ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

聯合艦隊司令長官 山本五十六-太平洋戦争70年目の真実-

聯合艦隊司令長官 山本五十六-太平洋戦争70年目の真実-
貸出開始日: 2012/07/13 旧作
製作年: 2011年
製作国: 日本
収録時間: 140分
出演者: 役所広司 椎名桔平 柳葉敏郎 阿部寛 玉木宏 原田美枝子 袴田吉彦 香川照之 中村育二 柄本明 伊武雅刀 田中麗奈 益岡徹 吉田栄作 宮本信子 坂東三津五郎(十代目) 中原丈雄 瀬戸朝香 五十嵐隼士
監督: 成島出
制作: 小滝祥平
脚本: 長谷川康夫 飯田健三郎
原作: 半藤一利
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: ステレオ/ドルビーデジタル 5.1ch
シリーズ: ----
メーカー: 東映
ジャンル: ドラマ 戦争
品番: n_618drzd03515r
平均評価: レビューを見る

命を賭して開戦に反対しながらも、真珠湾攻撃の指揮を執ることになった聯合艦隊司令長官・山本五十六の実像に迫る、役所広司主演の戦争ドラマ。昭和14年、夏。‘日独伊三国軍事同盟’締結の声が強まる世論に対して、山本五十六は異を唱えるが…。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.53点

総評価数 19(19件のコメント)

並び替え

  
  •   山本五十六礼賛映画にすぎない

    山本五十六を調べると映画の内容とは裏腹に、その指揮官としての能力を疑わざるを得ない。
    航空機の重要性を説きながらミッドウェー海戦時、大和を機動航空部隊の前方に位置せず、
    あろうことか後方540キロに配置した事実がすべてを物語っているのではないだろうか。
    臆病者と言われても仕方ない行動である。
    その辺りご都合よくカットされている。
    この映画の一番の見どころは、日本を戦争に煽動した新聞社の果たした役割のひどさでは
    ないでしょうか。
    この映画だけでは真実は何も見えてこない。

    ディープスリーパーさんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    48人中、41人が参考になったと投票しています。

  •   期待したほどでは

    結論から言えば悪くはない
    ただ140分間に色々詰め込み過ぎてストーリーが雑です
    真珠湾、ミッドウェイ、長官機撃墜、の3部作ぐらいで
    作らないと満足いく内容にはならないでしょう
    戦闘シーンのCGも迫力に欠けています

    俺ユウタロスさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    34人中、33人が参考になったと投票しています。

  •   好戦映画と思いきや

    東映といえば近年『男たちのヤマト』で戦闘シーンを徹底的に描き、
    戦争の残虐性や理不尽さを浮き彫りにするレトリック的な内容が印象にあり、
    本作も同じ手法で好戦的な映画と思いきや・・・
    良い意味で裏切られた。

    それにしても何故今、山本五十六なのか。
    当時の日本は今の日本と同じく就職難や不況に喘ぎ、
    閉塞的な状況を打破したいと思った末の、太平洋戦争突入という最悪なシナリオとなってしまったわけであるが、
    その事実を抑制を効かせた演出で淡々と描くことによって二度と同じ悲劇を繰り返さなあいよう訴えかけてくる。

    それにしても役所広司の演技のふり幅の広さには本当に驚かされる。
    シャブ中のヤクザから真面目で気弱なサラリーマンまでもうなんでもありで(笑)今回の山本五十六の人間的な葛藤も完璧に演じている。

    iceman NYさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    36人中、32人が参考になったと投票しています。

  •   第二次世界大戦と山本五十六を知る歴史の戦争映画

    なぜ日本は第二次世界大戦に突入していったか、歴史の勉強にはいい映画かもしれません

    この映画は東映が作っていますが、一時期の東宝の戦争シリーズのような匂いがして、東宝の戦争シリーズが好きな人にもお薦め

    山本五十六には、昭和の坂本龍馬になってもらいたかった

    そうすれば、バカげた戦争の悲劇は起こらなかったかもしれない

    ポリスマンさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    44人中、26人が参考になったと投票しています。

  •   素晴らしい役者陣を揃えたのに残念。

    大河内傳次郎さんの「太平洋の鷲」、三船敏郎さんの「連合艦隊司令長官 山本五十六」を観ましたので、ストーリーは予想がつきました。
    大俳優の前2作があるだけに、何か今作に向ける創意工夫があるだろうと期待して観ました。
    が、残念、、。戦闘シーンも迫力を欠き、当時の戦争と報道のありかたを問いただけの様な進行にがっかりしました。
    若手・中堅を含め、素晴らしい俳優陣をそろえたのに全くといって良いほど生かされていません。
    それでも役所さんの演技で、葛藤や追い詰められる心理は表現されていますが、実際にはもっともっと壮絶なものであっただろうと思います。
    それに少しでも近づける様に表現して欲しかった。

    ベンリーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    21人中、19人が参考になったと投票しています。

  •   さすが成島出

    もはや巨匠の域に達した感のある成島監督。
    これ程素晴らしい戦争映画にはそうそうお目にかかれない。
    この国を滅ぼした最大の戦犯がマスコミであることを正確に描いている。
    消費増税、原発推進が正しいと国民を洗脳し再びこの国を滅ぼそうとしているマスコミの危険性を知るために全国民必見の作品である。

    馬券師さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    19人中、17人が参考になったと投票しています。

  •   なんじゃこりゃ

    だらだらと流れて映画としては最低じゃないですか。
    見所は柳葉敏郎演ずる井上成美だけ。「うわ、本物の井上成美だ」と思いましたもん。一般に伝えられている井上像を見事にトレースしている。
    本物に見えたのはこの人と、堀禎吉を演じた三津五郎さんだけだった。
    それにしてもこの監督は仕事してるのか? 役所さんをはじめとして、演技上手な役者さんたちに頼ってるだけにしか見えない。
    だから若手の演技がひどい。監督が的確な演出をしていないからだ。できないからだ。戦争という極限状態に必死で生きる人間たちを描くには、あまりにも薄っぺらい死生観しかもたないからだ。
    原作者はこの方面の第一人者であるが、山本五十六が徹頭徹尾美化されたこの映画をどう評価なさるのだろう?
    この人は山本五十六を(少なくともこの映画に描かれている期間の山本を)それほど評価なさってはいないはずなのだが。



    開映5分前さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    16人中、15人が参考になったと投票しています。

  •   やや謎(^^;

    史実どおり、山本五十六は好戦派では無かったから
    これで良かったと思う。役所広司の出来栄えが良く
    演技力の広さも加わって男前に見えた。
    南雲中将(役者の名を知らないが)が五十六に泣いて
    詫びる場面には同情した。物語に何ら新しい場面は無
    いので太平洋戦争70年目の真実と銘打つほどではない。
    山本五十六にしろ南雲中将にしろやや優柔不断に描か
    れているところが謎(^^;

    Commandさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    16人中、14人が参考になったと投票しています。

  •   久しぶりにヒット!

     出演者の顔触れも凄まじいが、それ以上に皆様の演技力に唸りました。昔の日本人、大和魂、日本人の心はこうであったと思います。昔の家庭のよい所もとてもほのぼのと拝見できました。それにしてもこの作品をみてつくづく、私達はこの時代から本当に進歩しているのか疑問に思われてなりません。戦争で身近な人の死と常に向き合う家族、どこの家庭にも神棚があり、神仏を敬い、戦争に出征している主人、息子達の無事を祈り、国家を賭して、国民が一丸となって戦いました。本作品は若者へ語り継ぐ為の感動巨編です。これを見てあなたはどう生きますか?

    マシオカさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    16人中、13人が参考になったと投票しています。

  •   役所広司

    重責を担うが肝の座った男を演じさせれば役所広司はピカイチ。
    いい俳優だと思う。
    それに続く存在感を見せるのはアベちゃん。
    副題で「太平洋戦争」と表現している点が残念。

    sakahokoさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    15人中、13人が参考になったと投票しています。