ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

バイバイ、ママ

バイバイ、ママ
貸出開始日: 2006/08/25 旧作
製作年: 2004年
製作国: アメリカ
収録時間: 86分
出演者: キーラ・セジウィック サンドラ・ブロック ケヴィン・ベーコン マット・ディロン
監督: ケヴィン・ベーコン
制作: アヴィ・ラーナー キラ・セジウィック ケヴィン・ベーコン ダニエル・ビジェル マイケル・メイラー
脚本: ハンナ・シェイクスピア
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/日本語吹替用字幕
音声: ステレオ/オリジナル/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/日/英
シリーズ: ----
メーカー: アートポート
ジャンル: ドラマ R-15 感動
品番: n_630apd1139r
平均評価: レビューを見る
シングルマザーの狂気と暴走を描いた衝撃作!

『ミスティック・リバー』、『アポロ13』の個性派俳優ケヴィン・ベーコンが映画初監督に挑んだ異色ドラマ。息子を溺愛するあまり暴走してしまうシングルマザーと、外の世界に目を向け始めた息子との葛藤を綴った作品。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3

総評価数 5(5件のコメント)

0件 (0件)
2件 (2件)
1件 (1件)
2件 (2件)
0件 (0件)

並び替え

  
  • 1
  •   与えるだけの愛情なんていらない

     嫌だよこんなお母さん…。暑苦しい。子供の逃げ場が無いじゃありませんか。与えるだけが愛情じゃありません。

     僕は子供の頃に家族で遊園地に行っても母親から「チビタは何がしたいの?」と聞かれても「帰りたい…」という様な子供だったのでこんなお母さんは勘弁です。

    チビタさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   母親業は難しい

    息子に依存しているシングルマザーのお話。
    怖いよ。

    とにかく、息子が大好きで、自分と息子以外誰も受け入れようとしない母親。
    学齢期になっても、もちろん小学校には行かせない。
    「息子は特別な子。特別な才能がある。学校になんか行って、普通の子になったら困る」
    と、独自の思想(思い込み)を持っている。
    邪魔者はとにかく排除しようとする。

    確かに、気味が悪くて怖いママなんだけど、
    普通の母親は、こんなに子供といる事を楽しむ事は出来ないと思う。
    乳幼児の頃だったら、こういう母親って理想ではないだろうかと思ってしまった。

    子供が自立を始めるとこういう人はヤバイママ一直線なんだよなぁ。難しいなあ。

    uminさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   感動はしません

    12・10・2才の子持ちです。

    我が子に執着する母親の話なんですが、前半は普通に良い母親。

    幼少時代、夫婦愛が強すぎて自分に無関心。
    (ですが作中そう思えない。ただ両親仲良し。ベーコンも娘褒めてたり、ちゃんと子供の発表会を鑑賞してたりと普通に良い両親じゃないの?と)

    だから、夫はいらないから子供だけを愛したい。

    「ん~と、あんたワガママ?」

    こんな母親、今なら普通にいますよ?
    種別が違くても、旦那粗末にして子供に執着。
    「モンスター」って言われてません?

    最後「無理心中」がなければ、この日本にも普通にいる母親の作品。

    ベーコンファミリーだけが納得してる作品。

    もっと異常な執着ぶりを見せてくれたら面白かったと思う。

    「可愛い子には旅させろ。」
    と突っ込んで終わった作品でした。





    翼愛さん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   愛情って難しいなぁ。。。

    子供って可愛いよね~
    ものすごく溺愛しちゃうのもわかるけど…
    それが良いのか悪いのか…答えなんてないものだよね。
    凄く幻想的で明るい可愛いらしいお母さん。
    我が子に淋しい思いをさせたくないと、外部との接触をたっての教育。
    過去に孤独や絶望があったからこその愛情。
    我が子は「特別な子」…誰にだってそういう思いはあると思う。
    外の世界に行きたがる子供を素直に受け入れられるか。
    親離れできるのは子供が先か、親が先か。
    お母さんは切なさはあるだろうし、ちょっと淋しくて怖いんだろうな。
    お母さんの気持ちがすごくよく判って…とにかく切ない。
    もう、どうしていいか判らないんだよね、愛情って。
    一生かかっても解決なんてできない問題だよね、特に今の社会じゃ。
    子供はちゃんと親を見てて…
    そして自分が親になった時に影響されるんだなぁ~。
    全体的に綺麗な感じで、キャストもみんな好きなので素敵な映画でした。

    ジェラールさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   逆?

    監督のケヴィン・ベーコン好きです♪
    この作品で母親は「自分の子は普通の子と違う」と思い込んでるけど、現代の日本では我が子が「普通と違う子」じゃないのを恐れている母親が多い。。。
    先生の、「一人一人が特別です」といぅ言葉が凄く頭に残りました。
    私には子供はいませんが、今までに飼った全ての動物に対して同じような感情(「この子は特別に可愛い」や「他の子とは違う」)を思っているので、
    少なからず気持ちは解ります。
    自分に子供が出来たら、この主人公みたぃになりそぅだ・・・今から不安(-_-;)

    emiry♪(* ̄- ̄)さん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  • 1