ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

ル・アーヴルの靴みがき

ル・アーヴルの靴みがき
貸出開始日: 2013/01/16 旧作
製作年: 2011年
製作国: フィンランド/フランス/ドイツ
収録時間: 93分
出演者: アンドレ・ウィルム カティ・オウティネン ブロンダン・ミゲル ゴック・ユン・グエン エリナ・サロ イヴリヌ・ディディ ジャン=ピエール・ダルッサン
監督: アキ・カウリスマキ
制作: アキ・カウリスマキ
脚本: アキ・カウリスマキ
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/日本語吹替用字幕
音声: ステレオ/オリジナル/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/仏/日本語吹替
シリーズ: ----
メーカー: キングレコード
ジャンル: ドラマ 人情
品番: n_653kibr1343r
平均評価: レビューを見る

『街のあかり』以来5年ぶりとなるアキ・カウリスマキ監督作。ル・アーヴルの駅前で靴磨きをしている初老の男と行き場のない孤独な少年が出会い、市井の人々の人間模様を繊細に描く。ひとりの少年との出会いがマルセルの人生にさざ波を起こし…。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4点

総評価数 5(5件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   フランス文化は移民の文化

    北仏ノルマンディーの古い港町でホームレスをしていたオッサンが、
    ポーランド移民の女性に助けられ介抱されて一緒に生活することになり、
    ベトナム移民の同僚と協力して日銭を稼ぎ、
    糟糠の妻と慎ましく穏やかな日々を暮らしているというのが話のベース。
    日本で言うと東京の下町界隈の人情喜劇みたいな面があり、
    ちょっと「寅さん」シリーズに近いところもある。
    問題になっている中東やアフリカ諸国からの移民難民問題を描いているが、
    そもそもフランスは宗主国としてアフリカの旧植民地から大量に労働力として人員を入れており、
    フランス代表のサッカー選手は大半がそちら。
    大昔のフォンティーヌやチガナにアルジェリア移民出のジダンとか。
    また芸能界も移民だらけで、
    イタリアのイヴ・モンタンにブルガリアのシルヴィ・ヴァルタンや、
    モロッコのジャン・レノにロシア移民出ユダヤ人のセルジュ・ゲンスブール、
    映画監督のクロード・ルルーシュもアルジェリア移民出。
    ちなみにセルジュ・ゲンスブールのパートナーのジェーン・バーキンはイギリス人。
    ピカソやストラヴィンスキーにル・コルビジェと、
    他国人がフランスに拠点を移して活躍するのは、
    それだけ寛容な土壌があるからではないのかな?

    redocatさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   情けは人の為ならず

    フランスで撮ってもカウリスマキはカウリスマキ。
    哀愁をおびた古めかしいロックと、犬。
    表情で語らせるいつもの間と画質。
    出来過ぎだけど、かくあるべき人の生き方をいつもの調子で描いている。
    この監督にはハマります。

    ryojiさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   ますます磨きがかかるカウリスマキ

    世の中の片隅で静かに生きる人たちと、そこで起こる小さな出来事

    不器用な間と優しい言い回し

    犬と音楽とカフカの短編と、、、

    どんな俳優が演じてもやはりカウリスマキ

    労働者3部作、敗者3部作に続き、港町3部作を期待せずにはいられない

    こんな時代だからこそ必要な映画なんだと強く思う

    anagogagogoさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   港の風景、フランス語の響き

    淡々として、途中で眠くもなったりしたけど、
    音楽、風景や色彩、人々の個性が心を捉える。
    これはおとぎ話なのだなあ、と思ったけれど、
    それでもいいんじゃないかと思えた。
    気持ちにしっくりくる懐かしさがあった。
    ずっと覚えているであろう映画。

    今、計算ナシで自分の思いを貫く生き方を、放棄したり忘れたりしている人は多いように思う。
    安倍政権の安保法案が通れば自分達は自動的に戦争に行くことになるような事を主張して反対していた人々がいたけれど、その前にまず、どんな状況下であっても、「国は守るけれど、戦争には行かない」と主張し行動する自我を育てる国にしていかなくてはいけないんだなと強く感じた事を思い出した。

    りぃー子さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ なんだこれ…

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    不法入国の少年を助ける人情モノ?
    遅々として話が進まず、最後に唐突に死の淵にあった妻の病気が全快って?
    なんだこれ。意味がわからない。

    レビューを表示する

    foreplayさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1