お知らせ クーポン ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

検屍官

貸出開始日: 2005/06/03 旧作
製作年: 2004年
製作国: ドイツ
収録時間: 92分
出演者: カリン・ギゲリッヒ ベティーナ・ジマーマン フレデリック・ワグナー ティム・ワイルド
監督: マーカス・ブラウティガム
制作: ハイケ・ウィールティム
脚本: ダグラス・ワイズマン
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: オリジナル/ドルビーデジタル/ドイツ語/日本語吹替
シリーズ: ----
メーカー: ニューセレクト
ジャンル: サスペンス ドラマ ミステリー サイコ・スリラー
品番: n_632nstd0142r
平均評価: レビューを見る

性転換し、女になった息子と肉体関係を持つ父親。売春、同性愛、近親相姦…。登場人物の全てが心に暗い秘密を持ち、やがて事件の真相と衝撃のクライマックスが明らかになる!

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 2.4

総評価数 5(5件のコメント)

0件 (0件)
0件 (0件)
3件 (3件)
1件 (1件)
1件 (1件)
  
  • 1
  •   一応事件解決ハッピーエンド?

    このヘレン検屍官ちょっと好きじゃないかも…
    浮気はしてるし、自分勝手な別れ方だし、
    禁煙のステッカーの脇でプカプカ吸い始めるし
    コピー機の上に荷物おきっぱなしにするし
    そうとう無神経な人間みたい
    本屋で荷物を平置きの本の上に平気で荷物置く無神経さと通じる
    結婚を申し込まれた女性刑事が社内で抱き合ってくるくる回ってるのにみんな無視
    アメリカだったらみんな寄ってきて拍手だろっっ(笑)
    ドイツだから?
    このシーンの意味がよくわかんない、必要???

    ししさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   どうしたいの?っていう感じが・・・

    懲りない不倫妻に、はじめは戻ってきてほしいと思っていた夫も、がまんの限界がきて家を出る決心をしたら、行かないでとつなぎとめる妻・・・みたいな、三文芝居に妻の仕事である検死官としての話がなんとなくからんでるみたいな、つまんない作品でした。

    carsさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   おしい!

    B級サスペンスとしては、かなり興味をそそる設定なのですが、いかんせん設定の面白さをいかしきれてないです。
    割と普通に展開していき、割と普通のエンディングを迎えます。もうひとひねりしてほしかった。

    のらきちさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   死体解剖シーンはなかなかグロく良く出来ている秀作です。

    出演陣があまりオーラを感じさせず「魅力」は感じないが、ハリウッド的に「軽さ」や「ノリ」的なものが少なく、妙な「リアル感」を感じる。
    ドイツ制作のお国柄か、被害者や関係者に「アブノーマル」な要素がある。
    これは「そのまま」ドイツ国内で「ある」ことなんだろう。
    静かにその「問題点」に「葛藤」し、しかし「理解」しようとしている視点を感じる。

    事件そのものは「大量殺人」といった感じではなく、「地味」さは感じるが、刑事組織、検死官が見た感じた「ある事件」といった感じで、秀作といったところ。
    事件そのものとは別に主人公の「家庭問題」も描かれるが、それは主人公に「深み」を持たせる意味合いだと思うが、それほど「生きて」いないと思う。
    ラストでは事件が「解決」した後の「エピローグ」部分が「長く」、ちょっと「まとまり」が悪いのが気になった。

    シュレディンガーさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   ニューセレクト社が輸入してるから

    やばいかなと思ったのですが普通のサスペンスでした。ストーリー自体はまあまなのですがあの検死官の私生活をあれほど詳細に描く必要があったのでしょうかね。あのだらしなさのせいで本来の話に没頭できないし感情移入もできませんでした。「検屍官」にしたのはコーンウェルの検死官シリーズと混同させないためですかね?

    ひろむしさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  • 1