ヘルプ

レビュー情報

タカシモンズさん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    536

  • 参考になった

    698

並べ替え

  • ★相変わらずの巧みなストーリ構成

    やったぁ!ついにシーズン5に突入した!やはり、本シリーズは脚本が最高に面白い!
    前半で何らかのマーキング・ポイントがあり、その後たたみかけるように、次から次へと物語が錯綜しながら進行し、
    観る者の頭を混乱させ…やがて衝撃と驚きの結末へと導く…
    その瞬間を見届けたいが為にワイヤーインザブラッドの世界へと足を踏み入れて行く…

    参考になった3

  • ★やはり最高に素晴らしい!!

    やはり本作品が、リドリー・スコット監督の最高傑作である。今まで度々、別バージョンなる物が発売されてきたが…
    文字通り最終形態でこの作品だけ観ればもう十分である。
    得意のスモーク映像、日本大好き(ちょっと中国入っているけど…)テイスト満載の近未来ビル群。
    光の使い方、映像の素晴らしさが最新の技術を駆使して、本当に鮮やかに蘇えっている。
    音声も過去の作品をはるかに越えて素晴らしい!
    脚本も含め、今観ても斬新で新しい。ルトガー・ハウアーがたまらなくせつなくてクールだ!

    参考になった6

  • ★噛めば噛むほど味の出る…

    松山ケンイチは、どうも視聴率と言う数字で判断されるTVドラマは合わないようで…
    このドラマも放送時、数字的には良くなかったらしい。
    でもどうだ!この皆さんのレビューをご覧のとおり、実際にはこのドラマにはまっている人たちが沢山いる。
    このドラマは、DVDで何回も観て、噛めば噛むほど味の出てくる良いドラマだ!
    寿々花ちゃんは、子供と大人の中間と言う感じが最高だ!その他の脇役やゲストも超芸達者のオンパレード!
    パート2を今度は深夜枠で「大人テイスト」でこそっと放送すれば、深夜枠視聴率更新するかもっ!
    どうです日本テレビさん…(笑)

    参考になった1

  • ★今の時代だから描ける、異形の精神世界…

    友人に薦められて観た。…とにかく映像と効果音が圧倒的に完成度がヤバイほど素晴らしい!!
    …しかし、内容は正直、現代の病んだ精神世界を象徴するようなアニメなので、
    昭和生まれのオヤジは、言い知れぬ恐怖と危惧を覚える…微妙で奇異な感覚である。
    でもこのディープなアニメの世界観を感じたいのであれば、やはり、DVDの高画質で観ないと分からないだろう…

    参考になった1

  • シャッター

    DVD/CDレンタル

    ★ホラーのリメイクはやはりキツイ…

    シャッター=写真。タイ製作のホラー映画「心霊写真」のリメイクだったのか…
    怖さの仕掛けがばれているのになぜリメイクしようと思うのか?…
    やはりホラーのリメイクは厳しい。オリジナルでインパクトを受けたシーンをどれだけ綺麗にCGで焼き直しても、
    ネタは上がってるんで新鮮さも斬新さもない…よって怖くともなんともない。
    ホラーにこ慣れていて今時、このラストショットでビビる人がいるのであろうか?…

    参考になった1

  • ★今回はヒント見せ過ぎかなぁ~

    確かに今回のテーマは、「騒音おばさん」や「ゴミ屋敷」などの隣人トラブルなどの事件を観ているだけにリアルに怖いと感じる。
    しかし、今回はちょっとヒントをしつこく見せ過ぎかなぁ~。子供の画で見せるパターンも1回使ったら封印しないとね。
    パート1に似たような謎のポーズも見え見え過ぎて、目を凝らす必要も無かった。
    まぁ、「○い」で殺せるわけないし、結局最後は、男の○○は女性は絶対許してくれないのねぇ~という良くあるお話になっちゃいました。

    参考になった1

  • 放送禁止 1

    DVD/CDレンタル

    ★記念すべき?第1作。ある意味一番難しい…か…?

    確かに、これが第1作目?…この時点では探り探りなので、シリーズにするかどうか実験的な要素もあったのか?…
    冒頭部分は、他のレビューでもあるように、淡々としたナレーション含め結構ホラータッチで良い感じなんですが…
    中半から後半にかけて、とにかく詰め込もう!よし超能力!UFO!っていらんもん多過ぎ!
    いかにも怪しい人物が、いきなりキレルっていうのも、もう使い古された手法で、全然驚きもしない。
    逆に淡々と意味不明なことを普通に理路整然と語っているほうがよほど不気味だと思うんだが…
    がしかし…確かに1回観ただけではこの作品の謎はわからんね~(笑)画面を大きく出来る機能がないとわからんぜっ監督!
    ?4人目の男性行方不明者の再訪問の際の1階
    ?ロッジに入る前の車中女性インタビュアーの背後
    ?最後の最後にだめおしで…
    なるほど…って、じゃあUFOは?…やっぱりつながらんけどなぁ~

    参考になった1

  • 或る旅人の日記

    DVD/CDレンタル

    ★大切に大切に丹念につくられた良質のアニメ

    アカデミー賞受賞作品「つみきのいえ」がなかなかレンタルできないので、それじゃぁ過去の作品を…と思って観ました。
    本当にこの監督は、優しい人なんだろうなぁと思える。
    音にもこだわりが感じられ、ひとつひとつアニメが丁寧につくられており、美しくて癒される珠玉の短編集です。
    早く「つみきのいえ」も観たいと思いますが、こちらもぜひ一度ご覧下さい。

    参考になった1

  • ★オヤジはメロメロだぁ~!!!

    いやぁ~!何と言っても綾瀬はるかが、最高やねぇ~!スタイルも抜群だし、ちょっととぼけた感じに癒されて…
    まさに彼女は適役だと思う。時に可愛く、時に大人びて、時に寂しげ…全ての表情がとにかく良い!
    オヤジもこんなサイボーグに守ってほしい!!CGも予想以上にかなりレベルが高かった!

    参考になった1

  • ★思った以上にきっちりと丁寧につくられている

    出演者たちカナダでは有名なのか?も知れないが…あまり知らなかったのがかえって良かった。
    被害者の状態もかなりリアルに表現もされているし、少年時代のトラウマによる、変質者の変貌も上手く、脚本もきっちりと
    丁寧につくられていたので個人的には全体的に良かった。
    ただしラスト、せっかく独白的に犯人が全ての犯罪の理由付けの辻褄合わせをして、最後に実は…というところを…で
    フェイドアウトしてしまったところがこの作品が締まらなかった最大の原因でとても残念。
    なぜ、女刑事は子供達を引き受けたりするのか?…
    なぜ、主人公の女刑事は結婚していないのか?…
    なぜ、犯人は女刑事を選択し、これで完成だと言ったのか?…
    なぜ、彼女を同類だと言ったのか…

    参考になった0

  • ★間違い探しゲームと薄気味悪い伏線とは違う

    ある程度この手の作品に、こなれていればすぐに伏線に気づくし、予想通りの展開だった。
    もう少しエセドキュメンタリー作家のやらせ具合に、嫌悪感を抱くくらいがあれば、復讐劇に感情移入できたんではないだろうか?
    最期に繰り返しヒント?の画像をインサートする必要はないと思うし、間違い探しゲームと、薄気味悪い伏線の挿入とでは
    まったく意味が違ってくると思う。
    劇場版へと続くと言うことらしいので、その辺が深くなってくれていると期待している。

    参考になった0

  • ★とにかく色彩が美しい…

    まさにDVDの高画質で観てこその、アニメである。
    色彩がとにかく素晴らしい!!これだけ色を使うと普通うるさくなると思うのだが、組み合わせのセンスが抜群だ!
    この映像を観ているだけでも充分価値があると思う。
    クリエイターを目指す人たちに、ぜひDVDで観てほしい!

    参考になった2

  • ★もう一声…惜しいなぁ…

    う~んん。せっかく良い感じの家を探し出してるんだから…もっと上手く活かせなかったのかな…
    ちょっとしたラップ音や、通り過ぎる影など挿入したらもっと雰囲気が出たんじゃないでしょうか?
    お祓いのシーンも蛇足だし…霊障にするのであれば、徹底的にこだわってほしかった…
    せっかくの「写真」の意味も浅いし、もったいない。結局は画で説明してるじゃん。ジャンジャン♪

    参考になった0

  • ★安直なタイトルが台無しに…

    内容は良くあるパターン。しかし映像としては面白いシーンがあった。
    …にしても、なぜ「口裂け…」というタイトルに固執するのだろうか?
    そのタイトルに縛られて、むりやり辻褄を合わせようとするから、せっかくの作品が
    台無しになる…とは思わないのだろうか…?
    いつまで引っ張るつもりやぁ~(*_*)

    参考になった0

  • ★脚本は良いのだが、地域性なのか…ちょっと厳しい…

    すいません。地域性かもしれないが、どうしても映像と主人公?&ヒロイン?(男or女)…各登場人物の演技が
    どうしても厳しくて感情移入が出来なかった。
    病院のシーンもあまりにも、都合よく逃げられて、緊迫感がない。
    この作品に関しては、脚本は良いと思うので…リメイクで観てみたいと思うが…レストランのシーンは変更したほうが、
    沢山の人に観てもらえるんじゃやないでしょうか?
    いくら映画で匂いまで表現できないからとは言え「●●●」を食べたままで、歯も磨かず、服も着替ることなく
    そのまま最後までっ!…てやっぱりあり得んでしょう???

    参考になった0

  • ★当時のアニメとしては、よく出来ている

    かなり無理がある内容だが当時のアニメとしてはよく出来ていると思う。
    個人的には、池上遼一作品なら「男組」をこのタッチでアニメ化してほしかった。

    参考になった0

  • デス・ルーム

    DVD/CDレンタル

    ★密室ホラー劇

    各登場人物の、恐怖体験はちょっとエロっぽいエピソードで、それなりに面白かった…が、
    最後にもう一歩インパクトのあるラストが用意されていれば、締まったかなぁと思う。

    参考になった4

  • ★最後がねぇ…

    前半はそれなりにグロクて面白い…が、後半に行くにつれグダグダの連続で、どうだこのラストは!
    と言いたいのかも知れませんが…そこまで行くほど強烈な感じがなかったので別に驚きもない。
    サイコ野郎のキーになるエピソードの幼い頃の姿と、成人した姿があまりにもギャップあり過ぎ…
    どう考えてもこんな成長はないしね…(笑)
    例によって警官はあっさり…で、ダサ過ぎ。このくだりを絶対に入れんとあかんのかもう必要ないやろ…

    参考になった0

  • カタコンベ

    DVD/CDレンタル

    ★度が過ぎたイジメの結末は…

    案内されたマンションまでの雰囲気は良かったが…確かに途中で出てくる謎?の男はいらんかったね。
    まぁもともと薬まで飲んで、精神的に病んでいるらしい?妹を、悪戯とはいえあそこまで追い込んだら、
    ああいうことになっても自業自得で仕方ないでしょう…
    地下墓地と言う設定なので、仕方がないが…手ブレで暗くてというのは、観るほうには疲れて辛いですね…

    参考になった2

  • ★結局、殺戮からは殺戮しか生まれないということなのか…

    スタローンよ…結局あなたがランボーで描きたかったのは殺戮からは何も生まれないということだけなのか?
    戦争は悲惨だ…ということで考えれば、この作品の映像表現はハンパなホラー作品よりもえげつないし十分
    戦争の悲惨さは表現できていると思う…
    が、しかし、1作目での戦争によって深く傷ついた兵士の悲しみ、怒りという精神的な深みのあった作品から
    遠く離れたものになってしまったのが個人的には残念である…

    参考になった1

ページのトップへ