ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

家族

貸出開始日: 2005/04/28 旧作
製作年: 1970年
製作国: 日本
収録時間: 102分
出演者: 倍賞千恵子 井川比佐志 渥美清 春川ますみ 森川信 花沢徳衛 ハナ肇 笠智衆 前田吟
監督: 山田洋次
制作: ----
脚本: 山田洋次
原作: 山田洋次
詳細: ----
字幕: ----
音声: モノラル/ドルビーデジタル
シリーズ: ----
メーカー: 松竹
ジャンル: ドラマ 人情 ファミリー
品番: n_617da8624
平均評価: レビューを見る

新しい大地を求めて旅ゆく人々!あなたの心にはげしく迫る生きるよろこび…。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.63点

総評価数 8(8件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   見所ない

    山田洋次監督?といいたくなる映画
    なんか山田監督の作品とはちがう
    北海道開拓がテーマかと思って見たが
    そうでもない
    ☆二つってとこかな

    浜田旅館さんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   家族を思いやる妻の優しい心情に心打たれる。

    一旗揚げるために長崎から北海道へ、開拓にかける家族の旅路の過程を描いています。
    親子愛、兄弟愛を中心に今は希薄になった人と人とのつながりが随所に出ていますね。
    1970年は大阪万博の年であり、経済成長の真っただ中…当時の風景に懐かしさがこみ上げてきます。
    当時の風情やを綴った記録映画と言ってもいいかもしれません。
    物価や貨幣価値も現在と比べると面白いのかな?
    途中幼い赤子を亡くした悲しみと苦悩や家族を思いやる心遣いに、妻役の倍賞千恵子の演技が観る者の心を打ちます。
    ただ山田洋次監督作なので、出演者が寅さんシリーズのキャストとまるかぶりでいただけないです。
    道中が長かったため、肝心の北海道での開拓に時間が割かれてなく尻切れトンボになった感は否めなせん。

    ぺピーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   それから

    相当前、NHKで実際の主人公が出ていた。牧場経営が軌道に乗ったものの牛乳のタンクの件で倒産、病院の夜警勤務していた。 高額の貯乳タンクを設置しないと牛乳を集荷しないといい、補助金に対して様々なしがらみが山積したという。

    もとはちさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   いい

    立て板に水のごくきテンポの良さ
    万博、大阪駅、上野駅での撮影は素晴らしい
    倍賞千恵子の演技に涙する名作です

    torpedoさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   涙のロードムービー、終点は絶望?希望?

    日本が高度成長に浮かれていた頃、九州から北海道へ新天地を求めて移住する家族の物語。これでもかこれでもかと襲い来る不幸。うんざりする話だが絶望感はない。倍賞千恵子のたくましさのせいか。

    狂志郎さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ いろいろな意味ですごい作品だ。観るべし。

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    今になって、やっと観る機会ができた。
    倍賞千恵子と渥美清の名前があったので、なんとなくの
    気持ちで視聴対象としていたわけだが、これはすごい作品だ。
    当時見ても、映像的には何とも思わなかったかもしれないが、
    今見ると、風景、電車、人物の全てに歴史と変遷を感じる。
    大阪駅、万博、ローカル線の映像が、何とも言えない。
    倍賞千恵子の演技力と力強さに絶賛の方も多いのだが、
    井川比佐志が演じた作品の最高傑作かもしれないと感じた。
    笠智衆は、もはや私なぞがどうこう言える範疇を超えている。
    長崎を出て北海道の中標津へ着くまでが内容の大半を占める。
    リアル感が満載な上に、不幸と不安の連続を細かく描いている。
    これは、本当に山田洋次監督の作品なのかと思ってしまう。

    レビューを表示する

    あっきい。さんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   万博

    1970年、私は11歳でした。41年前の大阪の風景がとにかく懐かしい。阪急百貨店・阪神百貨店・地下街。ええ感じです。あの頃は、まさか阪急と阪神が一緒になるとは思いもしなかったなあ。それから万博、あの頃は日本に勢いがあったんですね。映画の内容は、とにかく倍賞千恵子さんがいいです。前田吟さんに少し泣きました。

    いわっさんさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   キネマ旬報ベストテン一位になったのか …


    いつも脇役の井川比佐志が、倍賞千恵子
    と夫婦役で主演。確かに二人、そんなに
    歳がはなれていないんだな。なんか、情け
    ない(?)夫・役だったけど。

    ドキュメント風だけどrealityが薄く(?)感じら
    れ、途中から「なんかなぁ」という気持ちに
    なったけど ― いろいろなシーンでウルウ
    ル。

    上野動物園は近所にあって、小さい頃は
    よく行ったので、そのあたりのシーンには
    懐かしさでいっぱいに。

    倍賞千恵子、いいなあ。

    輪外さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1