ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

四十七人の刺客

四十七人の刺客
貸出開始日: 2005/01/21 旧作
製作年: 1994年
製作国: 日本
収録時間: 129分
出演者: 高倉健 宮沢りえ 岩城滉一 中井貴一
監督: 市川崑
制作: 高井英幸 稲見宗孝 萩原敏雄
脚本: 竹山洋 池上金男 市川崑
原作: 池宮彰一郎
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: オリジナル/ドルビーサラウンド/ドルビーデジタル/日
シリーズ: ----
メーカー: 東宝
ジャンル: ドラマ 人情 時代劇 日本アカデミー賞
品番: n_620tdv15087r
平均評価: レビューを見る

正義か悪か、大事件の真実ここにあり。「忠臣蔵」の定説を覆し事件の真相に迫る衝撃作!名匠・市川崑が、高倉健・宮沢りえ・中井貴一ら豪華キャストで描く本格派時代劇!!

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.43点

総評価数 7(7件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   ようですよ

    中井貴一の策士ぶりもいい感じ。心理戦の読みあいがなかなか見ごたえありです。健さんと宮沢りえちゃんの関係には無理があったかも?

    hide、no1さんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販) 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   忠臣蔵物では秀作

    原作自体が、今までの忠臣蔵とは違う解釈をしているので、ストーリーはしっかりしていると思う。中井貴一との心理戦など中盤までは面白いが、討ち入り場面が今ひとつの感だったのが残念。ただ、最期の吉良に対する大石の一言は新鮮だった。

    厳窟王さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   迫力に欠けるかな~

    せっかく良い役者さんを集めているのに、いまいち迫力に欠けますね。惜しい作品です。

    バイオレットスカイさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   映画をはなれ

    俺の母、郷里があっち(吉良)。あまり忠臣蔵知らないそうで、映画は掛からなかったそうだ。俺の仲人は母の同級生で実家は“吉良様の泥人形"製作している。町並みは海辺で案外昔の面影を残しています。

    もとはちさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   原作は面白いと評判だが未読。

    高倉健=大石内蔵助の剛刀一閃、吉良上野介が血飛沫をあげて…と、忠臣蔵だか任侠映画だか分からない討入りクライマックス。大石役もさまざまな俳優が演じてきたが、健さんの内蔵助は時代劇史上最大の珍配役。年齢的にも最高齢だろうに、そのくせ冒頭から黒木瞳と風呂場でイチャツクのが許せない(笑)。
    吉良家が要塞化して敵を待ち受けていたそうだが、映像として明瞭でないし、要塞化のおかげで攻撃側がいかに苦労したかも描けてない。新解釈に期待した分、失望も大きかった失敗作。そもそも市川崑に「忠臣蔵」を撮らせたのが最大の失敗だったろう。だが他に適任者がいるかと言えば…誰も思い浮かばぬ日本映画界。

    狂志郎さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 市川監督に免じて★2

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    原作にあった「吉良邸をいかに攻略するか」という重要点が、映画ではあまり伝わってこず、どうにも、まさに討ち入りの場面での迫力に欠ける。
    また多少は群像劇たらんとして個々の人物のエピソードも挿入されているが、中途半端で物足りないし、(いい役者を揃えているにしては)個々の役者も役に馴染んでいない。
    要するにどっちつかずの映画になってしまっており、まさにその象徴が「軽」の存在であり、映画全体から明らかに浮いている。
    まったく原作に忠実である必要はもちろんないが、原作が人間ドラマというよりは知力や心理戦に重きを置いていたという根本の部分は尊重して欲しかった。

    レビューを表示する

    くままつさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   ラスト・シーンにしびれた


    実際の大石内蔵助は44歳没で、94年では高倉健、63歳だから、
    他の方もご指摘の通り、辛いなぁ。見ていても違和感があったし、
    ― そんな健さんの愛妾(?)が94年で21歳の宮沢りえで、ぶっ
    飛んだよ。せめて黒木瞳か清水美砂ぐらいじゃないと(二人とも
    美人だし)。 今の時代なら淫行条例違反だぞ。ヾ( ̄▽ ̄;)

    「日本映画誕生100周年記念作品」として東宝の威信を賭けた
    作品」とかで、確かに凄いキャストだね。しかしまあ、制作費を
    上回る興行収入を上げたのだろうか。

    瞳の大きな浅丘ルリ子は、時代劇に合わないなぁ。

    テンポもよく ― ラスト・シーンの宮沢りえには、しびれました。

    輪外さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1