ヘルプ

レビュー情報

ニノさん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    25

  • 参考になった

    30

並べ替え

  • 決定版!!!

    とにかく緻密。女性が作ったと思えない躍動感とキレ。
    奇をてらわずベタに映画の王道を踏襲しながらも驚かせてくれる、
    大胆な演出とそれを裏打ちする緻密な背景と装置。

    んー、どうでもイイや。これこそ!
    総天然色・超娯楽冒険活劇の決定版!!!!!

    そういうものに、はじめて出会った・・・・・・

    参考になった1

  • 天然コケッコー

    DVD/CDレンタル

    とてもていねい

    原作は読んでいないものの、原作者の描く躍動感ある描写が浮かぶような、原作をとても大切に書き起こしている尊敬と愛情が伝わってくる丁寧な脚本。誰でもが共感し得る、さりげない日常の空気感を緻密に支える丁寧な、演出。

    とにかく、くらもちふさこの描くコドモや、美少年の妖しさを、大切に掬い取った、作り手の愛情溢れる作品だった。

    そんなやさしい作り手の方々に見守られた、主演のふたりのこだわりない透明感が素晴らしい。

    参考になった2

  • 虚しい

    愛情もって観始めましたが。作り手の浅い人間性が透けて見えてだんだん荒んでくる、作り手の愛情を感じない作品。頼まれたからには一生懸命取り組んでいる俳優陣や、ロケ地の関係者が気の毒になるくらい、中身が無くて、ちょっとやってみたかっただけの、奇をてらった演出に頼ってるような映画。最後まで、少しでもと救いを求めて観た。見事に浅かった。土着の文化って尊いし、生き物の血ってぬくいんだぜ。俳優の演技じゃ埋められない脚本のスキマが悲しい。

    参考になった3

  • カッコいい。

    粋とか伊達とかがほとばしるから細かいツっこみなんてどうでもいい。ピュンと撃たれてパ!と散る。ワザとらしくて派手でチープで、でも乾いた重い金属音なアクションが小気味いい。こんな荒唐無稽で馬鹿馬鹿しい極彩色の伊達物語を死ぬ気でブチ上げられる人達は最高に幸せだと思った。安藤政信いいなあー

    参考になった1

  • 笑えるけど笑って流せない話

    クセモノばかりの出演者の中で、主役・内田有紀の見方が変わる、真面目にハジけた、でも自然な演技。ちょっと流せない重い話を、かるーく笑いに・・・なんて出来るもんか!! と、神経逆撫でされながらも、最後に提示される一語に救われる、見終わってなんとなく楽になる映画。イイコトもワルイコトもあるよねー。それにしても、妻夫木はどこに出て来てもうまいなあー

    参考になった1

  • パコと魔法の絵本

    DVD/CDレンタル

    ほとばしるビビッド!

    台風起こすような全身を使った演技。全員キャラが立っててピュアで勢いが爽快。めくるめく極彩色の夢のような飛び出す絵本。そうそう、たしかこんな風にみえてたんだ、子供の頃ね。頭カラっぽに五感で楽しんで、いろんな涙をジャブジャブ流して、スッキリ洗われる、映像エンタテイメント。とにかく映像と音が緻密に練られて美しく、演技が鮮やかで素晴らしい。

    参考になった0

  • 陰日向に咲く

    DVD/CDレンタル

    だらだら感

    トリッキーなところをもっと大事に描いて欲しかった。その辺がおざなりで、ただ緩急ない表現のまま、しょっぱくだらだらと平行する日常が最後まとまって完結したってだけで、いちいちの描写が陳腐で退屈。無理になんとかまとめました、ってところが見え過ぎて、観てて辛かった。ただ、故人の手紙はやっぱり泣けた・・・・・

    参考になった0

  • 闇の子供たち

    DVD/CDレンタル

    映画化の意図は、

    善意で動いているつもりの誰でもが、いつでも何らかの加害者になり得るっていう警鐘ですね多分。それは人身売買のみに限らず。自分や家族の為にしている当たり前と思っている行動が、全然知らない他人の命を奪っている、なんてことは稀なのかな。そうじゃないのかな。

    参考になった0

  • 結論とかないよねー

    タイトルだけ狙い過ぎで合わないカンジなんだが。こう、女子だけヤキモキとか
    ズルいから、男子にもヤキモキさせたいよねテキなガールズトークが、まんま雰
    囲気ゴト、映画になったような。

    だからいっぱい話して、雰囲気めちゃくちゃ楽しんで、結局何が言いたいかって
    いうと、んとー、ないんだけどさー、うんうん、わかるわかる、そうだよねー、
    みたいな。

    そんな感じでー

    参考になった3

  • 自虐の詩

    DVD/CDレンタル

    んむ、エエ話やた

    参加してる方々のお名前を拝見して、ワリと奇をてらった映像見せ付けられてドヤ顔で終わるんだろうなー、と観始めたのですがね!

    自分『しあわせになりたい・・』とかワケのわからん事を言いまくる夢見がちな女子が大嫌いなので、そんな殺人的にとりとめのない乙女心叩き潰して最後にちゃんと悟り開いた蓮華の台座に着地させてくれたあたり、いろいろやったけど丸くなりましたテキな監督の人生観とか見えたりして、『うんうんそうだよねえ』と大変ほっこりしましたよ。

    自分、原作知らないし、そこそこいい歳なので、そんな人が観ると共感するのかも。

    あとやっぱ、すっとんでく卵焼きとかはもったいなくて泣けた。

    参考になった1

  • むぅ、うつくしい、

    こんな風に生まれたらそりゃシャツだってインするし映画だって出るさーーー なんて羨望の的になったり嫉妬されたり大変だろうな、と思いながら観たジョーの美しさ。と思ったらコメンタリでも同じような言葉がありました。衣装、キャスト、脚本、ロケーションの世界観、時間の経過と、丁寧ででも描きすぎない描写が本当にいとしくてうつくしい。

    参考になった0

  • 生きるってすげえ

    思想とかより、生への執着とか、感情の爆発とか、自分のルーツへの敬意とか、むしろこだわりなく、人間のいろんな立場での生きる上での嫌悪感とか尊さとかを描いた作品だと感じた。乱闘描写も戦闘描写も、爆発的な生命力讃歌だった。かったるい日常の横っ面張っ倒す、一緒に生きてるはずの非日常。

    参考になった1

  • タイヨウのうた

    DVD/CDレンタル

    へんなかお。しどい、

    泣いたー。なにより、YUIちゃんのすずやかに透明なキラキラさ加減と、それを大切にすくいとった演出に、泣かされた。こんなに透明なキラキラな人の周りには、実際にこんな風に自然と人が集まってくるんだろうなあ、と、涙流れながらも羨ましかった。それにしても塚本くんはいい俳優さんなんだな、とあらためて気付いた。

    参考になった2

  • ラブ★コン

    DVD/CDレンタル

    ツラれてキュン死に

    ぶっちぎりにキャッチーで、ぶっちぎりにポップ! で、ぶっちぎりに甘酸っぱくて、小ネタ満載。テンポが良くて一気に観れてしまった! あー、奇談の時とは全然ちがう藤澤恵麻ちゃんが、ものっすごくカワいかった、、みんなカワいかった、、たのしそーだなセーシュン、

    参考になった3

  • はいぃ?

    まんがや、まんがや、と思っていたらホントに漫画だったんですね。でもニガテな方の漫画でした・・ 俳優さんたちの演技がとってもよかったので、敬意を表して楽しもうと努めましたが、ちょっと、ムリだった。小ネタも笑えたし、音楽もカッコよかったけど、こんなまとまりの無い不条理な話は生理的に無理。それにしても、伝統芸能の人はさすがに基礎の裾野が広いというか、何をやってもカッコいいなー。

    参考になった1

  • SURVIVE STYLE 5+

    DVD/CDレンタル

    ありえない、

    ネタの宝庫。アイデアの洪水。すげー、すげー、すげー・・ 毎日ホンキで頭使ってる人たちの考えることって、ちょっと私にはありえない! とにかく一流のコワれ具合な、ありえないクレイジイなカッコよさ。・・の底に、じんわり、深い人生観が流れてるっていう。☆が5つじゃ足りないねー、困った!

    参考になった0

  • サイレン

    DVD/CDレンタル

    ホラー苦手なんすよー、

    それにしても、怖がらずに見れましたよ。構成は分かりやすかったし、癇に障る奇妙な布石も、辻褄は合ってると思う。ロケーションも美術もぴったりしっくり、沢山の人の手が掛かっていると思うのですが、・・テンポでしょうか? 中盤眠くてたまらなくなります。人魚の呪いか?

    参考になった0

  • 巷説百物語 狐者異

    DVD/CDレンタル

    観やすい。

    観やすいです。美術も衣装もきっちり美しくて納得! 小池さんはメリハリ利いててシャッキリしてて、こりゃイイ女だねえ・・ でも、渡部氏の江戸弁がイマイチ聞き取りにくかったりとか、全体的なハナシのスジとかセリフがどうも現代風で軽くて、違和感を感じた。江戸風サスペンスって言い方がしっくりくる感じ。私、原作読んでないんですが、コレを機会に読んでみようと思いましたよ。

    参考になった1

  • 奇談

    DVD/CDレンタル

    うへー、

    おもしろかったー・・ ホラーとかスゴイ苦手なので、脅かしポイントではモレなくビョンビョン跳ねてました。それにしても、天国に対する人の執念って、こえー・・ 聖書とか読んだことないから謎解きが一度では理解できなくて、何度か観る必要がありました。で、宗教って実は生への執着を捨てて天国への執着に変えちまう道なんじゃないかとか、思っちまいました。昇天シーンは鳥肌立ちましたよ。

    参考になった3

ページのトップへ