ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

キャロル

キャロル
貸出開始日: 2016/08/26 旧作
製作年: 2015年
製作国: アメリカ
収録時間: 118分
出演者: ケイト・ブランシェット ルーニー・マーラ カイル・チャンドラー ジェイク・レイシー サラ・ポールソン
監督: トッド・ヘインズ
制作: ----
脚本: フィリス・ナジー
原作: パトリシア・ハイスミス
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: オリジナル/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/2chサラウンド/英
シリーズ: ----
メーカー: KADOKAWA / 角川書店
ジャンル: サンプル動画 ドラマ
品番: n_623dabr5010r
平均評価: レビューを見る

1952年、ニューヨーク。高級百貨店でアルバイトをするテレーズは、クリスマスで賑わう売り場で、そのひとを見た。鮮やかな金髪、艶めいた赤い唇、真っ白な肌。ゆったりした毛皮のコート。そのひともすぐにテレーズを見た。彼女の名はキャロル。このうえなく美しいそのひとにテレーズは憧れた。しかし、美しさに隠されたキャロルの本当の姿とは…。不幸な結婚、偽りの人生、何より大切な娘を夫に奪われようとしていた。それを知ったとき、テレーズの憧れは思いもよらなかった感情へと変わってゆく…。

サンプル画像 【この作品のサンプル画像は拡大表示されません】

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。
 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 2.5点

総評価数 2(2件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   理解出来なかった・・・

    結論から言うと、非常につまらない作品だった。女性目線からの高感度票が多いようだが、異性の自分からすると、全然感情移入出来ず。扱っているテーマをよく理解しないで借りた自分が悪かったのだが、「ケイト」見たさに盲目になった自分の愚かさよ。同性愛が苦手だし、女性の喫煙シーンも苦手。ストーリーも平々凡々でダラダラ感。最後のオチも意味不明で理解出来ず。男性が見ても楽しめない作品だと思う。

    otokonoko1さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   エヴァ・ガードナー&オードリー・ヘップバーン

    アイゼンハワー大統領就任時(1952年)のクリスマス時期に、
    ニューヨークを舞台にした女同士の恋愛模様を描いた作品で、
    セット・衣装・調度品・ヘアスタイル・車・音楽など、
    綿密な時代考証から往時の情景を忠実に復元したその映像がまず見所。
    またこの時代に撮影された映画の色調(アグファ?)に合わせてあり、
    まるで1950年代のハリウッドのクラシック映画を見ているようです。
    それからメインキャストの二人は往時のスターに寄せた感があり、
    ケイト・ブランシェットはエヴァ・ガードナーかローレン・バコール、
    ルーニー・マーラはオードリー・ヘップバーンに似ています。
    つまりこの映画は、50年代の煌くようなゴージャスハリウッドの映像の中に、
    タブーであるレズビアンの世界を描いたお話で、その差異がちょっと面白い作品。
    「めぐりあう時間たち」に登場する、
    ジュリアン・ムーアのエピソードとちょっと似ています。
    ルーニー・マーラも「噂の二人」の時のヘップバーンに似ているので、
    あの映画もレズビアンの話でしたしね。
    原作のP・ハイスミスは「太陽がいっぱい」で知られていますが、
    「リプリー」でも描かれたいたように同性愛の話ですので、
    このキャロルはハイスミス自身なのでしょうね。
    当時は戦後の反動化がありまだ封建的な価値観が強い頃で、
    (共和党が約20年ぶりに復権しマッカーシーの赤狩りがあった)
    女性が家庭に縛られて自由が束縛された時代ですし、
    所詮は夫の飾り物としてしか見られないという、
    女性にとって閉塞的な時代を送る人妻キャロルと、
    男性に頼らず自己表現の手段として写真で身を立てて行こうとする、
    来るべき新しい時代の女性像のテレーズ。
    この二人の女性の対比も映画の見所でしょう。
    女性たちが煙草をバカバカ吸ってるシーンは、
    同時期を舞台にした男達の「グッドナイト&グッドラック」も彷彿。

    redocatさんのレビュー -動画

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1