ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

名前のない女たち

名前のない女たち
貸出開始日: 2011/02/04 旧作
製作年: 2010年
製作国: 日本
収録時間: 105分
出演者: 安井紀絵 新井浩文 鳥肌実 渡辺真起子 草野イニ 鎌田奈津美 佐久間麻由 河合龍之介 木口亜矢
監督: 佐藤寿保
制作: 日下部圭子 原田学 日下部孝一 藤岡修 小林良二
脚本: 西田直子
原作: 中村淳彦
詳細: ----
字幕: ----
音声: ステレオ/ドルビーデジタル/日
シリーズ: ----
メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
ジャンル: ドキュメンタリー R-15 バイオレンス
品番: n_62780drj30261r
平均評価: レビューを見る

生きてるふり、やめた。平凡なOLからAV女優へ。普通の女の子たちの赤裸々な物語。渋谷の路上でスカウトマンに誘われてAV女優となった地味なOL・純子。コスプレ女優ルルとして人気を得たことで自分が変身できると知った彼女は、居場所を見つけたと感じる。そして撮影現場で知り合った同じ事務所の先輩女優でヤンキーあがりの綾乃と心を開きあえる仲となった。だが、ある日、1人のAV女優が自殺した。人気がなくなれば使い捨てられる企画女優の残酷な現実は、ルルにも降りかかる。彼女がようやく手に入れた居場所は、果たして本物なのか―。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 2.5点

総評価数 6(6件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   ネタバレ ・・・

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    主演の娘、新人だったんですね。なんかぎこちない演技だなとは思ったんですが。
    鳥肌実の強欲な社長いいですね。ずいぶん太ったので当初だれかわかりませんでしたが。
    ネタバレになるかもしれませんが、最後の撮影現場でのスプラッタな感じは必要だったのでしょうか? 疑問です。

    レビューを表示する

    ちゃぼ123さんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    18人中、16人が参考になったと投票しています。

  •   原作とはまったく別物の、結構シュール(?)な作品 …


    AVファンなので、関連図書、ボチボチ読んでいて、
    原作も読んでいるど、登場人物は20人。映画では
    二人だけで、ほとんどオリジナル脚本だな。

    私としては原作にあった「暗い部分」をdocumentary
    風味で描いてほしかったかな。

    「名前さえ紹介されず、1本10万円のギャラでAVビデ
    オに出演する彼女たちが、常時1000人は業界にいる
    という 」とのことだけど、大半はこの作品で描かれた
    二人とは違って(?)、軽いノリなんだろうな。

    私は結構、興味深く鑑賞したけど、AVファンでもない
    限り、そんなに面白くは、ないのではないか。AVファ
    ンでも、「なに、これ!」という感じかな。

    主演・助演の二人の女優、よかったです。エンドロール
    の俳優紹介の最後が、新井浩文と渡辺真起子というの
    も、低予算(?)で作られたのがわかります。

    輪外さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    11人中、8人が参考になったと投票しています。

  •   時間の無駄

    ただひたすらつまらない。別にavが見たいわけじゃなかったけどつまらなすぎてレビューを書く気になった。

    GORIさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 予想と全然違う

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    もっと暗くて、ドロドロしていて不幸な感じのノンフィクション作品を想像していました。

    一番見たかった主人公達の不幸な生い立ち部分の紹介は少ないです。

    AV男優を普通の俳優が演じているため演技的にも雰囲気的にも不自然です。

    サブヒロインがボコボコにやられた後の妊婦姿は空想でしょうか?

    主人公のファンがナイフをもって暴れまわるシーンは刺される人たちの演技(リアクション)がコントみたいで思わず笑ってしまいました。

    終盤は幻想的なシーンが多く、本当に予想外(悪い意味で)、期待はずれでした。

    あと各レビューで主人公(安井紀絵)が好演していると書かれてますが自分はそうだとは思いませんでした。いかにも新人チックです。

    レビューを表示する

    カスタマーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   覚悟が足りない人、足りてる人

    建設会社で働く地味なOL「純子(安井紀絵)」は、ある日、渋谷の路上でAVのスカウトを受ける。平凡な毎日を変えたい一心で撮影に参加した彼女は、「桜沢ルル」という芸名を与えられ、人知れずAVデビューを飾る。一方、事務所の先輩女優「栗原綾乃(佐久間麻由)」は、最初こそ、「覚悟が足りない」ルルに冷たく当たっていたが、次第に、ひたむきな彼女と真正面から向き合うようになる。その後、一人の熱狂的なファンによって、AV出演が明るみに出ると、会社をクビになったルルは、よりハードな路線(陵辱モノ)へと転向を決意する。本編では「腹をくくってやれ!」と叱責する役目の麻由嬢であるが、実際のAV撮影シーン(濡れ場)は、ヒロイン役の紀絵嬢に、ほぼすべて「丸投げ」した形となっている。とにかく、主演女優としての「職務」を全うした安井紀絵の頑張りが光る一本。

    絶対零度さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   サイテーな脚本。頑張っている演出。

    原案となった本は未読ですが。
    500人以上の企画AV女優へのインタビュー集のエッセンスを取り出して映画化、
    とあったのでかなり期待して観ました。
    でも、どうしようもなくステレオタイプで薄っぺらい脚本に辟易しました。
    人気女優はむやみに我侭を連発して現場を混乱させる。
    事務所社長は典型的な堕落コースで女優を使い捨て。
    だめだめな男に見切りをつけられない女優。
    どれもが表層的な状況や行動しか描かれず、その深層にある心理や葛藤が
    全く描かれていませんでした。脚本には。
    書店に入って石を投げると、当たるくらいありきたりのオンパレード。
    だから女優が自殺するところも全然感情移入出来ない。
    そのダメな脚本を、何とか見栄えだけでもましにしようと頑張っている演出。
    基本的にたかがAV、されどAVだと思ってますから、
    様々な人生模様が描出されているであろう原案本に、
    もっと敬意を表したらどうなんですかね。

    ぷらむさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、1人が参考になったと投票しています。

  • 1