ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

フルメタル・ジャケット

フルメタル・ジャケット
貸出開始日: 2000/12/22 旧作
製作年: 1987年
製作国: アメリカ
収録時間: 116分
出演者: マシュー・モディーン R・リー・アーメイ アーリス・ハワード アダム・ボールドウィン ドリアン・ヘアウッド ジョン・テリー ケヴィン・メイジャー・ハワード エド・オロス ヴィンセント・ドノフリオ
監督: スタンリー・キューブリック
制作: スタンリー・キューブリック ジャン・ハーラン
脚本: スタンリー・キューブリック グスタフ・ハスフォード マイケル・ハー
原作: グスタフ・ハスフォード
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/英語字幕
音声: オリジナル/5.1サラウンド/英
シリーズ: ----
メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
ジャンル: ドラマ 戦争 シリアス ヒューマンドラマ
品番: n_616dlr21154
平均評価: レビューを見る

G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.13

総評価数 24(24件のコメント)

並び替え

  
  •   狂気の発現

    前半だけなら文句無しに星5つ。後半も他の多くの戦争映画よりは
    良かったのですが、とにかく前半が強烈でした。軍曹の台詞は聞
    くに堪えないものですが、リアルに描こうと思えばああなるんで
    しょうね。

    神亀さん -DVD/CDレンタル

    2人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   キューブリックの映画だ

    キューブリック監督の映画に一貫しているのは、とてつもない極限状態における人間の在りようを描いている点だと思う。戦争ほど極限状態にふさわしいものは無い。前後半の二部形式だが、それぞれが既に極限的であり、それぞれがショッキングなラストを迎える。さらに言えば、それぞれのラストが、衝撃的ではあるが、何の違和感も無いことだ。そこが恐ろしい。

    シンドラーのメモ帳さん -DVD/CDレンタル

    2人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   こういう戦争映画も

    キューブリックが戦争映画をとるとこうなるんですね。

    ベタですが自分は戦争映画ではベトナム戦争を題材にしたこのフルメタルジャケットとプラトーンがやっぱり好きです。

    anagogagogoさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   ストーリーは言うまでもないのですが、

    初めて見たときはVHSだったので、字幕で見ました。放送禁止用語のオンパレードでしたが、英語でなんと言っているのが知りたかった(笑)
    近所のレンタル店では英語字幕なしだったので、今回は借りて確かめたい。
    ストーリーは、「奇抜にして深い」。
    あまりに有名なラストシーンはそこら辺のホラー映画よりもぞくっとすると思います。戦争の狂気がラストに・・・。

    おぐりBさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   鬼教官

    鬼教官のゲス過ぎる歌&セリフに大笑いしました。
    下衆ヤバ夫よりある意味凄いw
    後半は戦争の狂気を冷徹に撮っています。
    あのハンターはキューブリックの投影かもしれません。
    「博士の異常な愛情」もお勧めです。
    北野武監督作品に影響を与えているかのようなカット&演出がさすがキューブリック!

    koguma1478さん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   前半とラストだけでも★5個だ!

    前半はとにかくアーメイの鬼教官。
    夢に出るくらいの衝撃です。
    このシーンだけで反戦主義者になれます。

    そしてラスト「ミッキーマウス・マーチ」を
    歌いながらの行軍シーン。
    ごめんなさいって言います、ほんとに。

    まりはらさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   80年代アメリカ

    のベトナム戦争後遺症に苦しむ「アメリカ」を考えさせる作品の一つ。お薦め。後遺症といわれた社会の荒廃が進む中、アメリカ人(国民というべきか)たちがベトナム戦争とは、何だったのだろうか。そして、正義のための戦争という「欺瞞」に苦しんだ中からの、自らへの問いかけといっていいと思う。戦争(アメリカ的正義の賛美=ジョンウェインの存在自体が表している)の「グリーンベレー」から、「地獄の黙示録」「7月4日に生まれて」「プラトーン」と観られることをお薦めします(但し、グリーンベレーは超愚作です。が、観て下さい。

    b-sagasiさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   黒くぬれ!

    お涙ちょうだいな戦争映画には興味はない。
    いかにして戦争になったのか、それを阻止するために何が必要なのか。これらは政治家に任せておけばいい。
    人間はみな、等しく狂気を持っていて、それがどこで顔を出すか……だと思った。

    610さん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   一見して反戦映画に見えるが。。

     しかしそこはキューブリック。ただの反戦映画には決してならない。

     平凡な青年が戦争という非日常に飲み込まれ狂気に染まって行く姿が淡々と描かれている所から、これを観た人は「反戦映画だな」と普通に思う。 
     
     しかし、その後に湧き上がる妙な胸のざわめきは何だ?ザワザワとした捕らえ所のない違和感。 
     
     この映画からはロジェ・カイヨウの『戦争論』に書かれた「戦争には興奮と熱狂と恍惚の3つがある」というメッセージがある。いわば隠しテーマだ。
     
     キューブリックは戦争や暴力肯定派ではないかと小賢しくも深読みしてしまう。「時計じかけのオレンジ」にしてもラストシーンは原作とは違う暴力礼讃とも解釈される終わり方で原作者にクレームを付けられているし。
     
     人間には狂気や恐怖に対する憧れや破壊に対する欲望が紛れもなく存在する。キューブリックはそれを言いたかったのかもしれない。
     

    チビタさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   まるごと好き!

    なんといっても映画史に残る怪キャラクターハートマン軍曹は必見ですね。
    後半のベトナムシーンも自分は好きですね。国同士の駒でしかない兵士、
    大きな恐怖や苦悩をかかえつつも、安息を見つけ仲間と笑いあいつつ消化しては
    また戦場に身をゆだねていく。むしろとてもリアルに思えます。
    ラストのミッキーマウスマーチは印象的!

    ぴぺんさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい