ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

貸出開始日: 2005/03/29 旧作
製作年: 1999年
製作国: 日本
収録時間: 123分
出演者: 藤山直美 早乙女愛 内田春菊 豊川悦司
監督: 阪本順治
制作: ----
脚本: 宇野イサム
原作: ----
詳細: ----
字幕: ----
音声:
シリーズ: ----
メーカー: 松竹
ジャンル: サスペンス ドラマ ミステリー
品番: n_617da9170
平均評価: レビューを見る

『どついたるねん』など、男くさいドラマを描いてきた阪本順治が、初めて女性を主役に手掛けた人間ドラマ。閉じこもりっきりの正子は、母の葬式の日、日ごろの怒りを爆発させ妹を殺害してしまう。初めて外の世界へ出て逃亡生活が始まる。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.38

総評価数 8(8件のコメント)

1件 (1件)
3件 (3件)
2件 (2件)
2件 (2件)
0件 (0件)

並び替え

  
  • 1
  •   見ごたえはあるが

    閉じこもってた女が、殺人を犯したことで、逃亡生活を送りながら、人間性を回復していくという皮肉な話。
    設定、よくできています。

    主役の藤山直美はビジュアルはキツイが、演技は迫力があってすごかった。
    彼女の「生」への執着は、いま「自殺したい」と悩んでる人に見せてあげたい。

    だけど、好きにはなれないな。
    やっぱり殺人者だから。
    そこまでやってしまった人物には、いくら阪本順治氏の映画でも、もはや感情移入はできなかった。

    サコクさん -DVD/CDレンタル

    3人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   意外に豪華なキャスト

    係わった回りの人間が追い詰められて死んでいくのに、追い詰められているはずの主人公がなにが何でも生きようとする。藤山直美演じる喜劇でした。逃亡生活でいままで知らなかった世界を知り、恋もし、女になり、情けも知る主人公。その過程で見せる「顔」の変遷が見所か。最後の姫島のきつね踊りはちょっと「顔」のこじつけっぽくて、どうかと思いましたけど、いい俳優を豪華に使ってましたね。内田春菊どこで出ていたのかわかんなかった。大楠道代がよかったです。

    トモチャンさん -DVD/CDレンタル

    3人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   顔の変化がすごい

    藤山直美さん好きです。お父さんの寛美さんも好きでしたが、この作品に限って言えばお父さんを超えています。映画もさることながら、特典のメイキングが良かったです。

    epromさん -DVD/CDレンタル

    3人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   面白いというより

    かなりシリアスな笑いをねらっているような気がした。役者がいいから、それなりに仕上がっているけれど、本としてはそれほどでもなかった。

    牛しゃんさん -DVD/CDレンタル

    2人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   しりきれとんぼ

    おもしろく見ていたのに、エンディングが?。ストーリー自体も何らかの形で完結させて欲しかった。

    catgogoさん -DVD/CDレンタル

    2人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   ふてぶてしさと哀愁

    藤山直美さんの演技に惹かれました。
    人間開き直ると人格変わるかも・・。
    皮肉なものでで殺人犯となって
    逃亡生活をしている方が普通に
    生活しているときより生き生きとして
    見えました。

    梅きちさん -DVD/CDレンタル

    2人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   人生の歯車

    震災の陰に、犯罪を隠蔽してしまえば判らないのに、加害者意識が、彼女を追い詰める・・・逃亡生活の彼女の変貌が面白い、どこまで、彼女は落ちるのか・・・?

    54才のおっさんさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   ラストがピシッと締まらなければ、その映画は駄作


    自分の好みの作品だけでなく、名作と評価された(いろいな賞
    の受賞作品だな)作品も少しは見なくちゃ…ということで、そう
    いう作品も見るようにしているけど ― たとえば「嫌われ松子
    の一生」は極めて退屈だったし、それが一度や二度ではない。

    この作品も、そもそも妹を殺害するまでの葛藤のようなものが
    サラッとしか描かれていないので同情の念が湧かないし、逃
    亡生活(?)の緊迫感もないし、一体、この話をどう終わらせる
    のだろうと気になっていたけど ― なんとまあ、間の抜けたエ
    ンドなのか。

    結局、この作品は間の抜けた作品でしかなく、出演者の皆さん、
    お疲れ様 ― でした。こんなのを見てしまった俺も、お疲れ様。

    輪外さん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  • 1