ヘルプ

レビュー情報

さゆりんさん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    174

  • 参考になった

    272

並べ替え

  • 置きにいってる

    最近の日本映画は置きにいってるものばっかり。
    10点満点で最初から7点を狙いにいってる。
    この映画もそういう感じ。
    そつなくまとまってるけど、それだけ。
    破綻しちゃってるけどエネルギーだけはすごい、という映画はないものか

    参考になった0

  • 参考になった0

  • フェーム特別版

    DVD/CDレンタル

    マニアック

    マニアックな感想
     久しぶりに見直してみて、すごいよかったのは、内気な女の子の母親の表情。自分の夢を娘に託している表情、そのくせ自分のいいなりにしたいというわがままさ。これもしかしてすごい女優なのじゃないかと思うのですが。

    参考になった0

  • ばかにすんな

    最初はよれよれのじいさんばかりで、こんなんでライブなんかできるのかと思うくらいなのが、次第に若くかっこよくなって見えるのがすごい。最後はもうのりのり。じいさんをばかにするなって感じ。

    参考になった0

  • やっぱりねえ

    やっぱりねえ、という感じ。設定も悪くないし、女子高生たちの微妙な感情も結構、描かれてて、原作の雰囲気がちょこちょこ出ているんだけど、劇をやるのにあれだけ反対してた先生が、実に簡単にあっさりとすんなりと、上演を許可したことに驚愕しました。もんのすごいご都合主義。それにしても、主役の福田沙紀の表情の豊かさには驚きました、この子は必ず大女優になります、間違いなく。

    参考になった1

  • しあわせのかおり

    DVD/CDレンタル

    地味だけど

    地味ですよ、ものすごく。でも、じわっといいです。みんな上手な役者さんばかりで、安心してみてられるのもいいなあ。相変わらずすごいのが八千草薫さん。この人の存在感はなんと言ったらいいのかわからないくらいすごい。別にセリフもうまくないのに、たいした演技もしてないのに、ほんと圧倒的です。

    参考になった1

  • おくりびと

    DVD/CDレンタル

    よくできてるけど

    よくできてるけど、そこまで大絶賛するほどのものかよ、という感じ。予定調和すぎる。詰めが甘いということです。たとえば、あんなに汚らわしいといって逃げた広末が、子供できたらころっと態度変えるって、どういうことよ? 

    参考になった11

  • 華やかなお正月映画

    お正月映画らしい華やかさがいいですね。難しいこと考えずに楽しんでください、という作り手のサービス精神がすごくいいです。昔はこういう楽しい正月映画がいっぱいあったものです。ただ差別問題をああいう生なやり方で描くのはやめてほしい。退屈なだけだから。それだけひっかかったけど、あとは文句はなし。

    参考になった1

  • ラブファイト

    DVD/CDレンタル

    べたべた

    日本映画の最も質の悪いのが出た映画。なんて我慢強い私。だらだら、べたべた、ずるずる、ねちねち、ぐちぐち。

    参考になった1

  • 脱力

    9回裏2死までノーヒットノーランを続けていたピッチャーが最後のバッターに気の抜けた球を投げてサヨナラホームランを打たれた時のような脱力感。途中おもしろかったのに予算を消費するためだけのラストシーンにびっくり。この監督の器の小ささ、志の低さが典型的に出ていました。NHKの方がはるかに上質です。

    参考になった8

  • 少林少女

    DVD/CDレンタル

    宇宙一退屈な映画でした

    宇宙一退屈な映画でした。最初から最後までつまらないつまらない。だから早回しに次ぐ早回し。30分くらいははしょった。映画館で見てたら絶対に寝てた。亀山本広コンビも落ちたものだなあ。

    参考になった8

  • 原作通り

    原作を忠実になぞったような展開。だから、原作が前半は恐ろしく退屈だったのをそのままなぞって、映画も前半はおっそろしく退屈。そこまでなぞらなくてもいいのに。

    参考になった2

  • アフタースクール

    DVD/CDレンタル

    良質なだまし映画だけど

    非常に質の高いだまし映画。日本映画でできるのはこの監督さんくらいでしょうか。ただ、難を言えば、観客をだます方に力が入っていて、映画内でのだましに弱かった(いったい誰をだまそうとしたのか)という点です。

    参考になった1

  • 自虐の詩

    DVD/CDレンタル

    できそこない

    あの原作をどうやればここまでひどく作れるのか。一貫できない監督の体力のなさが目に余ります。好調な前半に比べて、後半はまるで別の映画。しかもできそこないのラブストーリーにしちゃった。今年見た映画の中では最悪でした。

    参考になった8

  • 吉祥天女

    DVD/CDレンタル

    がんばったんじゃない

    原作の完成度が高すぎるので、どんなにがんばっても映像化なんかろくにできないことはわかってました。ですから、上から目線で「まあまあがんばったんじゃない」というくらいの感想。鈴木杏はもう少し背が高かったらもっと感じ出たと思います。

    参考になった4

  • 大傑作

    最高です。こんな映画撮れるのは市川昆以外にありません。
     市川昆は映画的時間と現実の時間とを融合させようとしたのでしょう。前作と合わせて一本の映画ということです。
     たとえば、富士純子のせりふや動作はすべて高峯三枝子がだぶってしまいますし、松嶋奈々子も島田陽子が動いているように思えてしまいます。映画が進むに連れ新旧のキャストが頭の中でどんどん融合していくのです。石坂浩二も前作の時の石坂浩二が戻ってきて演技しているような感じ。そこには悠久の映画的時間があります。
     市川昆は絶対に役者に前作と同じ演技をやるように要求しているはずです。
     新旧併せて世界に例のない傑作です。
       

    参考になった4

  • デジャヴ

    DVD/CDレンタル

    悪くはないけど

     アメリカらしい映画。ほめてない。日本ではありふれたタイムスリップものだが、アメリカではこれだけの仕掛けをして、これだけの説得力を持たせないとエンタテインメントとして成立しないのだろう。想像力がないアメリカ人。でも映画自体はとてもおもしろい。

    参考になった1

  • 結構疲れます

     あほみたいな話。つっこみどころは満載で、60年代ファッションはすごく貧乏くさく見えるとか、ハリウッド女優がこんなのに出てていいのか、黒幕の男たちはどこ行ったのか、オダギリジョーがなぜ出てこないのか、もういろいろ。そういうもろもろの力抜けるところが多くて、その割には疲れました。前作の亀のほうがよかったなあ。

    参考になった1

  • アメリカ映画的

     いかにもアメリカ映画的。すぐ十をぶっ放して敵を殺してしまう。原作では最大のクライマックスだったライフルの仕掛けも実にあっさりと扱われ、ハリウッド的な派手な結末になっていて、もう力抜けまくりでした。アメリカ映画には期待しません。こんなもんでしょ。

    参考になった2

  • ドリームガールズ

    DVD/CDレンタル

    これはすごい映画です

    これはすごい。あっという間にエンディングになってしまいました。すごい映画です。アメリカのショービジネスの奥深さを知った思いです。劇団四季がたばになってもかなわないなあ。

    参考になった1

ページのトップへ