ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

飢餓海峡

飢餓海峡
貸出開始日: 2002/04/12 旧作
製作年: 1964年
製作国: 日本
収録時間: 183分
出演者: 三國連太郎 左幸子 伴淳三郎 高倉健
監督: 内田吐夢
制作: 大川博
脚本: 鈴木尚之(鈴木尚也)
原作: 水上勉
詳細: ----
字幕: ----
音声: モノラル/日
シリーズ: ----
メーカー: 東映
ジャンル: サスペンス ミステリー
品番: n_618drtd02101
平均評価: レビューを見る

未だ戦後の混乱が冷め切らぬ頃、台風が津軽海峡を襲い、青函連絡船が沈没。だが収容した死体は乗客名簿より2名多かった。転覆事故のどさくさにまぎれた殺人事件の犯人を、老刑事・弓坂は10年に渡って追い続けていた…。心の中に潜む善と悪を描くサスペンス。

サンプル画像 【この作品のサンプル画像は拡大表示されません】

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。
 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.14点

総評価数 7(7件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   価値ある作品

    水上文学に傑作は数々あれど、個人的にはこの『飢餓海峡』が最高傑作だと思っております。
    あれだけの長編、人間の心理を描いた傑作ですから、映画の内容には読者の意見も分かれることでしょう。
    ただ、主演を始めとする役者陣の息詰まるほどの長台詞の応酬は、原作を読んだとき以上の圧迫感で3時間もの映画から片時も目を離させません。
    興味をお持ちになった方、是非お先に原作をお読みになってから鑑賞されることをお勧め致します。
     蛇足ですが・・。
    この作品を今制作するとしても、このキャスティングに勝る布陣は組めないだろうと感じながら見終わりました。

    kakaoさんのレビュー -動画 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    10人中、10人が参考になったと投票しています。

  •   終戦直後内地との貧富の差の象徴として立ちはだかっていた津軽海峡

    終戦直後の誰もが貧困の時代、幸せを掴もうと津軽海峡を渡った男が結局は飢餓海峡を越えられなかったという悲劇。
    津軽海峡にこんな意味があるとは知らなかったが社会派なテーマがちょっとつらいけど、サスペンス仕立てで3時間が厭きなかった。
    特に左幸子がいい味を出していた。爪に込めた異常な想いが阿部定事件を連想させる。

    浪人さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    9人中、6人が参考になったと投票しています。

  •   何と哀れで、何と悲しい男と女

    刑事役の伴淳三郎が畢生の名演技。内田吐夢監督のすさまじいスパルタ指導があったらしいが、元々コメディアンだったことが信じられないほど役にピッタリはまっていた。高倉健刑事が血気にはやると、藤田進署長が眼光鋭くおしとどめる。そこで伴淳がボソッとつぶやく・・こういう人間像のアンサンブルが絶妙だった。もちろん左幸子も名演。水上勉の原作という強靭な骨格をもっていればこそ、長大なサスペンスが一瞬も緩むことなく一気にラストへなだれ込む。貧困と飢餓の過去が男と女の間を悲劇の海峡となって引き裂いたのだ。見終わった後、とめどもなく涙が流れた。人間は何と哀れで悲しく愚かなものか。むごたらしい犯罪を題材としながら人間を描き切った名作だ。

    葉子姐さん大好きさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   一度は見ておいて損はない作品ですね。

    三國連太郎と伴淳三郎の心理作戦。家庭の状況。そして若かりし頃の高倉健、左幸子など素晴らしい俳優たちの共演で水上勉の原作が映画化されて見られるなんて素敵です。私は一昨年仏が浦と恐山に行ってきましたので、当時の青森の情景が想像されて鬼気迫る思いがしました。

    あすかさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ なげーーし、セリフがよく聞き取れねーし、なんだし。

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    1954年の台風15号による洞爺丸遭難と岩内大火が題材です。
    この時代だということ、あとオープニングの 「W106」 とは
    なんぞや?ということを念頭に置いといてください。
    はい、また来た!三國連太郎と左幸子の共演ものです。
    ド悪党の人殺しだが、どこか憎めない変人の役ときたら、
    やっぱり三國連太郎でしょう、っていう代表作です。
    伴淳さんがイイ味です。なんつってるかわかりにくいけど。
    二等兵や駅前とは違う、なんとも言えぬ哀愁があります。
    最後は伴淳と健さんの面前でスーさんが連絡船からダイブ。
    この作品は面白いです。必見です。

    レビューを表示する

    あっきい。さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   むずかしかったな

    この年代の情緒・・・・
    人間の奥底の心理が事細かく表現されているような・・・

    でも難しかった

    hide、no1さんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   最後がなぁ…


    ネタバレになるので書けないけれど、アレはないでしょ。
    ××する可能性は物凄く高いのに。あの場面を見たとき絶
    句しました。 ヾ( ̄▽ ̄;)

    名作だとは思うけど、もっと短く出来たんじゃないか。3時間
    は家で寛ぎながら、ときには一時停止してトイレに行ったり
    一服したりしても ― 長いよ。

    大盛のご飯だって「過ぎたるは…」だよ。最後のほうは残り
    時間を見ながら「どう、締めくくるのだろう」と心配(?)したけ
    ど、アレはないよ。

    左幸子なんて、子供のころ、中年だった彼女しか知らなかっ
    たけど、結構、美人だったんだな。

    伴淳三郎がいい味を出していたなぁ。

    輪外さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    12人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1