ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

疑惑

貸出開始日: 2005/12/22 旧作
製作年: 1982年
製作国: 日本
収録時間: 126分
出演者: 桃井かおり 岩下志麻 丹波哲郎 三木のり平 仲谷昇 山田五十鈴
監督: 野村芳太郎
制作: 杉崎重美 野村芳太郎
脚本: 古田求 野村芳太郎
原作: 松本清張
詳細: ----
字幕: ----
音声: モノラル/ドルビーデジタル
シリーズ: ----
メーカー: 松竹
ジャンル: サスペンス ドラマ
品番: n_617da9784
平均評価: レビューを見る

「彼女が夫を殺したのは間違いない。」10人のうち10人までもが確信する鬼塚球磨子の有罪。だが心証的にはまっ黒でも、何一つ物的証拠がない。果たして検察は、世間は、彼女の罪を立証できるのか。そして、弁護側は―。暴行・傷害・恐喝・詐欺―前科4犯の毒婦と、女弁護士の心理的葛藤・かけひき・せめぎあい。九州で起きた三億円保険事件をヒントにした話題のサスペンス。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.45

総評価数 11(9件のコメント)

5件 (5件)
6件 (4件)
0件 (0件)
0件 (0件)
0件 (0件)

並び替え

  
  • 1
  •   岩下VS桃井

    桃井かおりが凄いのはさて置き、岩下志麻が「あんたら覚悟しぃーや」なんて極妻をやっているより、弁護士役がぴったりはまっています。とても同じ女優とは思えなかった。中々の女優さんなんだね。

    ジダン0603さんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    4人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   悪女が2人

    桃井かおり演じる悪女は有罪か無罪か。ずっとわからないまま話は進むが、最後に解決される。法律的に悪いことと倫理的に悪いことは違うんだー、とつくづく感じさせる。弁護士役の岩下志麻も秀才だが悪女だ。この映画のいいところは、「私は悪いぞー」という確信的な悪女ではなくて、自分に誠実にふるまうと周囲からは悪女に見えてしまう、というところだ。そんなに自分とは違わないように思える。最後のシーンで、列車の中での桃井かおりの表情など、細かいところまでよくできている。

    パーティクルワークスさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    6人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   鬼クマ

    傑作和製サスペンス。多数の大物がチョイ役で登場するが、中でも
    山田五十鈴の貫禄は流石。

    神亀さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    5人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   桃井さん

    素晴らしくヤな女。でもこんなハッキリした人間って気持ちがいい。この年代の映画は逆に新鮮に見えます
    。役者さん一人一人が骨太でとても魅力的でした。

    べにべにさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    5人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   松本・野村シリーズの静かな傑作

    公開当時は、桃井と岩下の悪女演技合戦の映画という側面だけが強調されたが、この映画は松本清張原作・野村芳太郎監督のシリーズ?ものの一つであり、その意味では「砂の器」等と並ぶものだ。「砂の器」は少しばかり荒唐無稽で、しかも犯人の動機に少し無理があるところを、ラストの協奏曲の場面で盛り上げざるをえなかったが、この映画は非常に緊張感のある法廷劇であり、しかもアクションが殆どないところが実に静かだ。また、各キャラづくりが鮮やかで解り易い。傑作だと思う。

    シンドラーのメモ帳さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    5人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   怖!

    桃井かおりが怖すぎです。小さいころこの映画を見て
    実際こんな人なんだ…と思ったくらい。本当にすごすぎ

    なみたさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    5人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   realityは、さておいて …


    見ていて、とても面白かった。法廷もの
    が好きなんで、法廷のシーンは興味深
    かく見たけど ― 実際とはかなり(?)逸
    脱しているように思われるけど、まあ、
    商業映画だから … 。裁判官があんな
    に弁護人に親和的(?)ということは、あり
    えないな。

    野村作品は「当たり外れ」があるけど、こ
    の作品は確実に(?)当たり。

    主演二人だけでなく、準主役、脇役、チョイ
    役ふくめ、芸達者な俳優が出演していて、
    厚みを感じさせる。

    もっと早く見ておけばよかった。お薦めです。

    輪外さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    2人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   炎の女VS氷の女

    裁判物はやはり面白いですね。論理・屁理屈をこねくり回して有罪か無罪を争う姿は見ていて引き込まれます。個人的にはマスコミ(新聞記者)の横暴さに辟易しました。「こいつやっているな?」と決めつけて犯人扱い、悪女扱いするやり方、そしてそれを「正義」として一歩も譲らない・・・現実にも思い当たる新聞社はありますよね。新聞記者役の柄本明さんの演技にも着目して頂きたい作品です。

    細井教授さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   力ある日本映画の名作のひとつかと

    主人公のふてぶてしさ、凛として生きる女弁護士のそれぞれの生き様を、一刻の人生の重なりの中で凝縮させてますね。真剣に生きてるのがわかるから、後味がいい。役者にも力があるから物語が活きている感じで、見飽きません。こういう日本映画はめったに見られないですね。

    小貧民さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  • 1