ヘルプ

レビュー情報

通りすがりの人さん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    54

  • 参考になった

    78

並べ替え

  • なんとなく腑に落ちない終わり方です

    オチがしまりのない、後味の悪い形です。殺され方も腑に落ちない。ヒロインの不可解な行動が明智探偵の疑心暗鬼を生んでしまうという、かわった演出です。
    ヒロイン役のジュディ・オングは、今も雰囲気が変わっていないような気がしますね。
    でもおススメの女性はやっぱり泉じゅんさんですかね。にっかつでも有名な巨乳とあどけない表情、でも役どころは意地の悪い役というアンマッチぶりが良いですよ。

    参考になった2

  • 日本沈没(2006)

    DVD/CDレンタル

    リメイクの目的は恋愛協力映画?

    前作は為政者・フィクサーが日本人を救うために奔走する姿を描いたものでした。リメイク版は逆に一般人の目線から描いたようですが、ちょっとピンボケかな?原作から懸け離れた終わりになってしまった。
    特に終盤なぜかアニメ映画と同じ爆弾が出てくるという不可解な設定と命を懸けて日本を救うというお涙頂戴演出はなんなの?ちょっとハッピーエンドになったのは原作に対する冒涜では???

    参考になった1

  • 日本沈没

    DVD/CDレンタル

    当時の迫力ある映像に見入りました

    話題になっていますが、リメイク版と比較してはっきり言えるのは作り手が意味を持って作成していると思う。東京大震災でまさに追い詰められた人々の姿は真に迫力が違う。というよりリメイク版ではここまで逆に描いていないのは時代背景もあるのでしょうか?
    それと竹内教授によるプレートテクニクスの説明は娯楽映画とは思えない丁寧さ。原作通り日本は崩壊しますが、これが本当に続編が作られることが前提だったのでしょう。

    参考になった1

  • 天知茂氏に合掌

    他にないラストシーンは急逝された氏を連想させ不思議な感じがます。珍しく女性にも積極的な明智探偵は趣が変わります。
    しかし藤吉久美子さんは恋人というよりは娘に近い雰囲気ですね。五十嵐めぐみさんとはかなり違うのに、わざわざ設定をもどしたのでしょうか?
    岡江久美子さんは美女に相応しい井出達で最後まで崩さず、美しさを保った印象的なシーンが続きます。破廉恥な過去を探るシーンも欲しかった。

    参考になった1

  • ストーリーは二番煎じがほとんどですが、

    萩尾みどりさんは意外に地味であり、早乙女愛さんも意外にパッとしないのが残念。そのせいか盛り上がりに欠けた。唯一の救いは志麻いずみさんの美しい裸体だけか(笑)。何度も出るので返って印象深い。
    一方ラストではおなじみの明智探偵の意外な変装術がみれますが、今回はちょっと捻っています。

    参考になった0

  • 鏡地獄というより鏡の中の美女といったほうが

    今回金沢碧さんの美しさは、美女シリーズに相応しい。今回美しいドレスを纏うシーンあり、逆に抵抗しつつ裸をさらされるシーンなど見所沢山ありすぎる。
    中島ゆたかさんも元モデルらしいスタイル抜群のドレスは美しい。あっさり殺されたのは残念で、明智探偵を誘惑する場面など、もっと欲しかった。
    香港ロケもすごい。本来もっと話題になったも知れないが原作の知名度の低さが残念ですね。

    参考になった1

  • リニューアルではなく版権切れでしょ。

    ビートルズが版権切れにより、ようやく日の目をみたというべきか?。イメージが変わり過ぎた。
    鹿賀金田一は飄々とした感じが原作に近く好感を持てる。静かに不気味さを演出したことと、対比がすばらしい。磯川警部役の室田氏もハマッてます。
    原作とは改変されたが御寮人役の岩下志麻さんは素晴しい。魔性の執念を演じきった上、問題のシーンも迫力ありすぎです。

    参考になった1

  • 田村高廣氏の名演があっての作品

    美女シリーズといいつつ、男優氏の名演があるといい清涼剤となります。伊吹吾郎氏や今回の田村氏等天知茂氏を圧倒する存在を見せています。
    それにしても魔性の女とはよく言ったものです。宝石に狂い、他が見えなくなってしまうとあっさり男を捨てる。スッキリとしない終わり方が哀愁を感じさせる。

    参考になった2

  • 若き松原千明さんの美しさにホッとします

    ラストの展開は心を打たれますし、この薄幸の彼女が美しいと感じさせられるのは自分だけでしょうか。
    一方、野川さんの濃い演技はさすがにキャリアがなせる業でしょうか。ストーリーはドロドロの遺産相克劇に見えますが、深層は全く別の別のところにあるという演出はさすがですね。

    参考になった1

  • こういう遺産ドロドロ劇は可笑しい位哂えます

    でもこの作品のオチは違うところがミソですし、なぜそれが推理できた明智探偵の推理力はすごい。
    早乙女愛さんはこの時期まさに旬でほんとに美しい。ヌードを期待させましたが、残念ながらこの作品では下着姿でした。朝比奈順子さんも脱ぐことはなかったし、裸の少ない作品です。

    参考になった0

  • 映画化するには原作が重過ぎました

    若き桜田淳子さんが2役を熱演していますが、意外なほど熱演。さらに周りを固める俳優さんの好演でこの長編をまとめ上がっています。また原作を知ってあとにこの映像を見るとこの映画の出来はすごくよく出来ているのに感心させられます。でも2時間で納め切れないところは連続ドラマ向きのお話でしたかね。
    横溝夫婦と大滝秀治氏のおとぼけ役ぶりに笑わせられますが、ジメジメした映画でのホっとさせる演出としましょうか。

    参考になった0

  • 八つ墓村(1977)

    DVD/CDレンタル

    実は興行として最高ヒットしたのですが

    渥美金田一としては石坂金田一と比較されすぎ。ですが、麦藁帽をかぶった辺りに比較されてしまったのでしょうか。
    作品的にも山崎氏の殺人鬼振りがあまりにもインパクトが強すぎ、すごい映像となっていますが、原作と比較して尼子の怨念に拘り過ぎた話になってしまった。それにしても横溝シリーズは一品たりとも原作どおりに映画化されないですね。まぁオリジナルを出す意味でいいのかもしれませんが・・・。

    参考になった2

  • 悪魔の手毬唄

    DVD/CDレンタル

    映画版として秀逸といっていい作品

    岸恵子さんの演技の素晴しさは筆舌に尽くします。それがこの映画を引き立てて秀逸さを引き立てています。特にラストは涙なしでは見られません。原作を改変してしまいましたが、まぁ良しとしましょう。
    若山氏演じる磯川警部も哀愁じみていい味出しています。そういう意味では加藤武氏が演じなくてよかったなぁ。

    参考になった4

  • 獄門島

    DVD/CDレンタル

    見立ての俳句がインパクトにならなくて・・・

    原作とは犯人を変えてしまいましたが、ある意味判り易いストーリーで展開しています。とはいえ見立ての話がキーにならずに弱いなぁ。
    分鬼頭役の大滝氏は渋い演技で、市川シリーズ中でも今回特に目立っています。

    参考になった0

  • 八つ墓村

    DVD/CDレンタル

    渥美金田一とのアンチテーゼか

    こちらは原作に忠実に再現しており、映像もきれいに仕上がっている。
    豊川金田一は安心して見てられる。要は松竹版のインパクトがありすぎたため、評価が低いのでは?
    それにしてもリメイクは難しい。

    参考になった0

  • 犬神家の一族

    DVD/CDレンタル

    古さの中に迫力がある映像

    高峰さんの迫力ある演技はすばらしい。リメイク版の評価がイマイチなのは、この方の演技が基準になってしまうから。
    一方でリメイク版でカットされたシーンも多い。特に神社での逢引シーンは、時代こそあるが原作になぞる意味で必要な話ではないか。

    参考になった1

  • 地道な捜査が名推理をよぶのです

    今回明智探偵は病院送りとなりますが、助手二人の地道な捜査と名推理が解決の糸口を解くというという探偵ドラマの王道作品に仕上がっています。
    今回の不思議は偽明智探偵。もちろん天知茂氏の2役ですが、さすがにちゃんと役を分けてますね。不敵に哂う役者です。

    参考になった1

  • 主演は片桐夕子さんです。

    タイトルが作品のキーワード。さすが元にっかつ女優だけにもう一人(北原理絵さん)とともに脱ぎっぷりは最高。一方蟹江敬三氏は明智探偵事務所を食ってしまう怪演で荒井注氏と盛り上げます。
    最後は明智探偵が締めてくれますが、今回は大円団ではありません。女性心理の難しさ、怨念は恐怖感たっぷりの演出です。あ、岡田奈々さんはどうしたんだ?

    参考になった2

  • 天知茂氏の2役は見物です

    さすがに全く異なる役柄を演じきる名演技ですね。それに犯人役との対決も最高。相手俳優氏のキレた演技で他の作品とは違うストーリ展開です。
    おかげで岡田奈々が隠れたまま。最初と最後で涙の薄倖を演じただけで終わったなぁ。

    参考になった2

  • オチは他作品をパクリました

    が、人間椅子をモチーフにうまい脚本で最後まで見せますね。その意味ではオチは残念ですが(笑)。
    何よりも萬田久子さんは美しい。なによりレオナルド熊氏との絡みでの美しさは格別。短いシーンですが、この作品の一番の見せ場ですね。

    参考になった0

ページのトップへ