ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

ストーン

ストーン
貸出開始日: 2011/04/13 旧作
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
収録時間: 105分
出演者: ロバート・デ・ニーロ エドワード・ノートン フランシス・コンロイ ミラ・ジョヴォヴィッチ
監督: ジョン・カーラン
制作: アヴィ・ラーナー ホリー・ウィーアズマ
脚本: アンガス・マクラクラン
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/日本語吹替用字幕
音声: オリジナル/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/英/日本語吹替
シリーズ: ----
メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
ジャンル: サスペンス ドラマ R-15 ミステリー
品番: n_616dlrf7320r
平均評価: レビューを見る

ある受刑者と仮釈放をめぐって相対する引退間近の生真面目な刑務官が、受刑者の妖艶な恋人によって理性を失っていくさまを、ロバート・デ・ニーロやエドワード・ノートン、ミラ・ジョヴォヴィッチなどの豪華俳優陣で描いたミステリー・サスペンス。

ブルーレイ作品はこちら!

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 2.83点

総評価数 6(6件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   おもしろいと言うより興味深い映画でした。

    きちんとした信仰のない私には正直面白くなかったです。
    ただノートン・デニーロにミラジョボという組み合わせは新鮮でしたし、それぞれの演技はなかなか見応え有りです。問題はストーリーですね。なんか不完全燃焼系で昔のATG映画を思い出しました。ミラジョボ見直しました!

    そらパパさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   宗教に対する人の心の在り方が描かれています♪

    キャストはロバート・デ・ニーロ、エドワード・ノートン、ミラ・ジョヴォヴィッチという一流どころでそれなりのサイコ・サスペンス・ムービーです。
    スプラッター・ホラー・グロイ映像はないので、そちらは期待できませんが宗教に対する人の心の在り方が描かれています♪

    ホラケンさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   キリスト教

    “if they keep quiet, the stones will cry out.”(ルカによる福音書19章 40節)
    ストーンなる名前と、劇中に通奏低音のように流れる聖書の文言がこんな言葉を連想させます。
    「彼らが沈黙を守れば、ストーンが(かわりに悪事を暴くべく)叫ぶであろう。」
    きわめて聖書的(こんな用語ある?)といえばそんな感じもする映画です。

    ryojiさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   宗教色が強い

    宗教色が強く、日本人向けではないなあ。けど、そんなに難解ではなく、それなりに物語として楽しめますが。。ロバートデニーロは凄いなあという事が一番印象的でした。

    スキッツさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   わからなかった

    宗教心もなく、理解力不足かもですがいまいちよくわかりませんでした

    宗教のコアな部分に触れたかのようだったストーン
    あれほど釈放を望んでいたが途中から大きく変わる
    そこらへんまでは普通に見てました
    が、それでも出所時に俗物的な発言をしたり、デニーロの家が燃えたり・・
    ミラジョボも色んな意味深な描写がありましたが、結びつきも見えませんでした

    つまりどういうストーリーなのか
    主旨を要約して述べよという問題を解かされたら僕は0点です

    ようすけべフランソワさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   宗教のPR映画のようで「よく分からない」内容だった。

    解説にある「クライムサスペンス」という印象からは随分と違う宗教的要素が入った内容でした。

    仮釈放管理官・ジャックも受刑者に「法」を諭しながらも自らの心にも「思い悩む」人間であり、急変したエドワード・ノートンや、彼の妻・ルセッタとの関係や言動など、それぞれの「想い」なり「心」を描いていくのだが、基本的に「暗い」話であり、常にBGM的に流れている「宗教放送」が作品のテーマなどを表しているのだろうが、「ナチュラル」に宗教心が無い日本人としてはどうにも「理解に苦しむ」映画です。

    唐突に「目覚めた」E・ノートンも分からないし、ジャックの苦悩も分からない。
    妻・ルセッタが「何をしたいのか」も分からないし、ジャックの妻の「苦悩」もよく分からない。
    それぞれの人物の「背景」があるのだろうが、映画を「見る」だけではよく分からなかったし、ラストの展開もやっっぱり「分からない」ものだった。

    シュレディンガーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1