ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

プライド 運命の瞬間

プライド 運命の瞬間
貸出開始日: 2011/08/05 旧作
製作年: 1998年
製作国: 日本
収録時間: 161分
出演者: 津川雅彦 いしだあゆみ ロニー・コックス スコット・ウィルソン 奥田瑛二
監督: 伊藤俊也
制作: 田中壽一 奈村協 中山正久
脚本: 松田寛夫 伊藤俊也
原作: ----
詳細: ----
字幕: ----
音声: ステレオ/ドルビーデジタル
シリーズ: ----
メーカー: 東映
ジャンル: ドラマ ヒューマンドラマ
品番: n_618drtd03379r
平均評価: レビューを見る

A級戦犯・東條英機の闘いを通して東京裁判の真実を描いたドラマ。戦勝国が一方的に裁く法廷のあり方に疑問を呈する判事の苦悶、東條を支える妻・かつ子の真摯な愛などの描写も交え、歴史を再検証すると共に日本人としての誇りを問いかける。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.9点

総評価数 10(10件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   よくわからない人物

    プライドとは、いまさら中国から撤兵できるかというプライドですかな
    東條さん

    xsdセcさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   見る価値あり。

    平和に対する罪などという罪はない。原爆投下を指示した者は英雄か。東条英機を擁護はしないが、東京裁判の欺瞞は明らかだ。米軍のオスプレイが飛んだらこの世の終りのように騒ぐのに、北朝鮮のミサイルには反応をしないような立場なら、わからないだろう。見る価値のある映画だね。

    主水さんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   日本人なら必見の映画です

    ほぼ、実話に基づく映画です。東條英機首相が、東京裁判を通じて、日本には戦争責任などないことを明らかにしていきます。日本人なら見ておくべき映画です。やっと、DVDになりますね。

    moviemaniaさんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    15人中、14人が参考になったと投票しています。

  •   悔しい

    日本人なら1度は観るべき作品ではないでしょうか。

    子孫のために散っていった英霊を少しでも理解できると思います。

    Kouichiさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    8人中、7人が参考になったと投票しています。

  •   津川雅彦渾身の作

    実話に基づいたストーリーも良いですが、津川雅彦の鬼気迫る演技に注目です。
    人間としての弱さ、優しさ、そして強さ。
    死ぬことが決まっているのに3年間もの間、圧倒的な威厳で戦い続ける東条に連合国軍検察側がびびりだすくだりは溜飲が下ります。

    長い映画ですが、できればパール判事とインドのことももっと見たかったです。

    ウタダさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    7人中、6人が参考になったと投票しています。

  •   すべての人に見て欲しい映画

    タイタニックが興行成績一位を記録していた頃、この映画は二位。つまり邦画では一位だったにもかかわらず、マスコミが全く話題にしなかった、しようとしなかった映画です。ほぼ事実に基づく、ハリウッドと違ってプロパガンダ無しの日本の真実がここにあります。日本人に目覚めてもらうキッカケになればいいのですが…

    まみむめもーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、5人が参考になったと投票しています。

  •   普通にドラマとしても素晴らしい

    政治的なメッセージとしても、意味のあるものだとは思いますが、それ以上に、ドラマとしても見ごたえがある。これは、本当によく作ったなと思いました。

    13年ぶりに見てみたけど、やっぱりいい。

    IEEE80211Gさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、5人が参考になったと投票しています。

  •   仇討みたいな裁判だよね

    津川雅彦が東條英樹と酷似。遠目のショットは、まるでニュース映画のようなリアルさだ。内容は被害者が加害者を裁くという戦争裁判の非合理を問題提起したもの。こういう視点の作品があってもいいと思うが、検察側のキ―ナン判事とウエッブ裁判長がしょっちゅう会って酒を飲んだり相談したりで、あんなことが本当にあったのだろうかと不思議に思う。キ―ナンは全くの悪役で、よくもまああんな役を引き受けたものだと感心した。アメリカ人が見たら国辱映画だといきり立つだろう。出演者では、いしだあゆみは庶民的すぎて軍人の妻らしくないし、奥田や村田の弁護士は何だか頼りなさ過ぎる・・というようなつっこみどころはあるが、重厚な人間ドラマとして見ごたえはある。大島ミチルのシンフォニックな音楽はいつもながら堂々たる風格をもって響く。

    葉子姐さん大好きさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   自分には合わない

    とても映画として楽しめる内容ではありませんでした。

    普通にドキュメントを見たほうがいいんじゃないでしょうか。

    GINTAさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   フォーカスが鈍い

    映画として、ドキュメントとしても、主張があいまいである。パール判事視点での、東京裁判の不当性、連合国軍の主張の偽善性、欧米の植民地政策に対抗する大東亜共栄圏の主張など、いずれも中途半端に描写しているため、主人公の東條首相はじめ、不名誉な戦犯として扱われら経緯が不明瞭。
    東条英機の生涯とした方が、時代の流れの中から、東京裁判を描けたのではないだろうか?
    その後の世界の流れを見れば、英米が本当の敵を見誤っていたことは確かなのですから。
    東京裁判で世界には平和は訪れなかった。むしろ、世界は混迷を深めた。アジアでその後20年で続発した内戦の嵐は、東京裁判が見当違いであったことを示している。
    戦争は血の流れる外交、外交とは血の流れない戦争、というが、日本は欧米の植民地主義を模倣し、外交で敗れた。

    ainanoさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1