コリンズ役が滑稽でお気に入りですが(笑)

    さみさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   人は見かけでは…

    最後はめでたしめでたし、偏見も解けてお互いの真摯な気持ちが通じてよかったね!でエンド。
    いいんですけど、では深く感動したかというと少し物足りないと感じました。
    ケッコンに始まりケッコンに終わる…もちろん人生の一大テーマなんですがそればっか、という気がしないでもないかな。

    Mayflowerさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   俳優陣がすばらしい。

    男のプライドと女の偏見、という説明をよく見るが少し違う。繰り返し見れば、プライドも偏見も女が一方的に持っていたものだとわかる。男は大富豪貴族ダーシー家の当主でありながら、身分違いの豪農の娘を一貫して愛するし、事あるごとに気持ちを伝える(不器用なので伝わらないが)。そんな彼に対して、傲慢な男だ!と最初から壁を作ってしまっているのは女なのだ。
    自分の気持ちに正直な男の勇気と潔さ。無駄口をたたかない寡黙さ。優雅なダンス。低く重厚な声。そして、あのやるせない目!ああ~、素敵です!
    キーラ・ナイトレイもすばらしいが、ダーシーを演じるマシュー・マクファディンの、あとからボディブローのように効いてくる圧倒的な存在感と、目の動きだけですべてを表現する演技力に私は参りました。
    この映画について一点だけ気持ち悪いのは、季節感があまりないので、話の中でどれくらい時間がたったのかがわからないこと。

    お野菜生活さん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   キャラが立っている

    18世紀イギリス文学が原作のようだが
    キャラが立っていて現代にも通じる物がある。
    こんな人いるいる、と笑ってしまう。
    キーラ・ナイトレイが主人公の性格を
    上手く表現していたと思う。

    earl18さん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   いまもむかしも

    たかが結婚、されど結婚いまもむかしも結婚は女にとって一大事業なんですね。特に昔は女には結婚しかなかったので。

    1回目、結婚観や女の選択肢の狭さぞっとした。
    2回目、各人物が丁寧かつリアルに描かれていて面白かった。
    5人も女の子を持ってしまった平民の両親も、女にいいよられまくってうんざりしてる公爵も、どの生き方にも苦労はつきものなんだなあと。

    とこさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい