ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

砂の器 デジタルリマスター 2005

砂の器 デジタルリマスター 2005
貸出開始日: 2005/10/29 旧作
製作年: 1974年
製作国: 日本
収録時間: 143分
出演者: 森田健作 島田陽子 加藤剛 丹波哲郎 山口果林
監督: 野村芳太郎
制作: ----
脚本: ----
原作: 松本清張
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: ステレオ/5.1サラウンド/ドルビーサラウンド/ドルビーデジタル
シリーズ: 砂の器
メーカー: 松竹
ジャンル: サスペンス ヒューマンドラマ
品番: n_617da9767
平均評価: レビューを見る

昭和46年6月、国鉄蒲田操車場内で60代の男性の他殺体が発見される。事件直前、とあるバーで被害者と若い男が東北訛りで話しているのが目撃されており、その店のホステスが耳にした‘かめだ’という言葉を頼りに、刑事の今西と吉村は秋田の‘亀田’へと向かう。人間の宿命を追って胸迫る感動!松竹110周年特別企画、野村芳太郎監督の不朽の名作をデジタルリマスター版でお届け。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.37点

総評価数 41(40件のコメント)

並び替え

  
  •   これが映画だ。

    もう40年ほど前、築地の松竹セントラルでブルース・リーの「ドラゴンへの道」を観ていた時、予告編でこの映画を知りました。
    寒そうな海辺をさすらう親子の姿。
    東京で学生生活を送っていた私は、その場面が妙に心に残りました。

    郷里に戻って10年以上経ったある日、ふとこの映画を見る機会が巡ってきました。
    若き日に予告編で観たその映画は、本当に素晴らしい映画でした。

    何故か、苦しい時に人を支えてくれる作品だと感じます。

    yoshiboさんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販) 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   昭和・日本の最高傑作です

    40年近く前古本屋で買ったこの本が
    松本清張との出会いでした
    それからズーット読んでいます
    結果この『砂の器』が最高です
    ・・・・・
    そして映画化、果たしてどうか
    ずばり原作以上にリアルに再現されています
    音楽も芥川さん最高です
    ところどころ原作が甦ってきました。
    今西刑事・丹波さんぴったりでした。
    これから先何度か見たいです

    浜田旅館さんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   圧巻

    やっぱり凄いや。松本清張の原作の味を壊さずに映像や音楽で深みを増した見事な映画。戦後日本映画の金字塔とも呼べる傑作。キャストも納得できる配置であり、全てが台詞以上の声を伝えてくれている。「宿命」初演演奏会から暗く悲しい親子の人生が浮かび上がる構成力や映像表現は圧巻です。

    にゃじらさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    12人中、11人が参考になったと投票しています。

  •   宿命

    敢えて日本社会の陰部である癩病差別に切り込んだ傑作
    日本社会におけるマイノリティは多民族国家のそれとは異なる意味合いを持つ

    ペペロンチーノ鷹さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    8人中、7人が参考になったと投票しています。

  •   ほろり。

    クライマックスは泣きそうになった。
    10年以上前に見たけどそのときと変わらない気持ちになりました。
    日本の風景って綺麗だったんですね。
    色の出し方も良かった。
    今の時代にこういう映画作れる人いるんでしょうか?

    マシャNo6さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    7人中、6人が参考になったと投票しています。

  •   砂の器 デジタルリマスター 2005

    日本の映画ってこんなに凄かったのか・・と
    何回も観ました、その度にその度に涙しました
    そして、子供の幸せを願って
    号泣した父親の姿が・・・もう書けません。

    知ったか親父さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、5人が参考になったと投票しています。

  •   コンサート+捜査会議+父子の旅=脚本のうまさにも感動。

    キャスティングが気に入らない。丹波哲郎にヒラ刑事は似合わない。加藤剛はハマリ役に見えて山崎努のほうが良かったと思う。島田陽子と山口果林は役を取り替えるべし…。適役は緒形拳と加藤嘉の二人だけ見たいな気がする。でもまあ星五つで仕方ないか。泣かせてくれたから。

    狂志郎さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、5人が参考になったと投票しています。

  •   切ない

    私のような団塊ジュニアが生まれたころにできた作品なので、昭和という時代が感じられ懐かしい感じがします。

    ストーリー的には、前半は何がどうなっているのかよくわかりません。
    ただ、事件の真相が語られるところからは、迫力のある音楽も手伝い、切なさが身にしみてきます。
    平成の時代にこの作品をリメイクしても、そのなんともいえない感覚は伝わらないだろうと思える完成度の高い作品です。

    おうまのしんべさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   背負って生きるもの

    中居くんがテレビドラマをしたのでなければ、原作も本編も観ることはなかったのだけど、原作も本編も観てよかった。
    中居版ドラマは見てないのだけど、連続ドラマにできるようなのを2時間超とはいえ映画の尺にするのはこと足りるかなあ、と思ったのだが、巧みだねえ。
    なるほど、時系列に並べずに発端の事件なんかは織り込んで、事件の経過をシーンとして撮影しては間尺にあわんというところは、文章で表現すればまとめられるし理解しやすい、わけだ。「模倣犯」そのほか、この長さ(の原作)を映画にできるか?と心配して、原作を好きで映画にしたとは思えないと落胆させられたものに思いをはせると、これ愛せます。
    後半、父子の昔年の情景とコンサートの情景が、押し流されるようなクラシックの曲と相まって秀逸です。
    原作は昭和35年の新聞連載だそうで、この映画版とは時代が違うはずですね。また原作読むことにします。

    tenjdさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   宿業との対峙

    実際に起きた社会問題を背景に描かれた松本清張原作の傑作サスペンス。でも、サスペンスという表現は不適切かも知れません。人間の残酷さ、醜さ、無知や無理解が一組に親子の人生を狂わせ、その親子に関係した人間が殺害されてしまいます。…しかし、それは殺人というよりも「事故」かも知れない。人間の「業(ごう)」という愚かさや罪深さを真摯に表現し、社会に一石を投じた傑作です。真面目な気持ちで鑑賞されることをお勧めします。

    ヒロシさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、4人が参考になったと投票しています。