ヘルプ
MENU

レディース

レンタル日数自動計算
DMMいろいろレンタルに商品を出品しませんか?

ファッションレンタル > 用語集 > シャネル

ファッションブランド用語

シャネル (CHANEL)

現在では知らない人はいないであろう超有名ブランド。
シャネルは商品にロゴがひとつ入っているだけで、エレガントな雰囲気を醸し出す永遠の女性の憧れである。
中でも人気なのは洗練されたデザイン、かつ実用的でキルティング加工により丈夫にできているバッグ類である。

シャネルは創業者ココ・シャネル(本名はガブリエル・ボヌール・シャネル)が1910年にパリで「シャネル・モード」という帽子専門のアトリエを開業したことから始まった。
飾り気のないシンプルな帽子だったが、今までにない斬新さが評判となり、瞬く間にパリ有数の人気店となった。
その後、フランス北部ドーヴィル中心街に最初のファッションブティック「ガブリエル・シャネル」、3年後にはリゾート地であるビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープンし、そこでシャネルは女性服の制作に着手した。
当時ヨーロッパの女性服は、きつく胴回りを締めるコルセットが定着していたが、シャネルは機能性を重視した動きやすい服を作り多くの女性たちから広く指示指示を受けることとなる。
その後も世界で最も有名な香水と言われる「No.5」などを発表し、シャネル黄金時代を迎える。

ココ・シャネル死後、シャネルは低迷期を迎えたが、1983年にカール・ラガーフェルドが主任デザイナーに就任しココ・シャネルの価値観、スタイルを維持しながら新しいシャネルを生み出すことによりシャネルは再興し人気は不動のものとなった。
ココ・シャネルを題材とした映画が存在することからも、過去から現在に至るまで根強い人気があることがうかがえる。
2009年にシャネルの生涯を題材とした映画が2タイトル制作されたことは記憶に新しいが、没後10年に当たる1981年にも同じタイトルで映画が公開されている。