ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

アフガン零年

アフガン零年
貸出開始日: 2004/11/26 旧作
製作年: 2003年
製作国: アフガン
収録時間: 82分
出演者: マリナ・ゴルバハーリ ゾベイダ・サハール ハミダ・レファー モハマド・アリフ・ヘラーティ
監督: セディク・バルマク
制作: ----
脚本: セディク・バルマク
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: モノラル/オリジナル/ドルビーデジタル/ダリー語
シリーズ: ----
メーカー: アムモ
ジャンル: ドラマ 戦争 シリアス ヒューマンドラマ
品番: n_728uld202
平均評価: レビューを見る

タリバンが支配するカブールの町。仕事を求める女性たちのデモが放水により蹴散らされる。逃げまどう人々の中に、偶然紛れ込んでしまった少女とその母親がいた。少女は母と祖母との3人暮らし。家族の男はみな戦争で死んだ。女性だけの外出や就労が禁じられた社会では、女だけの一家は飢えるしかない。少女は髪の毛を切り、少年と偽って働きに出る。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.33点

総評価数 6(6件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   悲しすぎる少女の運命

    やむなく少年のフリをしなければならなかった少女のお話。結末は悲しすぎる。命を奪われなくても彼女のような境遇はそれに等しいくらいの屈辱だろう。しばらく彼女の見に起きた不幸について考えずにはいられない。

    ぼんごれびあんこさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   リアルで美しい

    アフガニスタンに起きた不幸を一人の少女を通して描かれていて、壮絶ですがとてもきれいです。
    主人公の少女に救いはあるのか、と最後までハラハラしながら見ました。
    個人的にラストは残念でしたが、監督インタビューを見て納得しました。
    見てよかったと思える映画です。

    ジャネイロさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   さっぱり意味わからん

    見終わった後に怒りがこみ上げてくる映画です。
    非常に悪い!!「俺の時間を返せ。!!」

    冗長に時間が経過し、盛り上がりのない物でした。一体主題はどこにあるのか?全くの疑問です。

    政治的な背景があるにせよ、多少は解説的なモノを入れないと一般的な日本人にはさっぱりわかりません。

    久々の駄作でした。
    評価が良かったので借りたのが誤りでした。たった2人の評価でしたね。多くの人が高い評価を得た作品を借りるべきですね。

    miyu777さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   国の違いが…

    生まれる所が違えば未だに、女は道具扱いされる場所がまだ存在するという内容でした。
    イスラム文化圏内の映画にしては、良い出来だと思います。

    ピカチュウさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   アフガニスタンでのいくつかの事実をモデルにした映画。

    イスラム教の偏狭的な教えを国民に押し付けるタリバンの強健的な表現は、見る者が誰もが「ムカつく」ことは請け合い。
    特に女性は「憤り」を感じるのではないだろうか。

    全編に渡り「絶望」しかなく、「救い」はない。
    なので見終わって「楽しい」気持ちになることはないだろう。
    だが、監督主観の「偏向」はあるにしても、アフガニスタンでのタリバン政権化での「真実」を元にしているとは思う。
    「女の働く自由」「勉強する自由」などは無く、「女は男の所有物」という考えはイスラム教(実はキリスト教にも)存在して、作中のタリバン政権ほどではなくともイスラム圏には「そういった」日本人から見れば「差別」とも思える状況が「ある」というのを知らしめるには強烈なメッセージにはなっている。

    監督はアフガニスタンのことを世界の人に「知ってもらいたい」という想いがあるとのことで、本作はそれには「十分」だろう。

    シュレディンガーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   宗教改革は自分達の手で。

    少年の涙で光る目に、彼女の未来が見えたんでしょう。
    寂しい後姿は、自分の非力を責めているようで、彼がどうなるのか心配です。
    切ないとか悲劇とかではなく、個人の尊厳の破綻を訴えたかったんではないでしょうか。
    この映画が今のアフガニスタンを表しているなら、タリバン相手に戦っている先進諸国の兵士は、疑問を抑えるすべがあるのでしょうか。
    何のためにこんな不毛の地で戦っているのか。
    何を守るんでしょうか。
    貧弱な耕地で岩盤が広がる台地。理解出来ない文化に縛られている人間達。
    この土地で同胞が血を流すことに意義を見つけられるのでしょうか。
    監督には、申し訳ないと思いますが、結局民族の改革は、自分達でしなければ意味が無い。
    同胞の血で洗う以外改革なんか到底出来ない。

    白髪のおっさんさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1