ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

二十四の瞳

二十四の瞳
貸出開始日: 2006/06/24 旧作
製作年: 1954年
製作国: 日本
収録時間: 156分
出演者: 高峰秀子 田村高廣 井川邦子 笠智衆 月丘夢路 小林トシ子
監督: 木下惠介
制作: 桑田良太郎
脚本: 木下惠介
原作: 壺井栄
詳細: ----
字幕: ----
音声: モノラル/オリジナル/ドルビーデジタル/日
シリーズ: ----
メーカー: 松竹
ジャンル: ドラマ 戦争 感動
品番: n_617da9936r
平均評価: レビューを見る

名匠・木下惠介監督が、美しい小豆島を舞台に高峰秀子の主演で描いた感動の人間ドラマ。壺井栄の同名児童文学をベースに、作者の出身地でもある小豆島の分教場に赴任してきた女教師と、その12人の教え子たちとの交流を描く。瀬戸内海に浮かぶ小豆島で12人の生徒たちを教えることになった大石先生。しかし、貧しい村の子供たちは希望通りに進学できず、やがて戦争の嵐に飲み込まれていく…。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.29点

総評価数 7(6件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   泣けました

    二十四の瞳の中でも、映画ではこの作品が一番気に入ってます。
    小説や映画で何度も見ましたが、その度に胸にジーンとくるものがあります。
    主題歌の”あおげばとおとし”、今ではほとんどの学校の卒業式で歌われなくなったとか・・・
    なんか寂しいですね

    POPPOさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   大人の責任!

    名匠木下恵介監督が、壺井栄の小説をもとにした日本映画最高傑作ではないでしょうか。しつこいくらいに全編を童謡「七つの子」がシチュエーションごとにアレンジされ表現されています。この変則的に全編を「七つの子」で通していることが作品のテーマだと考えられます。「七つの子」は野口雨情の作品でいくつか解釈があるようですが、子供を思う気持ちはどんなに醜い嫌われ者のカラスでも親が子を思う気持ちはなんらかわりがないという解釈をもとにしていると思われます。輝く無垢な子供たちの瞳を観ていると、この瞳を大切にしなければと訴えかけてきます。1つ1つの出来事が大人の責任を問いかけ、ひいては戦争に対する大人の責任をも問い掛けている見事な反戦映画にもなっています。大石先生が子供を見守るだけしかできない悲観的に思えるシーンでも一緒になって泣いてあげることの大切さが胸をうち涙が止まりません。

    汽車ぽっぽさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   カラー映画で観たかった。

    カラー映画だったら良かったのに。この作品程おもうものはない。強いメッセージが含まれているが、観た者に感じさせても良かったのではないだろうか。
     

    もとはちさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   10回くらい泣きました

    映画は生と死の厳粛な事実を淡々と描いていく。声高に戦争はイヤだと叫ぶことはなくても、壮大な反戦映画として胸を打つのはドラマの力だ。自らの無力に、ただ泣く事しかできない大石先生と一緒に私も、ただただ泣き崩れた。やや長大すぎるきらいはあったが、脚本は緩むことなくグイグイと見る者を引っ張っていく。その年「七人の侍」等の傑作をさしおいて本作がベストワンだったのはよくわかる。戦後復興の途上で、私たちが決して忘れてはならない「いのちをいとおしむ涙」を確認したのだ。どんなに豊かさと繁栄とを手にしても、このことひとつ忘れたら一切が空しいという事を・・。

    葉子姐さん大好きさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   安易な戦争批判ではなく戦争という悲しい事実が伝わってくる

    当時の世相に対して、他の人間に遠慮するわけでも巻き込むわけでもなく素直におかしいと言える態度は立派。
    反戦や命の尊さを訴えるわけでもなく、悲しい事実を受け止めるしかないという姿が無力感として伝わりかえって胸を打つ。
    そして何もしてやれないといって生徒と一緒に泣いていた姿が印象に残る。
    唱歌がくどく感傷的になってしまったのは残念。

    浪人さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   こんなに長い作品だったのか


    小学生の頃、学校で見たようで、学校での
    シーンをうっすら覚えていた。

    やたらと歌がうたわれ、なんか間延びした
    印象。

    感動的ではあるけど、退屈でもあったなあ。

    黒木瞳が主演なんで、リメイク版も借りてみ
    るかあ。こっちは120分だし。

    輪外さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1