ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

ラブリーボーン (ブルーレイディスク)

ラブリーボーン (ブルーレイディスク)
貸出開始日: 2010/07/02 旧作
製作年: 2009年
製作国: アメリカ/イギリス/ニュージーランド
収録時間: 135分
出演者: マーク・ウォールバーグ スタンリー・トゥッチ スーザン・サランドン シアーシャ・ローナン マイケル・インペリオリ レイチェル・ワイズ
監督: ピーター・ジャクソン
制作: ピーター・ジャクソン キャロリン・カニンガム フラン・ウォルシュ エイミー・ペイロネット
脚本: ピーター・ジャクソン フィリッパ・ボウエン フラン・ウォルシュ
原作: アリス・シーボルト
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/英語字幕
音声: ステレオ/オリジナル/ドルビーデジタル/日本語吹替/英 5.1ch DTS HD マスター・オーディオ
シリーズ: ----
メーカー: 角川映画
ジャンル: ドラマ ファンタジー 感動 Blu-ray(ブルーレイ)
品番: n_623dwxr10180r
平均評価: レビューを見る
死してなお見守る少女と、残された家族たちのドラマ

優しい両親とかわいい妹弟に囲まれ、楽しく幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン。初恋の予感に胸をときめかせていたある冬の日、彼女は近所の男に殺されてしまう。最初は自分が死んだことにも気づかなかったスージーだが、やがて天国の入り口に辿り着く。そんな中、犯人は警察の捜査を切り抜け、平然と日常生活を送っている。やがて、父親は残された家族を顧みず犯人探しに妄執し、自責の念に苛まれていた母親は、ついに家を出てしまう。バラバラになっていく家族を、ただ見守ることしかできないスージーだったが…。

※こちらはBlu-ray Disc専用ソフトです。対応プレイヤー以外では再生できませんのでご注意ください。

DVD作品はこちら!

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
Blu-ray
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 2.17点

総評価数 6(5件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   はいわかりました

    はい、わたしも途中で観るのやめました。
    非常におっしゃりたいことわかります。
    なんなんだろこれ??

    とりさんとりさんさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   最低

    途中で観るのを止めた映画は何本かあるけど、再後まで観た映画の中では最低の出来でした。
    観れば分かってもらえると思います。

    pinkさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   感想を書くのが難しい。

    私がこれを書く時点で前に3人の方が全員1点を付けています。それも理解しつつ、、、、。社会派の映画なんだと思います。出てくる大人は今考えるとみんなダメダメなんでしょうね。主人公の女の子の美しさが良いです。あえてファンタジー映画みたいな映像にしている部分もこれはこれでありと思いました。ただ万人にお薦めできる映画ではありません。

    maioさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   確かに最低!

    結局のところ、魂どうのこうのは別にすると誰一人幸福にならず、しかも特筆すべき何かがあるというわけでもなく、
    どういう宗教観なのか、殺された女の子達も幸せそうな表情してるという・・・。

    はっきり言って、宗教感が同じアメリカ人が観ても最低の部類に入るんじゃなかろうか?

    これは観なくて正解です。

    茶子さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   よく理解できました。

    人生に完璧な幸せはなく、不幸のどん底に落ちるのは一瞬であることなど考えさせられました。ラストのほうで、「私は私のいない世界を受け入れるようになりました」という台詞は自分の死を静かな心で受けとめたということで、家族・知人がそこそこ幸福に歩み始めているところは大きな癒しで作品の後味が良さにつながっている。

    tmaxさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  • 1