ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

レッド・リーコン1942 ナチス侵攻阻止作戦

レッド・リーコン1942 ナチス侵攻阻止作戦
貸出開始日: 2016/10/05 旧作
製作年: 2015年
製作国: ロシア
収録時間: 112分
出演者: ピョートル・フョードロフ アナスタシア・ミクルチナ イフゲニア・マラコーヴァ クリスティナ・アスムス ソフィア・レべデヴァ アーニャ・クズネツォヴァ
監督: レナ・ダヴェルヤーロフ
制作: ----
脚本: アーヨム・ヴィトキン ユーリー・コロコフ レナ・ダヴェルヤーロフ
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/日本語吹替用字幕
音声: オリジナル/ドルビーデジタル/ロシア語/日本語吹替/ドルビーステレオ
シリーズ: ----
メーカー: シネマファスト
ジャンル: サンプル動画 アクション
品番: n_715cftd456r
平均評価: レビューを見る

1942年5月、第二次大戦下のロシア戦線。ソ連領内のほぼ全土でナチス・ドイツの猛攻を受ける中、唯一前線から離れた地帯があった。ウラル山脈麓の、深い森林に守られたこの地帯の守備隊を率いるヴァスコフ曹長のもとに新たな兵士たちが配属する。酒も女もやらない真面目な兵士というヴァスコフの希望で、女性砲兵部隊の兵士たちが集められたのだ。女性兵士たちは新兵ではあったが、家族や恋人をナチスに殺され、敵への激しい憎悪から高い戦闘意欲を持っていた。ある時、ドイツ軍の偵察機が上空を飛行しているのを発見し、対空砲で撃ち落とすが、その後、森の中で数名の敵兵士が目撃される。ヴァスコフは敵兵の確認のため、女性兵士5名からなる偵察部隊を編成し、森の中へ入っていく。しかし、それはナチス侵攻の始まりに過ぎなかった。ナチス・ドイツは、シベリア鉄道の要衝であるこの地を攻略するべく、親衛隊最強の精鋭部隊を偵察に送り込んでいたのだ。敵軍のあまりの強大さにおののくヴァスコフと女性兵士たちであったが、ナチス・ドイツ侵攻阻止のため、戦い抜くことを決意する。

サンプル画像 【この作品のサンプル画像は拡大表示されません】

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。
 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.75点

総評価数 4(3件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   ちょっと変わった戦記映画の良作です

    ロシアンスナイパーが記憶に残る傑作と思ったので、本作の女性兵士が戦う作品という一面が興味をそそらせ、借りてみました。大作映画ではありませんので戦闘場面の迫力はそれほどではないです。それでも戦闘機や戦車はCGではなく実物を使用していますので十分実感を味わえます。うら若い女性兵士たちのそれぞれの背景事情も丁寧に描写していて、単なる戦記映画に収まり切れない、重厚なドラマになっています。3倍の敵を相手に戦う凄惨な戦闘場面になる前に、こういう戦記映画にありえない、ほのぼのでムフフなサービスカットがあります。

    maru9958さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   逆転版コンバット

    戦争スペクタクルものを期待すると、がっかりします。戦車も戦闘機もほぼ出てきません。というか、邦題のセンスなさすぎでしょ。だけど、いい作品です。
    国・性別などが全て逆転した「コンバット」といった感じです。曹長がサンダース軍曹に見えてきます。昔、「コンバット」が好きだった人は、ぜひ見てください。

    くろたま君さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 変化球のロシア戦争映画

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    女性砲兵部隊のお話。目移りしちゃうほど美人揃いの女優さんたちにウキウキしてもうた。
    各人の傷ついた過去も手際よく挟まれていてキャラクターに深みを持たせてます。
    それゆえ後半の戦闘シーンや成り行きに手に汗握ってしまいました。
    ちょっと変化球のロシア戦争映画ですが良作です。
    気に入ったのでいろいろ調べたら過去と現在をモノクロとカラーで表現したソ連映画(1972年)のリメイクでした。3時間弱の大作。そっちも観たい。

    それと本国公開版は長いのか?テレビ用に再編集した別バージョンか?あるいは元々テレビミニシリーズなのか?
    ちょっと分かりませんが以下存在するシーンを列挙しときます。

    ★曹長に想いを寄せる女性兵士が落ち込んでいると女性伍長に声を掛けられ慰めてもらうシーン
    ★曹長が2段ベッドの木を切っている最中に村人の女性から嫌み(たぶん)を言われるシーン
    ★撃墜した敵機からパラシュートで脱出した敵兵を曹長が森に探しに行き遺体を発見・調べるシーン
    ★家政婦?嫁?との会話シーンが何カ所か有り
    ★兵舎内でギターで歌うシーンが別バージョン。歌唱中各女性兵士の回想シーンと2段ベッドの会話
    ★敵の偵察部隊の機内、パラシュート降下、準備して森に向かうシーンや岩場・水辺の行進シーン
    ★曹長が本部に敵兵を知らせる電話シーンの後、女性軍曹との会話
    ★ドイツ語ができる女性兵士と曹長に想いを寄せる女性兵士の回想シーン各前半有り
    ★沼地に入る前の着替え・会話
    ★滝で水浴びする前の整列・命令シーン
    ★水辺で休憩中に焚き火をしようとすると曹長に叱責(たぶん)されるシーン
    ★森で休憩中の食事・会話・焚き火を消すシーン
    ★孤児の女性兵士を女性伍長が軽蔑して見つめるシーン
    ★敵兵がケガをした仲間の兵士を刺し殺し隠すシーン
    ★敵の捕虜を連れて曹長が森を歩く前半。死んだ女性兵士たちへの回想シーン有り。

    ざっと調べたらこんな感じでした。

    レビューを表示する

    たんすにごんさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1