ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

舟を編む(実写版) (ブルーレイディスク)

舟を編む(実写版) (ブルーレイディスク)
貸出開始日: 2013/11/08 旧作
製作年: 2013年
製作国: 日本
収録時間: 133分
出演者: 松田龍平 宮崎あおい オダギリジョー 黒木華 小林薫 池脇千鶴 加藤剛 鶴見辰吾 八千草薫 渡辺美佐子 伊佐山ひろ子
監督: 石井裕也
制作: ----
脚本: 渡辺謙作
原作: 三浦しをん
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: ステレオ/ドルビーデジタル/視覚障害者対応日本語音声ガイド/DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス) 5.1ch 日/DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス) 2.0ch 日
シリーズ: 舟を編む
メーカー: 松竹
ジャンル: ドラマ Blu-ray(ブルーレイ)
品番: n_617shbr9197r
平均評価: レビューを見る
直木賞作家・三浦しをんのベストセラー小説を映画化!

新しい辞書の編纂という一大事業に取り組むマジメで不器用な青年が、その気の遠くなるような作業の中で、個性豊かな編集部員たちと織り成す人間模様と恋の行方をハートウォーミングに綴った感動ドラマ。

「舟を編む」CDも好評レンタル中!
月額レンタルはこちら
単品レンタルはこちら

「舟を編む」コミックも好評レンタル中!
コミックレンタルはこちら
※こちらはBlu-ray Disc専用ソフトです。対応プレイヤー以外では再生できませんのでご注意ください。

DVD作品はこちら!

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
Blu-ray
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.63

総評価数 8(7件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   船を編む

    はっきり言っておもしろくない。何が言いたくてこんな映画作るのかわからない。日本映画の程度の低さを感じます。日本映画の素材はいつも近所の人とか、学園物とか、この映画も配役にしかお金がかかっていない様に思います。自閉症の様な人間が、適材適所になってたまたまそれに自分が向いていた、それでこつこつ仕事をした。時間が流れて、環境も変わっていった。当たり前のことです。誰でもこんなもんですよ。この映画では辞書ってこんな風に作るんだと、わかっただけで、あと何もおろしろくはないです。

    y_yamaさん -DVD/CDレンタル

    2人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   “仕事”の話

    原作を読んでおらず、予告から変わり者が主人公のコメディかなと思ってレンタルしました。
    もちろん その要素もあるのですが、物語の中心は “仕事” の話でした。

    仕事というと、お金を稼ぐためだけの辛いことを想像する方もおられるかも知れませんが、そうではなく、人が一生を懸けて成し遂げたいことという意味の仕事です。

    色々なタイプの登場人物が出てきますが、色々な立場や方法で自分の仕事を成し遂げようとする姿が素敵でした。
    中でも松本先生のような生き方は、男として憧れます。

    魚太さん -DVD/CDレンタル

    2人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   劇場での感想です。

    辞書作成の現場、言葉の世界を静かに描く。
    宮崎あおい目当てだったので、
    彼女の登場までの期待感は半端なかったが、
    宮崎あおいはもちろん松田龍平の好演が光る。

    sakahokoさん -DVD/CDレンタル

    2人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   なんじゃこりゃ

    だらだら展開しやがって、大変な仕事ってそりゃ辞書作る人でも週刊誌作る人でもそれなりに仕事は大変でしょう。当たり前の作業をさも大変みたいに演出するところとか出会って大したエピソードも無いまま結婚しちゃう主人公とかなんか展開が稚拙です。とどめは上司が死ぬとこで誰か殺しゃ感動するとか思う安っぽさ。これで日本アカデミー賞とかって本当 なんじゃこりゃです。

    jjjさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   いろいろな賞を総なめにした、静かでハートフルな佳作!

    2014年度日本アカデミー賞7部門受賞(作品、監督、脚本、主演男優賞、新人賞・黒木華、他)
    原作は、2012年度本屋大賞を受賞

    普段何気なく使っている言葉って、辞書にすると、確かに大変でしょうね

    言葉の持つ素晴らしさを、実感しました

    松田龍平さん、今、乗りに乗っていますね

    主役の馬締(松田)が、香具矢(宮崎)に、恋を告白するシーンは、なかなかほんのりしていてよかったと思います

    宮崎あおいさんの、物静かで透明感ある演技って、不思議な魅力のある女優さんです

    ポリスマンさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   さすが石井裕也

    「川の底からこんにちは」でその才能に注目していたがさすがである。

    劇場で観なかったことを今更ながら後悔している。

    これ程の作品ならもっと派手に宣伝しても良かったのではないか。

    今年度ナンバー1

    これを観ずして映画を語ることなかれ

    アカデミー賞最有力

    とかなんとか

    どれだけ褒めてもいい作品なんだから。



    馬券師さん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   なかなか良し、しかしながら・・

    本当に久しぶりに松田龍平出演作でまともそうな作品に出会えた。
    龍平とあおいで成り立っている作品ではなく総力戦として作品を作り上げているのが良い。
    観賞後は清々しい気持ちにもなれ、仕事人とはかくあるべし、と思いを新たにも出来るのだが、
    何か、あおいや龍平の関係性が「神様のカルテ」のコピペにしか見えないのが残念。
    情景的にあおいは適役だと思うのだが、技術系の仕事を持ち、旧態依然としたアパートに住み、
    結婚しても配偶者と他人性を失わないヒロイン像って・・。
    別の女優を使った方が「神様・・」との類似性は薄れたかもしれない(それでもキツイけど)。
    という訳で☆一つ減。

    茶子さん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  • 1