ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

あなたへ (ブルーレイディスク)

あなたへ (ブルーレイディスク)
貸出開始日: 2013/03/08 旧作
製作年: 2012年
製作国: 日本
収録時間: 111分
出演者: 高倉健 田中裕子 浅野忠信 大滝秀治 余貴美子 草なぎ剛 長塚京三 佐藤浩市 綾瀬はるか ビートたけし 原田美枝子 三浦貴大
監督: 降旗康男
制作: 佐藤善宏 進藤淳一 小久保利己 前田光治
脚本: 青島武
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: ステレオ/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/ドルビーTrueHD
シリーズ: ----
メーカー: 東宝
ジャンル: ドラマ ヒューマンドラマ Blu-ray(ブルーレイ)
品番: n_620tbr23055ra
平均評価: レビューを見る
高倉健、6年ぶり通算205本目の映画主演作!

北陸のある刑務所の指導技官・倉島英二のもとに、ある日、亡き妻・洋子が残した2枚の絵手紙が届く。そこには、1羽のスズメの絵とともに‘故郷の海を訪れ、散骨して欲しい’との想いが記されていた。そして、もう1枚は、洋子の故郷・長崎県平戸市の郵便局への‘局留め郵便’だった。その受け取り期限まで、あと10日。刑務所に歌手として慰問にきていた洋子とは穏やかで幸せな夫婦生活を営んでいた。長く連れ添った妻とはお互いを理解し合えていたと思っていたのだが、妻はなぜ生前その想いを伝えてくれなかったのか…。

※こちらはBlu-ray Disc専用ソフトです。対応プレイヤー以外では再生できませんのでご注意ください。

DVD作品はこちら!

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
Blu-ray
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.33

総評価数 3(3件のコメント)

1件 (1件)
1件 (1件)
0件 (0件)
0件 (0件)
1件 (1件)

並び替え

  
  • 1
  •   あなたへ伝えたい、「久しぶりに、いい映画ば見た」

    この作品は、高倉健にとって6年ぶりの映画

    そして、名脇役大滝秀治にとっては遺作であり、本作で日本アカデミー助演男優賞を受賞した

    愛する人を失った時は悲しいものである

    亡き妻は、高倉健に1200キロ離れた長崎に来てもらい、伝えられないメッセージを伝えたかったのではないだろうか

    劇中のいたるところに、監督と脚本家の宝のような言葉や演出が散りばめられているので、よく観ていてほしい

    特に波の荒いことで知られる長崎県平戸市薄香港の沖合いで、大滝秀治が言う「久しぶりにきれいな海ば見た」というセリフには、制作陣が伝えたい、いろいろな思いが凝縮されている

    あなたは、あなたの大切な想い、大切な人へ届いていますか?

    ポリスマンさん -DVD/CDレンタル

    3人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   やっぱダメだな

    人が言うほど良いのかなこれ。先ず「自分」って今時そんな表現方法ないでしょ。高倉って何を演じても同じ人だよね。
    こう書くと非難されそうだけど、あくまで個人的な感想ですからね。
    奥さん死んで旅に出るってのは無理ないけど、ビートたけしの演技、臭いね。別の役者使った方が現実味が出たね。
    散骨だけど、だいたいお骨ってあんなに粉々にはなってないよ。どんだけ骨壺の中でグシャグシャに突いたんだって。
    治療で骨がもろくなってたって前提だろうけど、それでもあそこまで粉々ってことはないね。それに炭化した骨はあんなに角丸くないし真っ白ってこともない。現実感なし。
    目指してる港町の問題のある人間に旅先でばったり会うって何?しかも佐藤の年齢と奥さんの年齢が何か見た目相応しくない。というか失踪して流れ者の佐藤が髪形もビシっと決めてさ、あんな小ざっぱりしてる?
    というわけで評価は上がりません。

    茶子さん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   いぶし銀の演技

    観て良かったの一言.”夜叉”で共演していた俳優陣,スタッフがこの映画で再会を果たし,クレジットに大好きなシールマンスの名前を見つけたときにも,ああやっぱりと思った.
    この映画の良さは,やはり脚本にある.そして登場人物みなが,それぞれの人生の問題を抱えて生きてきたことが鮮明に映し出されている.何気ない日常,人生であるかもしれないが,そこにはずっしりと重い1つの道があった.こうしたポートレートを切り取って見せてくれた降旗監督の技量も大いに評価したい.

    Ilkkaさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  • 1