ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

男はつらいよ 奮闘篇

男はつらいよ 奮闘篇
貸出開始日: 2004/11/25 旧作
製作年: 1971年
製作国: 日本
収録時間: 114分
出演者: 渥美清 倍賞千恵子 榊原るみ 森川信
監督: 山田洋次
制作: 斎藤次郎
脚本: 山田洋次 朝間義隆
原作: 山田洋次
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: モノラル/ドルビーデジタル/日
シリーズ: 男はつらいよ
メーカー: 松竹
ジャンル: ドラマ ラブストーリー ホームコメディ 人情
品番: n_617da9507
平均評価: レビューを見る

シリーズ第7作。越後から帰ってきた寅さんは、生みの母・菊が訪ねてきた事を知らされる。再会を拒みつつ、さくらに諭されて涙の親子対面。しかし、結婚話で親子喧嘩になってしまう。その後、旅先の東北地方で出稼ぎに来ている純真な少女・花子と出会う。数日後、柴又に戻った寅さんは、とらやで働いている花子を見て大喜び。そんなある日、花子が寅さんのお嫁さんになりたいと言い出し…。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.33点

総評価数 9(9件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   中原理恵

    ロケ地、北海道、岩手。 この頃タコ社長の娘として美保純が参加、花嫁姿のシーンでは さだまさし の歌声が聞こえてきそう。

    もとはちさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   今度こそ・・・

    今度こそ、一生守っていきたい人を見つけたのに・・・。寅次郎の思いがまっすぐであるほど、また、家族の心配も寅次郎を思えばこそであるからして、結末がやるせない。

    ゆで・たまごさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   渡世人はつらいよ。夜霧よ今夜もありがとう。

    トニー対とら
    男意気ではトニーの勝ち。
    人情ではとらの勝ち。
    風子対寅
    風子にうちゃられて寅の負け、おまけに熊にも負け。

    変身サルトルさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   異色なヒロイン

    花ちゃん(榊原るみ)が登場しても、この子とは別にヒロインが登場するのかと思って見てました。
    それ位、この作品のヒロイン像は他と比べて異色のように思います。
    まずとても若いし、それに彼女が抱えている事情からすると、寅さんはこの子を恋愛対象ではなく保護者としてしか接することができないと思ったからです。
    終盤、田舎から先生(田中邦衛)が迎えに来たときの花ちゃんは、きっと寅さんのことは頭からスポッと抜けていたと思います。
    なんか切ないですが…。

    AVPOさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   夏になったら必ず帰ってくるあの燕さえも

    ふるさと恋しと唄っているのでございます

    7作目。マドンナは榊原るみ、ロケ地は 青森県(弘前市)など

    時代的に「頭が弱い」「頭が薄い」などという、現代では禁止用語がバンバン出てきますが、
    軽蔑的でなく、愛情から言っているのがわかります。

    榊原るみさんは、TVドラマ「気になる嫁さん」(1971~72)で観てました(本作直後の作品)。
    婚約者が事故で亡くなった後も、そのまま彼の実家で暮らし続けるという、子供心にも不思議なドラマでした。

    そのドラマの、「可愛い末っ子の可愛い嫁さん」的な愛らしさと、本作の無垢な可愛らしさは、共通するものがあります。
    清純派を乗り越えられない女優さんだったのかも知れません。
    年をとって大女優になるだけが、いい女優というわけではないと思うし、いい作品を残してくれたので、感謝。

    るる姉さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   寅、クマに襲われ、あわや落命??



    中原理恵というと私なんか「.東京ららばい」
    のイメージが強烈なんだけど、俳優もやって
    いたのか。今は全然、見かけないけど、どこ
    で何をしているのやら。1958年生まれだから、
    まだ存命だと思うけど … 。

    それはさておき、中原理恵のハジケっぷり、見
    事です。初登場のあけみ(美保純)も、明るくて
    いいなあ。

    テキヤ仲間ポンシュウ(関敬六)も、初登場かぁ。

    トニー役の渡瀬恒彦は、なんか半端だったなあ。
    サイド・ストーリーの佐藤B作も。

    シンミリ加減は少ないけど、終わりよければ、す
    べてよし … ですね。

    輪外さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   なんかちょっと、暗い話 …


    マドンナと寅さんの年齢差が23歳もあり、
    (寅、43歳、るみ、20歳)これだけはなれる
    と、ちょっと違和感が … 。

    「知的障害者」という設定もなぁ。

    榊原るみは再婚後、今は海外在住なの
    か。「ひとりね」、借りることにしました。

    輪外さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   榊原さんの奮闘が目立ちます。

    榊原るみさんがかわいいです。
    当時は清純派アイドルだったと思われます。
    でも、内容は花子が知的障害者であるだけに現在ではテレビなどでは放映が難しいのでは。
    榊原さんがこんなに演技が上手だった記憶がありません。
    良い意味でびっくりです。

    変身サルトルさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   北海道出身の

    中原理恵が北海道を舞台に寅さんとの騒動をおこします。ラストの熊の着ぐるみはご愛嬌ですね

    hide、no1さんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1