ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

戦場のアリア

戦場のアリア
貸出開始日: 2006/11/02 旧作
製作年: 2005年
製作国: フランス/ドイツ/イギリス
収録時間: 115分
出演者: ダイアン・クルーガー ゲイリー・ルイス ベンノ・フユルマン ダニエル・ブリュール ギョーム・カネ
監督: クリスチャン・カリオン
制作: クリストフ・ロシニョン
脚本: クリスチャン・カリオン
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: オリジナル/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/英/仏/ドイツ語
シリーズ: ----
メーカー: 角川映画
ジャンル: ドラマ 戦争 実話 感動 ヒューマンドラマ
品番: n_623dabr0324r
平均評価: レビューを見る
実話に基づく感動のクリスマス・ストーリー!

第一次大戦下のクリスマス・イヴ。熾烈を極める戦況の中、誰もがクリスマスだけは家族のもとへ帰りたいと願っていた。聖なるその日、フランス北部の村で銃声が止んだ―。これは互いに敵対する者たちがクリスマス・キャロルの歌声をきっかけに、戦闘の最前線で歩み寄り挨拶をし、フランスのシャンパンで乾杯したという本当の物語。今も語り継がれる戦場の軌跡を忠実に映画化した作品。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4

総評価数 16(16件のコメント)

5件 (5件)
7件 (7件)
3件 (3件)
1件 (1件)
0件 (0件)

並び替え

  
  •   うーん

    いい話だけど、少し中だるみした。将校を含める兵士たちは立派だった。見て損はないので良かったとは思うけど。

    repinさん -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   戦争の中・・・

    初め見ていたとき2カ国が戦争したと思ってたけどなんか変だなーとずっと思ってて途中で3カ国なんだと分かりました。自分は戦争を体験したことがないので死ぬという恐怖がどんなものか分らないけど彼らはその中で・・・

    皆家族があって戦争なんかしたくない人々がほとんどですよね 戦地に出ていないのに上に文句ばっかり言われたり・・あんたらがやれば?と思って来ました。彼らのその後が気になります・・

    ひとつ思ったのはこの映画のキーとなる歌ですがどうみてもクチパクですよね??つーか絶対!それが・・感動する場面で感情移入が出来なかったので残念でした・・そこはこだわってほしかったです

    ナイトメアさん -DVD/CDレンタル

    2人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   題名とは大違いのレベルの中身

    とても戦場の聖なるアリアなどと言う題名のレベルの話ではない。「その日、フランス北部の村で銃声が止んだ―。これは互いに敵対する者たちがクリスマス・キャロルの歌声をきっかけに」というDVD屋の説明だが、そんなレベルの高い話ではない。反ドイツ戦争で戦士達の音楽がキッカケで休戦、そこに恋の逃避行中で身勝手な声楽家男女が来て歌を歌っただけ。戦場の兵士たちの敵も労わる暖かい心情の話。単なる戦争物語。

    ZARDさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   主役は誰??

    映画の見せ場が中盤くらいにあるので、全体的にしりすぼみな印象を受けました。
    しかも最後にコレ!という結末もない地味な映画。

    でもなんだかいいです。戦争に対するひとりひとりが抱える思いを知ることができます。
    でも、どこがどこの国の兵士なのかを見分けるのにちょっと時間がかかりました笑
    それと歌うシーンが口パクって分かってしまうのはちょっと残念でした。。。

    お~ちんさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   平和という名の優しい讃歌

    このような事実が歴史上に存在したとは、残念ながら知らなかった。映画を観て尚いっそう思った。人は争い事は好きでもなく、無論、嫌いでもない。でも、好んで争う、傷つけあい、やり返し、殺しあう。何時になったら争いの連鎖は無くなるのだろか。だけども、この映画では、互いに敵である者同士がその手に持つ銃を置き、手と手を握り、酒を喰らい、言葉という壁は多少あるが必死でお互い理解し合おうとする、互いに肩を組み歌を歌い涙する。クリスマスの日にできた奇跡かもしれない。
    だけれども、人間だからこそ起こせた奇跡だと思う。
    みなさんもこれを観て、そして、感じてほしい。
    素晴しい!俺は涙した。

    キラ・ヤマトさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   これが実話だから

    最後に良かったなぁと思えます。映画と
    しては、はじめの方でイヴの日が出てくる
    ので、話が単調な感じもします。はじめの
    方で出てくる登場人物の顔をしっかり覚えて
    ないと、話が途中でこんがらがってきます。

    kojikojiさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   戦争反対

    兵士たちはみんな立派。オペラ歌手夫婦はちょっと身勝手だけど芸術家だから仕方ない?歌はナタリーデッセイとロランドヴィラゾンの吹き替えで超一級。アヴェマリアはこの映画のための書き下ろしだそうですが、どうせデッセイが歌うのだったらもっと難しい曲にしてくれれば良かったのに。

    しゅうママさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   良い映画には違いないけどソプラノの意味は??

    実話とは言っても,実話を元にした創作で、ソプラノ歌手が前線にいるなどはちょっとやり過ぎで無理があると思う。

    ちょっと中だるみ気味で、正直に言えば途中で失敗したかな?と思ったが、最後まで見た感想としては、良い映画。見てよかった。

    ヨーロッパの戦争というのは、敵も味方も同じ神に祈りながら戦うんという日本人の感覚からは違和感のある戦いですが、この辺の表現が面白いです。

    主役なしにというのは暴論だとは思いますが、これ、ダイアン・クルーガーさんに関わる部分の多くがストーリー上矛盾しており、肝心の歌のシーンでも口パクっぽさが印象に残った。この人抜きで、もっと脇役級のキャラを掘り下げたらもっと面白い映画になったと思う。

    煮干醤油さん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   静かな夜に見たい映画

    戦場の最前線にいる彼らには家族や恋人がいて、誰も望んで戦場になんて立っていなかったんだというところがとても切なかった。
    やられるからやり返していただけなんだな。
    言葉は通じないけど、音楽は世界共通なんですね。
    アナが主人公なのかと思っていたけど、中尉など兵士たちみんなが主人公になっている映画でした。

    acoruさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   史実。

    泣いた。
    某ブッシュに「黙って、いいから観て見なさい」と薦めたい映画。
    そんなに戦争がしたいなら、計画立案者が一番先に最前線に立つべきだ。

    ラクロさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい