ヘルプ

レビュー情報

こばしまさん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    80

  • 参考になった

    110

並べ替え

  • 第三帝国の末路

    なじみの無い、ナチドイツの将軍・参謀らが次々出てきてついていくのが大変。映画としての面白味や派手さはあまり無いが、今まで独裁者としてしか語られなかったヒトラーの、私的な部分(犬や子供を慈しみ、女性に対しても寛大で優しい一人の中年男)を見事に表現している。
    しかしドイツ人て、良くも悪くもすごく理性的な国民ですね。ゲッベルス夫人の、迷いの無いきっぱりした(ように見える)身の処し方にはびっくり。
    最後の、元秘書の女性(本人)のインタビューの言葉が一番心に残った。

    参考になった5

  • マジェスティック

    DVD/CDレンタル

    期待外れ

    ”他人のそら似”はままあるとしても、ここまで大々的に町の人々が信じ込んでしまうのって、やっぱり不自然。誰かが途中で気付くとか、違う展開のほうが良かったのでは。シリアスに挑戦したJ・キャリーも悪くはないけど、記憶を失った人の恐怖や悲哀が伝わってこないので、せっかくのハイライトである法廷シーンも感動が薄まってしまった・・・残念!

    参考になった4

  • クラッシュ

    DVD/CDレンタル

    みんな繋がっている

    因果は巡る、と言うか、少しずつどこかで繋がっている。こういう筋書きの作品は初めて見たので新鮮な感じ。9.11以後のアメリカならではの(と言っては不謹慎かもしれないけど)強いメッセージ性を感じた。どんな人間も、「善人」「悪人」の2種類だけでは語れないですよね。

    参考になった1

  • きみに読む物語

    DVD/CDレンタル

    光陰矢のごとし

    どんな人でも年をとる。金持ちでも貧乏人でも。美しい純愛物語かもしれないが、人生の残酷さに気が滅入った・・・性別や世代によって評価が異なる作品かも。情熱的な恋愛の経験がある人、あるいは現在進行形の人はより感動できるでしょう。

    参考になった3

  • 新種のホーム・コメディ

    アメリカ人がようやく自虐的なギャグを言うようになったかな、って感じ。皮肉たっぷりの辛口ホーム・ドラマ。主人公のK・スペイシーと奥さん役のA・ベニングの掛け合いが最高におかしい!どうやら、見せかけだけの幸せごっこはいい加減やめようよ、ってことらしいけど、とにかく私はコメディとして楽しめました。洗練された映像も印象的。

    参考になった1

  • グラディエーター

    DVD/CDレンタル

    迫力に酔いしれた

    子供の頃TVで見た「ベン・ハー」を彷彿。コロッセオの熱狂や剣闘士たちの緊張感が良く出ていたし、ニュアンスのある表情をするラッセル・クロウも良かった。また、敵役のホアキン・フェニックス!偉大な父親に愛されず人望も得られない屈折した皇帝役を好演。主人公に対する羨望と嫉妬、姉に対する情愛と猜疑心など、絶妙の演技には唸った。その切ない生き方に泣きますね、悪役ながら。出来れば劇場で見たかった!

    参考になった5

  • ホテル・ルワンダ

    DVD/CDレンタル

    12年前の実話

    93~94年頃、自分が何を考えて生きていたのかとしばし自問自答。ルワンダという国名にかすかな覚えはあったものの、アフリカの小国のごく小規模な内戦だと思っていた。無知は本当に恐ろしい。
    つい昨日まで普通に暮らしていながら、いったん爆発すると歯止めが利かない怖さ。民族間にくすぶる根強い”恨み”の感情。家族とはぐれるシーンで涙、再会のシーンでも涙。伝達手段としての映画のすごさにも、作品としての秀逸さにも感動しました。

    参考になった2

  • 個人的に苦手なジャンル

    この手の作品は好き嫌いがはっきり分かれると思う。一大センセーションを巻き起こした作品だけど、私は今ひとつついていけなかった・・・それほどグロテスクな場面は無いです。まだ初々しいジョディ・フォスターと、A・ホプキンスの鬼気迫る演技も見る価値あり。

    参考になった2

  • ジョニー・デップを見たいのなら・・・

    かなり最後の方まで”黒帽子の謎の男”との対決を期待していたので、オチがわかったら途端にがっかり。あー、そうなの、という感想以外ありません。ただ、ジョニー・デップの演技は見ごたえあり。日常生活の何気ない動作と狂気に走った時の何かに取り付かれたような異常さ。普通の人間が秘めている怖さのようなものをさらりと演じていました。

    参考になった2

  • ぼくの瞳の光

    DVD/CDレンタル

    購入・利用済み

    何が言いたいのだろう

    「ベッピーノの百歩」のルイジ・ロカーショが良かったので借りたんだけど、何が言いたいのかさっぱりわからない。男性不信だった女性がたまたま優しい男性に巡り会えて良かったね、ってこと?主演の2人はこの映画で、それぞれヴェネツィア映画祭で賞を取っているとか。??? 賞を与えた審査員の意見、是非訊きたいです。

    参考になった0

  • ペッピーノの百歩

    DVD/CDレンタル

    購入・利用済み

    「言論の自由」について考える作品

    シチリアのマフィアというと「ゴッドファーザー」をすぐ連想するけど、実際にはこの映画に出てくるような”地元の有力者””ご近所の顔役”的な人物が多いんですよね。反対意見をなかなか言えない雰囲気、日本でもよくあるし、主人公とその父親の葛藤も胸に迫ります。

    参考になった0

  • どっちつかずの作品

    アクション映画というには物足りなさ過ぎ、コメディーとしてはまあC・クラヴィエは面白かったけど、ジャン・レノの良さが生きていない。この2人なら、もっと面白い作品に出来たでしょうに。しょうがないので途中からは、「地球の歩き方~コルシカ編~」を見る気分で見ました。

    参考になった0

  • 明日への希望が湧く映画

    タイトルは大甘だけど、内容はすごくしっかりしてて骨太。単なるセンチメンタルな作品を想像していたら全く違いました。それはやはり、2人の少年の個性が際立っていたため。負けず嫌いでユーモア精神たっぷりな難病の少年、最高に良かった!死や病気、家庭環境などは自分で選べないけど、そんな中でもいろんな可能性があるんだということが伝わってきました。父親の愛人を最後に登場させた、カラッとしたエンディングも好きです。

    参考になった0

  • ピアノに感動!

    内容としては普通だけど、面白い映像(序盤、しけで大揺れの船内でピアノを弾くシーン。遊園地のコーヒーカップのよう!)E・モリコーネの素晴らしい音楽やピアノ演奏に感動したので、星をもう1つ追加。トルナトーレ監督の独特の茫洋とした空気感は、船上という浮世から離れた空間に合っていると思うのですが、今回はなんか間延びしている気が・・・ハリウッド映画のテンポの速さに慣れちゃっているせいかな。

    参考になった1

  • 子役の少年達は上手い

    以前見たモノクロの同名作品では、確かオリバー少年が富豪の老紳士の実の孫だったという設定があったはず。今回はそれが無いので、この老人がなぜそこまでしてオリバーを救おうとするのかが説得力に欠ける気がする。主人公よりスリグループの稼ぎ頭の少年が良かった。動作が機敏で堂に入ってて、終盤、仲間の悪党の男に一人で飛びかかって行くシーンに彼なりの正義感を感じました。まあ難を言えば、いかにも育ちが良さそう、利発そうであまり不幸な境遇の子に見えないんだけど、それはオリバー役の子役も同じですね。

    参考になった0

  • 戦場のピアニスト

    DVD/CDレンタル

    A・ブロディの抑えた演技力は

    凄い、の一言。中盤、ピアニストが爆撃の中をかいくぐり無人のアパートからアパートへ逃げ延びるシーンはほとんど台詞なしの一人芝居。なのに全くだれることなく、それどころかどんどん主人公の内面に引き込まれてしまう。戦争の悲惨さだけでなく、戦争に対峙するものとして監督が描いたのは、敵の将校との友情や主人公の芸術への情熱。作品の最後に希望が感じられたのはこのためかなと。それにしても・・・国家が狂気に向かって進んで行く時、誰にもその流れは止められないのでしょうか。考えさせられました。

    参考になった0

  • スカッとしました

    ヒロイン役のキーラ・ナイトレイ。「ベッカムに恋して」以来、注目してました!あの時はボーイッシュなサッカー少女の役だったけど、今回は総督のご令嬢役。長いドレスの裾をからげて荒くれ男に混じって大奮闘!の様子が痛快。勢いのある役者さんが揃った感じでした。

    参考になった1

  • Mr.&Mrs.スミス

    DVD/CDレンタル

    2人の運動能力に拍手!

    派手なアクションにも驚いたけど、「夫婦のあり方とは?」という永遠のテーマについて2大俳優が身体を張って表現している感じ。まさに、雨降って地固まる、のエンディングですが、普通の人間なら死んでるでしょう。

    参考になった0

  • フライトプラン

    DVD/CDレンタル

    わくわく飛行機ランド

    あ、機内ってこうなっているんですね。初めて知りました。まるで飛行機万博(?)のパビリオンを見ているよう。設定は変。乗務員に乗客、誰一人として子供を見ていないなんて。同じ年頃の子を持つ人の親なら普通覚えているものです。

    参考になった2

ページのトップへ