ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

ゴジラ

貸出開始日: 2004/07/09 旧作
製作年: 1954年
製作国: 日本
収録時間: 97分
出演者: 志村喬 河内桃子 平田昭彦 鈴木豊明 岡部正 馬野都留子 村上冬樹 山本廉 宝田明 堺左千夫
監督: 本多猪四郎
制作: 田中友幸
脚本: 村田武雄 本多猪四郎
原作: 香山滋
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: モノラル/ドルビーデジタル/日
シリーズ: ゴジラ
メーカー: 東宝
ジャンル: アクション SF 怪獣 劇場公開
品番: n_620tdv2872r
平均評価: レビューを見る

日本に突如、巨大生物・ゴジラが出現する。破壊の限りを尽くすゴジラに対して、日本政府は対ゴジラ兵器として、核兵器をも上回る威力を持つ兵器「オキシゲン・デストロイヤー」を開発した芹沢博士に協力を依頼する。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.42点

総評価数 12(12件のコメント)

並び替え

  
  •   一番最初の作品です。

    当時の衝撃は凄かったと思います。
    もしかしたら本当にこのような化け物を人類は作り出してしまうのではないか、その危険性を示していた映画でもある。

    ryuitiさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   凄い

    特殊監督と監督の絶妙なコラボレーションの素晴らしさCD合成一辺倒の現在作品が闊歩する中、原点の素晴らしさに感激

    ノブ太さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   怪獣物の傑作

    ゴジラが主役と言うよりは、その周りの人間ドラマで、当時の戦後間もない時代背景を如実に描いています。反戦・反核、今の時代を考える意味でも家族で見てみるのも良いのではないかと思います。

    ぼよよん大王さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   本当に怖いゴジラはこの作品だけ

    ゴジラ第1作は、実に怖いゴジラが描かれている。これ以後のゴジラは「アイドル化」したが、この作品のゴジラはリアルで怖い。結局大人も楽しめるゴジラ作品はこれが一番。

    ホイホイさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   怖い怖い

    満足に歩けない頃見たのがいけなかった。いまだにゴジラの恐怖が払拭できないのでありますよ。まだ家の周囲は空襲の瓦礫の方が遙かに多かったです。白黒映画のほうが恐怖を感じる研究なんてあるでしょうか ?

    もとはちさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   (-.-)y- ゜゜゜

    全体的にダークな色合いだなぁ~
    画面が真っ暗でナニがナンだか分からない場面も多々あって…
    と思ったら我が家のテレビの問題でした
    画面の光度調整にお気をつけください(^^)〃

    しんのすけさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   特撮映画というより淡い表現の河内桃子を想う平田昭彦が切なかった

    特撮の模型っぽさがチャチだけど手作り感があって楽しい。
    街を逃げ惑う人々が被災したり東京タワーから人が落ちたりと人間の被害を細かく映した悲惨さの演出は、その後の派手さ追及の特撮物とは一味違ってるのはさすが初代。
    志村喬が唯一ゴジラを庇うが理由が研究素材ってのが惜しい、ゴジラも人間の身勝手な行為の被害者だとしてほしかった。

    浪人さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ゴジラは日本が誇るスター

    公開当時はゲテモノ扱いされ殆ど評価されなかったのが信じられない。しかしゴジラ程、人類を破滅しかねない核兵器の恐怖を具現化したモンスターは他にいない。やはりゴジラは被爆国日本でなければ生まれなかった怪獣だ
    先日、音楽を担当した伊福部昭さんが亡くなった。
    これで本多、円谷両監督をはじめとする当時のスタッフの殆どがいなくなってしまったのではないだろうか?

    ジェームズ・ボンドさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   原初にして究極

    ゴジラに対する興味はそれほどだったが、AVGN動画や新作のアメリカで受容などで関心が増して原点を知ろうと勉強のつもりで視聴するも、あっという間に虜に。一言でいうなら今作は後の怪獣映画とは明らかに一線を画す映画である。ゴジラの恐怖、終末観、打ちひしがれる人々、苦悩する芹沢博士、三角関係と真剣な要素が隙間なく満ちている。最後に死に行くゴジラの叫び、共に消える芹沢博士の姿を見て、生まれおちてしまった物の悲しさが胸を打つ。ジャンル映画でなく、これは日本の国宝級の傑作だ。

    take888さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   『怪獣』のすべてはここから始まった!

    映画始めから、船が次々と沈没させられ、被害が増え始める細かいリアルな
    描写が非常に重要。
    河内桃子は、高名な学者令嬢、清楚なお嬢様であるだけでなく、
    芹沢博士の研究の秘密を明かしてしまう=芹沢を死に追い込むきっかけを
    作ってしまったという後悔の念と、それでも多くの人命が失われ、小さい子ら
    が目の前で泣き叫ぶ惨状を、黙って見ていることはできない真っ直ぐな心を
    率直に好演。
    そして、志村喬は、山根博士を、水爆の洗礼をもっても生き残る生命力、
    自分が恐竜の生き残りを殺すきっかけとなってしまった憤りと、
    芹沢博士に対して同じ科学者として同情する複雑な心境を静かに的確に
    演じている。
    日本沈没を発見してしまった田所博士を思い起こさせる。
    国会での議員たちの論争に嫌気を差す学者の一面も見せる。

    人間関係とか、新吉が大戸島から上京してきて、学校のこととか。
    ゴジラを見て「チキショーチキショー」を連呼する新吉。
    被害者たちも細かく真正面から描いている本多監督の真摯な演出が重要。

    ゴジラが尻尾を跳ね上げて海中に没する場面が上手い。

    意外と特撮シーンが少なかったり、東京上陸シーンも結構つながりが弱かったり、
    カットに無駄が無いともいえる
    ゴジラに襲われる恐怖が描かれている。
    ゴジラの直接的な破壊だけでなく、その後の火災で東京一帯が全焼してしまう
    廃墟と化した帝都東京。
    ゴジラは水爆実験で住処を追われ、島に上がり、東京を歩き回る。

    「度重なる水爆実験」それから60年。今だに核も核実験も無くなっていない。
    最後の一匹とは思えない。」とはオキシジェンデストロイヤーのような兵器も
    水爆もまた一つではない。

    ラスト、芹沢の心境を想い、泣ける。

    さて、2016年公開が発表された新作和製「ゴジラ」は、
    きっと、着ぐるみとCGを合わせた娯楽作となるのでしょうね。

    レジェンダリーゴジラ、第1作目、昭和、平成を超えるゴジラ、
    いや映画作品を本当に作る気があるならば、
    照れや、冷やかしや、内輪受け、マニア受け、子供受けも超えた
    すさまじい暴走するようなパワーと、真剣な恐怖と、各界の
    クレームを決して恐れない骨太な批判精神が必要です。
    東宝で大作として製作し、ファミリーな楽しさが求められている
    限り、第1作を超える映画は作られないだろう。

    itoya009さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。