ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

喜びも悲しみも幾歳月

喜びも悲しみも幾歳月
貸出開始日: 2006/06/24 旧作
製作年: 1957年
製作国: 日本
収録時間: 160分
出演者: 高峰秀子 有沢正子 中村嘉葎雄 佐田啓二 田村高廣
監督: 木下惠介
制作: ----
脚本: 木下惠介
原作: 木下惠介
詳細: ----
字幕: ----
音声: モノラル/オリジナル/ドルビーデジタル/日
シリーズ: ----
メーカー: 松竹
ジャンル: ドラマ
品番: n_617da9939r
平均評価: レビューを見る

松竹が誇る天才監督・木下惠介監督が、日本縦断ロケを敢行。高峰秀子と佐田啓二の主演により、同名の主題歌と共に大ヒットを記録した名作。灯台守一家の25年にわたる波乱に満ちた生活と愛情を、繊細かつ力強いタッチで描いた壮大なる年代記。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.17点

総評価数 6(6件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   いわゆる名画です

    天才と言われた高峰秀子の演技・佐田啓二もさわやかですばらしい。全国の当時の灯台風景も見事に捉えられ、ストーリーも充実しています。後のリメイクも出るほどですが、まさに一見の価値ありです。

    EF63さんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   画像が綺麗でビックリしました

    子どもの頃に観て感動した記憶があり、レンタルしました。いま観ても十分に面白いですし、古き良き日本を懐かしむ気持ちで一杯になります。画像が綺麗なのにビックリしました。昔の名作がきれいなDVDで出てくるのは中高年にとっては嬉しい限りです。

    白クマさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   NO.77「よ」のつく元気になった邦画

    <元気コメント> 
     時代、生活環境が次々と変化していく中で、互いに支えあってゆく夫婦の姿に、生きていく元気を頂きました。

    せいじゅさんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   古い映画は好きだけど・・・

    木下恵介でいいのは「二十四の瞳」だけ。あとはどうも私には合いません。この映画も若い頃観て、なんだか感情移入できなかった記憶がありました。歳をとった今観ても、さほどの感動がありませんでした。こういう夫婦愛とか苦労話なんて、わざわざ映画で見せてもらわなくてもいいや・・という感じです。

    葉子姐さん大好きさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ラストのシーンにウルウル


    歌はよく知っていたし、カラオケで歌ったことはないけど、
    挑戦すれば多分、外さずに歌えると思う。

    最近、某名作ガイドで50~60年代の名作を見ているけど、
    例えば「二十四の瞳」とか「カルメン故郷に帰る」「ビルマ
    の竪琴」なんかは退屈だった。

    この作品も160分と知って「なんか、長いな」とちょっとビビっ
    たけど、退屈せずに最後まで。字幕がなく音声が低い場
    面では台詞を聞き取れなかったのが残念だったけど、大
    筋はつかめたし。

    何年か前に、最後の有人灯台が閉鎖されたことを、ふと
    思い出した。新バージョンがレンタルで出ていないのが
    ちょっと残念。

    輪外さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   誰もが知らなかった灯台に人生を捧げた人達の物語

    何回見ても感動する映画。木下恵介監督の年代を追って語る
    一組の夫婦の物語。一見さらりと描いているようだが、見終わってみて、人の一生とは、夫婦の愛とは、親子とはという
    永遠のテーマが心にしみわたってくる。監督の実弟木下忠司
    のテーマ曲は、いうまでもなく大ヒットし今でも歌いつがれている。

    菊千代さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  • 1