ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

コンテイジョン (ブルーレイディスク)

コンテイジョン (ブルーレイディスク)
貸出開始日: 2012/02/16 旧作
製作年: 2011年
製作国: アメリカ
収録時間: 106分
出演者: マット・デイモン ジュード・ロウ ローレンス・フィッシュバーン(ラリー・フィッシュバーン) マリオン・コティヤール
監督: スティーヴン・ソダーバーグ
制作: ステイシー・シェア マイケル・シャンバーグ グレゴリー・ジェイコブズ
脚本: スコット・Z・バーンズ
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/英語字幕/日本語吹替用字幕
音声: ステレオ/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/日本語吹替/英 5.1ch DTS HD マスター・オーディオ
シリーズ: ----
メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
ジャンル: サスペンス パニック サイコ・スリラー Blu-ray(ブルーレイ)
品番: n_6161000273231r
平均評価: レビューを見る
<恐怖>は、ウィルスより早く感染する

未知の致死性ウイルスが猛烈な勢いで世界中に拡散していく中、恐怖と混乱が人々を支配していく様を、スティーヴン・ソダーバーグ監督がリアリティと緊迫感溢れるドキュメンタリー・タッチで描き出した感染パニック・サスペンス。

※こちらはBlu-ray Disc専用ソフトです。対応プレイヤー以外では再生できませんのでご注意ください。

DVD作品はこちら!

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
Blu-ray
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 2.82点

総評価数 11(10件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   映像化には向いていない。

    申し訳ないが寝てしまった。
    話の展開が、映像では分かり難い。同じような映像が続くようでは、視聴者には訴えかけられない。
    訴えようにもウイルスは、目に見えないしね。。
    映画化する意味がさほどないように思う。

    ただただ、苦しむ患者と奮闘する医療関係者や混乱する社会を見ても面白くないです。
    ドキュメンタリーやニュース、もしくは本としてならば、ありでしょう。

    “展開が見えづらい映像”と“酔いそうなBGM”が重なって、眠気を誘うだけでなく気分を害する。
    映像の色調も気持ち悪いし、あのゆっくりとしたドリーは本当に気持ち悪さを助長するだけです。

    映画として見るものではないことを助言させて頂きます。

    パドラックさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    12人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   リアルな恐怖

    現実に起きた事のように、リアルな展開です。
    派手に活躍する人物は登場しませんが、全編を通して緊張感があり、飽きませんでした。
    登場人物それぞれにドラマもあり、楽しめました。

    月夜のうさぎさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   まずまずです。

    ウイルスによるパニックに陥る模様を忠実に映像化。忠実すぎて物語としての面白さにやや欠ける。全編を緊張感が覆い退屈はしなかった。

    sakahokoさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   楽しめました

    理屈抜きで楽しめるという作品ではないですが、個々人のエゴが観てて楽しい。

    あの研究者の女性も結局は自分が1番に助かりたかっただけだね。あの笑顔はそうでしょ。

    そういう観点で視聴するとなかなか楽しい作品です。

    茶子さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   恐怖を煽るものとは・・・

    コロナ禍で気になっていて、ようやく観ることができました。個人的には「騒ぎすぎ」と感じています。様々なご意見があると思いますが、偽専門家がデマをまき散らす描写に既視感を覚えました。春以来TVでよく見かけた「コロナの女王」なる人物が思い浮かび、この方も「アビガンが効く!」と根拠もなく仰っていましたね。本作では「レンギョウが効く!」という情報を流し、不当な利益を得た人物が逮捕されました。「コロナの女王」も「風説の流布」で糾弾されるべきでしょう。主人公の娘の発言「春も夏も戻ってこないのよ」は休校(休講)や様々な行事の中止等で青春を奪われた当事者の声として心に響きました。「正しく恐れる」やはりこれが大切で、偽専門家は不要というのが感想です。皆さんはどうお感じでしょうか。

    細井教授さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   COVID-19流行の今

    あえて観てみました。
    すごくリアルです。都市閉鎖、経済停滞、買いだめ等々
    今の現実が、この映画をなぞっているようです。。
    願わくば映画のように収束してくれることを祈るばかりです。

    ウッキーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   ウイルス汚染を淡々と描く

    未知ウイルスが第一感染者から世界に広まり
    パンデミックとなるまでをWHOやCDCの科学者等や
    市民の目線から再現ドキュメンタリー並みのシミュレーションで
    存分にリアルに描いている。
    その分、大きな展開もあまりなくて、淡々と物語が
    進んでいくが、実際に起こりうることを考えると
    他人事ではない気持ちで見れた。目に見えない恐怖を味わえる。
    地味に豪華キャストなのも必見。

    Buckshotさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   淡々と

    もしも感染が全世界に広がったらの話です。何も盛り上がらないドキュメンタリー的な映画です。ワザワザ映画にしなくても良いのではないでしょうか?

    マリアさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 東京はどうなった??

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    感染力・致死率共に強力なウイルスが全世界規模で拡散.
    治療薬の開発は困難を極め,犠牲者は数千万にも及んだ.
    このウイルスを克服する過程をリアリティをもって捉えた作品.
    で・・・・・・だからどうした感が物凄かった.
    パンデミックを止められない絶望感・病に対する恐怖心・生への執着心をいった
    感情が画面からは伝わってこず,ただのシミュレーションでしかない.
    脚本にも失笑感が.「誰にも言うな」と枕詞を置いた上で秘密を漏洩させるCDC責任者は
    ワクチンを他人に譲渡し,さらには自分は投与されたことにする.
    おい!!沈静化する気あるのか!!
    要約すると,唯一の見どころがパルトロウの頭が剥かれるシーンと悲しすぎる作品でした.

    レビューを表示する

    拝みさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 映画というよりは・・・・・

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    新種のウィルスが発生→爆発的感染→ワクチンができる→騒ぎが収束する
    上記の過程を、豪華俳優陣で、ただシミュレーションしてみただけの気がしました。
    映画としての盛り上がりや、特筆すべき事件は一切おきません。ドキュメンタリーが好きな人には面白いのかも知れませんが、せっかくこれだけ豪華な俳優が出演してるのに、もったいない気がしました。

    レビューを表示する

    のらきちさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1