ヘルプ

レビュー情報

▽好きさん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    49

  • 参考になった

    7

並べ替え

  • 本人歌唱じゃない

    注意して下さい。全て謎の歌手が歌うカバーです。これで1がっかり。おまけに、フルコーラス聞けない。これで2がっかり。さらに、ノンストップ仕様になっており、次の曲にいきなり繋がっているため、音源のコレクションにもできない。で、3がっかり。結果、星2つです。こだわり無くBGM程度として、聞き流すぐらいの価値しかありません。

    参考になった0

  • あだっちーの・・

    パンチラが見たくて、借りただけなのでストーリーとかは、知りません。6~7年前ぐらいのあだっちーでしょうか?JK役で登場し、悪事の代償として、制服のスカートを捲られ、フルバックパンティを画面いっぱいに晒して、お尻をペンペンされます。刑事がスカートを捲る自体あり得ないことなので、まともな刑事番組ではないのがわかります。しかし、セクシーな場面は、シリーズを通してこの回だけなので、不思議な感じがします。あだっちーのパンチラを見せるためにねじ込んだエピソードのようにも感じます。現在のあだっちーの立ち位置に比べ、当時の扱いがアイドルなら決して受ける事のない、代役無しのパンチラ要員だったと言う事がわかります。何とかして、売りだそうとしていたのか、崖っぷちで仕方なく受けたのか。常盤貴子がヌードでおっぱいを揉みしだかれ、その後売れたようにね。

    参考になった0

  • エクスタシー刑事

    DVD/CDレンタル

    何かなー。

    女優の線が細く、全く健康的に見えず、決してセクシーな印象も無く、展開に期待感が一切湧きませんでした。ストーリーも、エロに徹しているわけでもなく、何を推しにしているのか分からず、すべてが中途半端って感じです。

    参考になった0

  • アレッ?壇蜜は?

    Vol,1と2には、出ていた、壇蜜が出ていません。こうなると、もう見るとこ無し。JKモドキのパンチラが多少拝めるぐらいで、小学生向けになっちゃいます。大人は、利用価値無しです。

    参考になった0

  • ゆるキャン△ 第6巻

    DVD/CDレンタル

    いいね!

    いよいよ最終巻。ホント優しい気持ちになれたアニメでした。知らず知らずの内に笑顔になっている自分がいました。決して悲しい物語では無いけれど、最後は、なでしこの進歩に目頭が熱くなりました。そして何と2021年に、シーズン2放映決定の情報があります。しまりん、なでしこ達に再び会える日を楽しみに待ちましょう。

    参考になった0

  • ゆるキャン△ 第2巻

    DVD/CDレンタル

    いよいよ

    アニメ版待望のシーズン2が、いよいよ2021年放送開始らしいぞ。コミックの続きからだろうか?完全オリジナルだろうか?いずれにしても、しまりん、なでしこ達が帰って来るね。また、ゆる~く癒しの時間が楽しめそうだ。

    参考になった0

  • うーん

    年代を遡り過ぎていて最近のヒット曲は、収録されていません。カーオーディオから、この曲が漏れて他人に聞かれたら、今さら?ってちょっと恥ずかしい曲多数。オマケにDJ風に余計なノンストップにアレンジされているため、特定の曲を選曲しようとしても、繋がりの部分で曲の重複があり、スッキリとしません。ノンストップでなければ、音源のコレクションとして、最適でしたが、ノンストップが全て台無しにしてしまってます。

    参考になった0

  • ゆるキャン△ 第1巻

    DVD/CDレンタル

    ゆったり

    血生臭いアニメが多い中、珍しくゆるーく癒しの時間が流れます。女の子たちが、お小遣いの範囲内でやりくりしている姿も微笑ましく、なんともかわいらしく、応援したくなる。夜眠りにつく前に見るといいですよ。

    参考になった0

  • 若い壇蜜登場

    引き続き、壇蜜登場。VOL,1のレビューと同じなので、そちらを参照してくださいな。

    参考になった0

  • 以外な出演者

    スカパーの番組のDVD化版です。皆さんもレビュー投稿されているとおり、小中学生向け微パンチラ作品で終わってしまうところ、中盤以降に、突然、十年程前の若い「壇蜜」が登場します。コレは何故か、どなたもレビューに書き込まれておりませんが、多少エロ度が上がった気がします。終盤は、壇蜜のイメージビデオみたいな雰囲気も出てきます。出演者名がどこにも出ておらず、見落としがちですが、壇蜜ファンなら試しに見てもいいんじゃないかな、と思います。しかし、利用価値がある程でもなく、星二つ、頑張って三つかな。

    参考になった0

  • 下らない

    何にウェイトを置いているのかさっぱりで中途半端。社会情勢などの設定をスケール感を大きく見せたい気持ちは、わかるがこちらには残念ながら伝わって来ない。また、重点がエロなのか、シリアスなストーリーなのか意図がわからない。中2のエロ願望のような設定を三流役者がシリアス風に展開するところが、全く重みも無く、かえって滑稽で邪魔。続編をリストから早速削除したのは、言うまでもない。

    参考になった0

  • 結構

    熟の領域の方でした。ジャケ写では、若く感じたのですが、顔のアップになると、目の回りなど、小じわやクマが目立つ。しかし、あの元日テレ女子穴のだらしない、悲惨な体に比べたら、はるかに良い印象。大人の女性が良いと言う方なら、必見でしょう。

    参考になった0

  • Fresh!Eye/谷桃子

    DVD/CDレンタル

    今一つかな

    特に利用価値は無かったな。唯一、最後のタイトミニのシーンは、パンチラを期待したのに、すぐスカート脱いじゃうからな。下着姿より、パンチラの方が男性は好きなんだけどな。

    参考になった0

  • 軽いタッチ

    ちょっと頑張った、グラドルのイメージ作品のような出来。全編を通じBGMがうるさく、生声はカットされていて聞けない。一人の女優が衣装、パンティを履き替えて撮影。レベルは、中の下(個人の好み)程度。後半、僅かなおさわり、パンティ、パンツ越しのマンこきシーンがあるが、中途半端で終わる。
    本番行為は、ありません。収録時間も今時珍しく、一時間と僅かで、ハッキリ言って物足りない。見る価値は、無いと思う。

    参考になった1

  • 相変わらず

    腹は出て、尻は垂れ、背中から腰、そしてヒップへのラインは、寸胴。そう、パパイヤか洋梨みたいな見事な中年体型。下着姿で、オバサンがクネクネしているだけで、見ていて痛々しい。特に過激な場面もなく、本人はこの映像を見た視聴者にどうして欲しいんだろうか。熟女体型が好きなマニア以外は、何も刺さってこない。AVに進出する勇気もなく、過去作品から何の進歩も変化も見られず、これが演出の限界だと本人が考えているなら、この辺が潮時じゃないですかね。

    参考になった1

  • 月刊 谷桃子/谷桃子

    DVD/CDレンタル

    いいの?

    皆さん何か高評価だけど、どこが?と言う感想です。訳のわからない、サバイバル生活を延々と見せられたり、オマケ程度の水着シーン。これでどうしろってか!熱烈なファン以外は、見るだけムダですよ。どうしてもって言う、好奇心旺盛なチャレンジャーは、見てみれば。きっと、遭難しますよ。自衛隊も海保も警察も消防も地元消防団も助けに行きませんからね。自己責任ですからね。忠告しましたからね!

    参考になった0

  • キングダム

    DVD/CDレンタル

    無理もない

    気楽に観賞できる娯楽作品としては、短い時間にまぁまとまってたんじゃないかな。橋環さんの、ゆるキャラみたいな立ち位置がもったいない感じがする。もっと活躍させても良かったのではないかな。一点、鼻についたのは、現代の若者言葉のようなセリフが多かったこと。
    見せる対象が若年層だろうから、仕方の無いことか。フィクションとは言うものの、歴史物である以上、威厳のあるセリフ回しが無いと、軽い印象が先立ち、映画ファン全体の支持には、疑問符が付くだろうな。
    また、対戦相手が弱すぎるし、味方が不死身過ぎる。一騎討ちとなる登場人物がいることはいるが、どうせ主人公が・・・、と思って見ている。あーコミックが原作だった、固いこと言っちゃダメだね。

    参考になった1

  • 特に無し

    ほぼ、最初から下着だけ。ハッキリ言って出落ちの状態。更なる発展の無い、終点から始まっているので、徐々にと言った期待感は無い。ファンでも無い限り、特に刺激の無い仕上がりで、おかずには、ならない。

    参考になった0

  • 期待外れ

    本編は、見ていないが激し目な題材の割には、九分九厘、優しい曲ばかり。ラブストーリーのサントラでも行ける優しさ。これで戦闘シーンとか、盛り上がるところは、どうやってたんだろう。逆に興味が湧いてきた。

    参考になった0

  • どこを見るか

    まず言っておくと、パンチラの期待が大き過ぎると、裏切られますよ。全く皆無ではありませんが、ほとんどが一瞬で、セクシーさは感じられませんのでご注意を。見所はアクションシーンぐらいで、芝居は、昔の芸能人隠し芸大会レベルの出来上がりですね。

    参考になった0

ページのトップへ