ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

仁義の墓場

仁義の墓場
貸出開始日: 2002/12/06 旧作
製作年: 1975年
製作国: 日本
収録時間: 94分
出演者: 渡哲也 山城新伍 梅宮辰夫 高月忠
監督: 深作欣二
制作: ----
脚本: 鴨井達比古
原作: 藤田五郎
詳細: ----
字幕: ----
音声: モノラル
シリーズ: ----
メーカー: 東映
ジャンル: アクション ドラマ 極道・任侠
品番: n_618drtd02156
平均評価: レビューを見る

昭和21年、新宿。ここではテキ屋系の4大勢力が縄張りを分けっていた。河田組にいた石川力夫は仲間を伴い、「山東会」の賭場を襲い金を奪って逃走した。これをきっかけに石川たちと山東会の抗争が勃発。石川らは山東会をあっさり壊滅させてしまうが…。有名な、妻の遺骨をかじりながら歩くシーンはあまりにも衝撃的。実在の人物をモデルに、渡哲也が狂気と暴力の男を鬼気迫る迫力で演じている。戦後の混乱期に、ヤクザ社会の中でもルールを無視して強烈に生きたひとりの男の物語。

サンプル画像 【この作品のサンプル画像は拡大表示されません】

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。
 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.36点

総評価数 14(13件のコメント)

並び替え

  
  •   実在したキ○ガイ

    ネット上で偶然知った「石川力夫」という実在したヤクザ。身を置いていた極道の世界からもはみ出さずに生きられなかったこの男に対して、何か同情をする事自体、この男の亡霊に取り付かれる事になるのかも知れません。関わってはいけない人間というのは存在するということなのでしょう(笑)ただただ自らの感情の赴くまま生きたこの男はまた、刑務所の壁に書いた辞世の句や、墓に刻んだ文字を目にする我々をあざ笑っているかのようであります。評価はこういうテーマの作品を見事に作り上げた製作者、出演陣へのものです。渡さん凄かった(笑)

    hakabaさんのレビュー -動画 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、5人が参考になったと投票しています。

  •   もうこういう映画は出来ないだろう

    深作監督の知られざる傑作。主人公は破滅型とか、狂気的といわれるが、よく見てもらいたい。いちばん筋が通っているのが主人公その人だということを。日本の「戦後」の虚構こそが、狂気的なのである。明治以降の日本は「近代」と格闘し続け、そして「戦後」という歴史の断絶を生んだ。この映画は、日本の歴史精神を謳いあげた悲痛な慟哭であり、映画界に残る数少ない「文学」である。

    雪月花さんのレビュー -動画 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   終戦後のリアリティー

    終戦後のリアリティーがかえって新鮮。
    第三国人とのせめぎ合いなど最近は映像化できんでしょう。
    しかし、やばいやつ。
    映画としては結構スピード感もあるし、滅びの美学的な。

    おやじじさんのレビュー -動画 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   芹明香&苅谷俊介

    江戸所払いになって大阪の釜ヶ崎にしけ込む渡哲也、
    場末の木賃宿でハメシャブする相手に芹明香登場。
    もう殆ど「?色情めす市場」に出てくる少女娼婦トメそのままで、
    渡哲也をシャブ地獄へと引きずり込む妖艶な悪魔。
    出番は少ないけれどインパクト強し。
    当時19歳の多岐川裕美扮する薄幸の娼婦もいいが、
    日テレ「大都会」シリーズで部下役だった苅谷俊介が殺し屋役で登場し、
    墓場で渡をメッタ斬り。
    でも一番の見所は病み上がりで鬼気迫る熱演だった主役。
    まるで死神。



    redocatさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •  

    岸谷五郎、主演の仁義の墓場は観たのですが、深作監督作品で渡哲也、主演の仁義の墓場は初めて観ました。こちらの映画の方が実話の内容に近い作品になっています。
    また、本当に実在したアウトローで渡哲也がどのように演じつるか気になりましたが、見事に狂ったアウトローを演じて面白かったです。

    ♪アオヤマ☆+さんのレビュー -動画 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   ★知る人ぞ知る傑作!

    実在の人物(信じられないほどの超破滅型人間)の、破滅への道のりを渡哲也が文字通り、鬼気迫る演技で見事に演じている。墓場のシーンの赤い風船が印象的。その他田中邦衛はじめ登場人物全てが素晴らしい!ここまですごい映像・表現・内容は今ではおそらく無理だと思う。まさに深作節炸裂の、知る人ぞ知る強烈な名作です。

    タカシモンズさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    7人中、7人が参考になったと投票しています。

  •   本物のアウトロー

    どうしょうもない人間のろくでなしの話ですが、個人的にすごく好きです。邦衛の演技が最高です。大笑い30年馬鹿騒ぎ、あそこまでできればたいしたモンです。少し憂鬱になりますが。

    mr.pabureさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 渡兄貴の傑作中の傑作!!深作×渡の見事な男の凌ぎ合い!!

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    「仁義なき戦い」の前にこんな「名作」があったとは知りませんでした。以下にこの映画の見どころを記しましょう。
    ●渡哲也の見事な「一匹狼」の中々死なない死にっぷり
    ●梅宮の見事な撃たれっぷり、死に様
    ●脱がない池玲子の撃たれっぷり、死んだ梅宮への寄り添い
    ●ハナ肇の渡への折檻ぶりの本気度
    ●「薬中毒」の田中邦衛の震えっぷり
    ●多岐川の薄幸ぶり、結核による喀血ぶり
    日活アウトロー路線から「仁義なき戦い」へバトンを見事に渡している作品といえる傑作だ。深作邦画の殿堂!!

    レビューを表示する

    ハメハメ大王さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   正直滅入る

    ここまで滅入る映画を始めてみました(笑)
    石川はどこでのし上がっていくのだろう、と思いワクワクしながら見ていたのですが
    落ちる落ちるとことん落ちる。
    でも最後まで見ると石川は自分に対して、すべて筋を通しているのだなと。
    かっこいい漢ですね~・・・

    Ondaさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ アウトロー

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    恐ろしいの一言。まさに伝説ですよ。描ききれない所もあり残念、今井を刺した理由も縄張り問題や、最後は自首してるはずだし。自殺も布団干しに行きの行動で、病魔に相当蝕まれていたはずです。キャストも監督も素晴らしく最近の任侠映画に学んでもらいたい。

    レビューを表示する

    マリアさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。